スポンサーリンク

グラベルロードに取り付けられるおすすめ防寒ハンドルカバー

厳寒期でも夏手袋で十分な防寒性能のハンドルカバー

冬がやってきました。

走り始めると冷たい風がバンバンと当たり指先は冷え冷え。愛用している防寒テムレスも0℃近くになるとちょっと指先がつらくなってきます。

SNSでいろんな方をフォローしているんですが、去年の冬に「これは温かい」とおすすめしてもらったのがドロップハンドルにも取り付けられるハンドルカバー。

冬の終わりかけに購入したので使った期間はそれほど長くなかったのですが、今年も使おうと倉庫から引っ張り出してきて早速自転車通勤で使ってみました。

夕方の帰り道に撮影したのでちょっと見にくいですがこんな感じ。

下ハンを握るあたりが絞ってありバンドで止めてあります。ブラケット横あたりにも固定できるようになっているので2点固定、かなりしっかり取り付けが可能です。

手を入れると風は完全に遮断されるのでかなり温かいです。

ハンドルの冷たいのに慣れた頃、走り始めて手も逆に暖かくなってくるくらい。滑り止めのために夏用の手袋をつけていますが、汗をかいてくるくらいです。

少しわかりにくいですがロゴやアーチ部分に反射素材を使っているので夜の走行も安心。

いろんなメーカーが出していて3000円ほどで買えるのですが、あるとないでは大違い。確かに見た目にはちょっとなぁという感じですが「寒さにはかえられない」のです。

ただ、手を頻繁に出し入れするのはちょっと面倒なので、グループライドでハンドサイン多用というのはちょっとやりにくいかもしれません。

素材はダイビングなどにも使われる発泡ネオプレンです。水は浸透するので雨の日は濡れるのを覚悟で防水手袋などを使うのが良いと思います。

どうしようかなーと悩んでる方は是非。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました