読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

業務スーパーだけでも揃うたこ焼き!いろいろ入れるのが楽しい!

タコ+たこ焼きソース以外もいろいろためしてみて!

部活などでなかなか一斉に晩ごはんが食べられる事が減ったサキ家ですが、今日の夜は4人そろって「いただきます!」ができそうなスケジュール。「何が食べたい」と妻に聞かれたので「たこ焼きでも焼こっか」ということに。

「たこ焼き粉」もないし業務スーパーに行かなきゃといいつつ、業務スーパーだけでほとんどの食材が揃ってしまう気もする。タコだけは途中に立ち寄ったスーパーで先に買ってしまったんですけど、業務スーパーにもタコが売ってたりしますからね。

ウチのたこ焼きの具はタコだけではありません。また、たこ焼きソースだけでもありません。いろんなものを入れていろんな味付けで食べるのが楽しいのです。

たこ焼きの材料編

たこ焼き粉は業務スーパーに売ってるたこ焼き粉を使います。水で溶くんですけど、だしの素を一袋入れておくと味に深みが出ますよ。一度お試しを。あとはかつお節を入れたりエビ粉などを入れても美味しい。以降説明は「たこ焼き粉とだし」と呼びます。

一緒に入れる野菜としてはネギ100%のときもあるし、キャベツを細かく切って入れるときも。キャベツの硬いところが入ってても歯ごたえがあって楽しい。これは「野菜」と呼びますね。

タコなどの「具」は入れますが、他にもいろいろ。今日は焼豚とチーズを入れてみました。ベーコンを入れたりちくわを入れたり「ちょっと歯ごたえがあるもの」を入れると楽しい。水気が出るものや完全に溶けてしまうようなものはせっかく入れても味が粉に混ざってしまうのでちょっと残念なことになってしまうかも。でもお餅はおいしかった!すこし温めて柔らかくして入れるか、お鍋に入れるような薄くスライスされたものを入れてみて下さい。

焼くときはたこ焼き器の凹みに80%くらいたこ焼き粉とだしを流し込み、手でを放り込みます。その後に一面にネギなどの野菜をプレート前面にガサガサと落とし入れ、お玉でそれぞれの穴にかき集めて入れます。で、フタをするようにもう一度たこやき粉とだしを。あとは適当に固まって来たらひっくり返して焼ければ出来上がり。

最近のたこ焼き器って鉄板の表面がテフロンコーティングされてたりするのでひっくり返しやすくて便利。以前うちも使ってた昔ながらの鉄製のたこ焼きプレートは最初に全力で高温に焼いておかないとこびりついてたこ焼きどころの騒ぎじゃなくなっちゃうんですよね。一度煙がボーボーでるほど焼いてから油を塗り、もう一度煙がでるくらいまで焼くとこびりつきにくい鉄板になりますよ。

味付け編

もちろんノーマルの食べ方は「たこ焼きソース」です。ちょっと違う味を試したかったらお好み焼きソースの「どろソース」など辛いものをつけても美味しいです。

それ以外にもウチの場合は「塩」を使った「塩たこ焼き」とかも。業務スーパーで「ミル付きヒマラヤピンクソルト」っていうのが売ってるんですけど、名前の通り「ガリガリ」して砕きながら塩を振ることが出来るんですよ。値段もかなり安いし。150円くらいだったような気がします。

ソースに飽きたらこんなあっさりめを楽しむこともあるし、季節的に暖かいものを食べたい時は麺つゆなどをお湯でほどほどに伸ばした「出汁」に入れて「出汁たこ焼き」にして食べるのも美味しい。

食事中にスマホは絶対に触らないことにしてるので写真はありませんが(笑)イメージいてお楽しみくださいませ。

f:id:masaki709:20170429214142p:plain

そうそう、たこ焼き始める前の画像をTwitterに載せたらたぐっちゃんがこんなことを。

 ちくわがなくてもタコが入ってたらたこ焼きだとは思うし、もしかしてちくわだけでたこ焼きを作ろうとするとどっちかというと「ちくわ焼き」になるし。でもちくわ焼きも引っくり返して「焼きちくわ」にしてしまうとどんな料理かすらもわからなくなりますね(なんの話だ)

ウチもちくわ入れたりしますよ。いろいろ入れるのが楽しいのです。

雨の日の自転車通勤で「これは便利」と思ったグッズ3つ

雨の日に自転車通勤しなくてはいけないなら是非オススメ

f:id:masaki709:20170429114909j:plain

住んでいる所が田舎、さらに会社はもっと田舎なので交通手段というものがありません。いや実はあるんですが、2時間に1本あるかないかのバスでは帰る時間がバラバラのウチの仕事にはまったく使えません。

車はありますが妻が使うので僕は自転車通勤。雪の日はさすがに送ってもらえるので自転車には乗りませんけど。(でも自転車を車に積みこんで帰り道は自転車で帰ります)春夏秋冬オールシーズン、晴れた日も雨の日も風の強い日も関係なく自転車に乗るのです。

毎日が「いい天気で風が弱く、気温20℃くらい」ならとてもいいんですが、日本というのは平均すると3日に1日くらいは雨が降るようになっています。滋賀県の大津市の平均気温を12ヶ月ならしてみると14.9℃になるのですが、そりゃ冬は寒いし夏は暑い。暑さや寒さは衣服でどうにでもなるんですが(寒いけど)困るのはやっぱり雨。

雨の日自転車通勤でいろいろやってみたこと

当然ながら傘を差しながら運転する、というのはありません。いろんなものを組み合わせることで雨の日の自転車通勤をすこしでも心地よいものにしようと頑張ってきました。これらはほんの一部です。

  • 合羽を着た上にメッセンジャーバッグを背負い、その上にポンチョを着る
    メッセンジャーバッグは濡れないがダボダボのポンチョが風に煽られて運転がしにくい上に裾がヒラヒラしてチェーンに噛み込みそうで怖い。
  • 薄っぺらい長靴を持ち歩く
    薄かろうが軽かろうが邪魔。
  • 手袋を雨のたびに洗うのが面倒なので水仕事用手袋を使ってみる
    濡れたまま放置すると汗などでカビが生えやすい。結局洗わないといけないのでこれまで通り自転車用手袋に戻した
  • 靴の上にスーパーのレジ袋をかぶせる
    雨に濡れることはないがきちんと縛れないのでだれてくる。チェーンに絡まったりするし見た目がやっぱりかっこ悪い(特にマンション住まいなので)

そんなジテツー歴5年で編み出したグッズがこちら。

シャワーキャップ(100均)

通勤にはヘルメットをかぶっているのですが、通気性などを考慮した結果大きな通気口が開いているんです。今使ってるのはこれ、OGK KABUTO のREGAS-2。



自転車通勤するならヘルメットは是非かぶりましょう。そりゃ確かに「キノコ」みたいだしかっこ悪いと最初は思うかもしれませんが、かぶってしまえば自分からは見えません(笑)最近はかぶっている人も増えたので気にする人もほんといなくなりました。

開いている穴から空気は入るので風通しはいいですが雨の日には雨水が入ってきます。中にメッシュがついているので虫とかが入ってきたりはしないんですけどね。雨の日にはこれにシャワーキャップをかぶせます。ゴムがついているのでキュッと締められるし、ヘルメットにほんとぴったりなサイズな上、なんといっても安い(今使ってるのは5枚で100円)。一度の雨で破れるわけがなく、ゴムが伸びるかシャワーキャップが破れるまで使える一品。

家に帰ればシャワーキャップは物干しに吊るしておけば翌日朝には乾いてますAmazonで100枚入って数百円とかでも売ってますね。

シューズカバー

スーパーのビニール袋とは違い、きちんと靴の形にあっているので歩きやすく脱ぎにくいのです。

 

こんなふうに靴の形になっていて靴を履いてからそのまんま「履く」感じです。上の方にミシン目が入っていて、ちぎることで紐状になりずり落ちないように縛ることが出来ます。これの上に雨合羽のズボンをかぶせると靴、まったく濡れないんですよ(足の湿気がこもることはあります)

注意しなくてはいけないのはこれを履くと滑りやすくなること。つるつるのタイルなどの上を歩くことがわかっているなら事前にわざと地面と強めにこすり合わせることで底面の一部を破ってしまうのをおすすめします。靴の底部は破れていても機能的に影響がありませんし、滑って転んでケガをしていたら本末転倒なので。

ORTLIEBのあれこれ

3つじゃないじゃないかというツッコミはあえて無視するやつ。

ドイツのメーカーのORTLIEB(オルトリーブ)はオリジナルの素材「ファブリック」と完全防水のための特殊技術「3D溶接」に優れたバッグメーカー。軽量で強く飾らないデザインが僕の好み。

いま使っているのはサドルバッグのLサイズとVELOCITY。

 

 

サドルバッグのLサイズ、容量は2.7リットルとありますが、思ってる以上のものが入ります。来年暖かくなったら隣の隣の県くらいまで遠出してみようと思ってるのであえて大きめのサイズを買いました。普段は合羽を入れたりウインドブレーカーや細々したものを入れていますが十分余裕があります。補修ツールなどもこっちに入れてもいいんですが、揺れる分バランスはやっぱりあんまり良くないのでツールボトルに入れています。

背負うバッグ類を大きくするとどうしても自転車を運転する時にバランスがわるくなりますから、こうして自転車にくっつけてしまう方が運転するときは間違いなく楽になりますね。

さらに完全防水だし「絶対に濡らしたくないもの」を入れるのにもかなりオススメ。樹脂製のフレームが入っているので垂れ下がることもなくカチッとしています。

VELOCITYも購入してから1ヶ月、本当に買ってよかったと思います。なんといっても完全防水のリュック、中身の詰め方にもよりますが自転車を運転しているときのバランスがやっぱりいい。背負ったあとのチェストストラップとウエストベルトも体に密着させてくれるのでダンシングした時も体にぴったりくっついてくれるんです。

何度も雨に濡らしましたが当然中身は濡れていません。外側についた雨水を雑巾で簡単に拭いてやればOK、ベルト類は若干クッション材が付いている分水気を吸いますが、すぐに乾きます。

TIMBUK2のメッセンジャーバッグのMサイズをこれまで使っていましたが、VELOCITYを買ってからコレばっかりになりましたね。バランスがやっぱりいいので。あっちはカメラ用にカバンにしてしまおうかな、とか思ったり。

自転車のグッズあれこれはこっちの記事に適当にまとめてあります。

 

www.nubatamanon.com

 

ブログのアクセスアップや記事の書き方を教えてほしい、とのお願いに応えてみることにしました

絶対に役に立たないやつだ

f:id:masaki709:20170426214614j:plain

とある過去記事にコメントをいただきました。うれしいですねコメントって。

新参者で恐れ多いですかアクセスアップの方法や記事の書き方など是非アドバイスいただきたいです

とのことだったので、せっかくならなにか思うところを書いてみましょうかね、ということで。

パパむすブログさん

コメントを頂いたのは「パパむすブログ」というブログを運営されているパパむすさん。

papamusu.hatenablog.com

ブログをまず拝見しました。思うところを書いてみますね。

育児の話や雑記などで記事を「ただ書きたい」だけなら今のままで十分だと思います。文章は読みやすいし改行もきちんとされてるし誤字脱字もありません。

アクセスアップさせたい、記事のアドバイスを欲しいというならその目的はどこにあるのでしょう。今のままで記事を書き続けてもアクセスは増えると思いますし、育児や英語などについて記事を広げていくことで文章も洗練されていきますしひと記事あたりの文字数も自然とアップすると思うんです。

ただそこに収益を考えるのであれば「はてなPro」「独自ドメイン」は必須ですので、記事数を増やす前にそちらが先でしょうね。SEOを考えるのであればGoogle AnalyticsやSearchConsoleの導入も必要でしょうし、「ただ書きたいから書く」だけでは残念ながら求めることが出来ない部分がでてきます。

僕もブログを書き始めた時ってそんなに難しいことは考えていませんでしたし、実際にアクセスアップとか収益を考えるようになったのはブログ記事をそこそこ書いてからのことでした。焦る必要は全然ありませんし好きなことを書いていけばいいんじゃないかと思います。アクセスアップの秘訣は好きなように書く、これしかありません(笑)

papamusu.hatenablog.com

というか逆に答えが出てるならアドバイス思いつかないんですw

終了!

できれば記事はもう少し具体的に丁寧に。ある程度の文字数がなければ検索流入する原資がありませんので。

もちろん、短いワードでギュッとつかみたいときもあるかもしれませんが、ブクマで一瞬的にアクセスを稼いでもそれっきりになりますから。単発で客を呼び込むタイプのブログは続けるのがメチャクチャしんどいです。

育児などで時間が取れないこともわかりますので、ひと記事書くのに数日かかっても全然かまわないと思いますし、もう少し具体的に書き進めるといいかと思います。

「こうだ!」という記事があるとします。

「(こういう経緯があったから)こうだ!」とすることもできますし、「(こういう経緯があったから)こうだ!(でもそれってひょっとして・・・)」と書き進めることも出来ますよね。

パパむすさんのブログって「パパむすさん独特の雰囲気」がまだ見えないので。悪く言えば「誰にでも書ける」範囲内です。そこから飛び出すにはもう少し文字数が欲しいかな。

ウチのブログを見に来る常連ブロガーさんって本当に個性がキツすぎて逆に「愛」を感じます。そのくらい個性を出したほうが「読んで面白い、書いて面白い」と思いますよ。

現場からは以上です!

 

いつまでも「スカートめくり」しないと人の関心が引けないのは困る

関心を引くのは自分のPRでこそ

f:id:masaki709:20170425204619j:plain

先に申し上げておきますが、僕は女子のスカートめくりなんてやったことがありません。やっていたのはYくんとかFちゃんです。

でも彼らもスカートめくりをする目的っていうのは「スカートをめくりたい」とか「スカートの中を覗いてみたい」というオッサンのような感情ではなくて、ただ純粋に「そのスカートをはいている女の子の関心を引きたい」からだったと思うんですよね。

たしかにえりかちゃんは可愛かったしともこちゃんも可愛かった。ああ、僕の初恋はえりかちゃんだったんだよ(むしろどうでも良い)もしかしてこの記事見てくれるかな-

引っ越しちゃったけどえりかちゃんが好きだったんだよ!という話はどうでも良くて。

関心の引き方の話

ちょっと誰かに注目されたくてやってしまう行動って大きく二種類ありますよね。1つはスカートめくりのような直接働きかける行動を起こすことで相手の気持ちをこっちに向ける方法。

スカートめくりをした場合、された女の子は何らかの感情をめくった側の男の子に持つわけで、怒りであろうが恥ずかしさであろうとめくった側はあまり関係がないのかもしれない。ただ「女の子の関心が得たい」というものが根本にあるのだとしたら。

でもこれは幼稚園から小学校に行くまでくらいの年頃の男の子と女の子の間に起こることが多いだろうし、小学校の高学年でスカートめくりをしているのを僕は見たことがない。「スカートめくりをしたら嫌われるし気持ち悪がられるのでやらないほうがいい」と男子的には思うだろうから。それがコミュニケーションの障害になることを理解していく過程だと思うし、それがなんのメリットも生まないことを理解することだから。

そのかわり、関心を引くための方法というのは直接影響を与えるスカートめくりのような作戦ではなく、「自らを何らかの形で高める」ことで関心をひきよせる方法に変わっていくということだと思うんですよ。

スカートをめくらなくても関心を引くことが出来る

好きな女の子に振り向いて欲しければ、「こっちを見ろ!」と命令したり無理やり引っ張ってくるよりも「自分を高めることでこっちを向いてもらえる」という方法があることに気が付くと思うんですよ。

体育が得意なら体育でがんばる、休み時間のサッカーしかり得意授業しかり。人によっては児童会長に立候補する子もいただろうし、がむしゃらに勉強する子もいたでしょう。

「あの人賢い」とか「スポーツ万能だよね」とか「○○に詳しい」とか「すごいオシャレ」とかの「自分をキラッ」とさせることが関心を引くことが出来ると思えるようになるのが高学年くらいからなのかな、と思うわけです。

中学生になっても高校生になっても同じじゃないですか。相手の嫌がることをしてまでも自分の方を見てもらいたい、とかいうのはストーカーと呼ばれたり、「しつこい」とか「なんか気持ち悪い」と思われるのが関の山。

モテたいからオシャレの本を読みあさったり、前髪を妙に伸ばしてみたり、英会話にかよってみたり全身adidasにしてみたりするのが大人の階段、ってものなのかなと。そう、いつまでもスカートめくりをするような行動をしなくても人間というのは自分というものをPR出来るようになっていると思うんです、普通は。

でも出来ない人をネットではたまに見かける

リアルな世界では出来ないこともネットの世界では出来てしまう、と勘違いしている人っていますよね。リアルな世界でだめな人はまぁネットの世界でもだいたいダメなんですけど。

Twitterやはてなブックマークで罵詈雑言ばっかり言ってる人がいたりするんですが、それって本当は悪口とかをいいたいんじゃなくて、ただ「罵詈雑言って人の関心を引きやすい」から調子に乗ってワーワー言ってるだけなんですよね、と思うやつです。

知ってるんですよ、そういう人に限ってリアルでは大人しくて人にはっきり物事を言えなくって我慢してる人だってこと。ネットの世界だからつい顔も見えないし自分の存在がふんわりしてて匿名だから「ヤクザ映画を見た後のおっさん」のようについ自分を大きく見せたくなっちゃうんですよね。

罵詈雑言という「スカートめくり」をしなくても、きちんとしたコメントや行動で人の気持は動かすことが出来ると思うし、双方のコミュニケーション次第でネットの世界もリアルの世界も人と人はきちんと繋がることが出来ると思うんです。

はてなブックマークで「ブクマは欲しいけどネガコメつけられるのが嫌」という方が多いんですが、ネガコメばっかりつけてる人っていうのはただの「スカートめくり」してるだけの人ですからね、あんまり気にしなくていいんですよ。

本当に何かを伝えたい人というのは冷静に知的にコメントを投げてきますから。スカートめくりのように攻撃的なコメントで相手の気を引くような人はあんまり相手にしちゃダメだと思いますよ。時間がちょっともったいない。

とはいえムカつく

とはいえSNSでネガコメなどをぶつけられるのは嫌、腹立たしい、ムカつく、という気持ちになるのもわかります。僕もイライラする時はイライラしますから。でもこれまで関わりのなかった人がたまたまぶつけてくるネガコメというのは本当にたまたま犬の糞を踏んだ、くらいのものなのでやりすごしてやりましょう(いやそれもできないやつ)

あれですよ、露出狂が一番嫌がるのは「チラッと見て何事もなかったかのように平然と見過ごすこと」だといいますが、それに近いと思います。無視するのが一番。

一番ダメなのは「ネガコメに反論したり怒りを投げ返す」ってやつ。これはスカートめくりに対してスカートを自らめくるようなものですからね、ご注意。

で、なんの話でしたっけ。

そうそう、関心を引きたかったらもっと自分を高めて「自分をPRしなさいよ」ってことでした。ネット社会で欲しい情報は手に入りやすくなったわけですし、今も昔も努力は人を裏切らないのです。もっともっと頑張って、自分。

 

滋賀県野洲市の「菓志工房うすなが」のシュークリームを食しました

皮薄め、クリーム多めの大ボリュームのシュークリーム

日曜日に運動をするようになったらとたんにカラダが引き締まってきました。体重自体はちょっとしか減っていませんがお尻や腰回りを中心にキュッとなってきたような(気がするやつ)、です。

たまには甘いものでも食べたいなぁと思っていたら妻がケーキを買ってきてくれました。基本的に「シンプルなケーキ」しか食べないので、僕の分はシュークリームとオーソドックスないちごの載ったショートケーキ。

2ついっぺんに食べるのは年齢的にアレなので、今日はとりあえずシュークリームを食べましょうということで。

薄い生地がぱっくり開いた中に生クリームがこれでもかと突っ込まれていました。これ、生クリームが甘かったら途中で気持ち悪くなるぞと(何を失礼なw)

大口を開けても入りきるサイズではなかったので、上の蓋をメリッと剥がしてクリームをすくいながら食べる作戦でいきます。・・・生クリームあまっ!!!

重い重い生クリーム、だけじゃなかった!

最近は甘さ控えめのクリームでボリューム多めというのが多い気がするんですが、こちらはどっこい、昭和風味というかクリームが重い。ササッとすくえないクリーム。

ふたすくいほどしたところで気が付きましたが、この生クリームの下にはこってりとしたカスタードクリームがでん!と鎮座しておられてこれまたこってりとしたお味。

普段ならコーヒーに少し砂糖をいれたりするんですが、なんとなく嫌な予感がしたので完全ブラックのコーヒーにしておいて良かったと思いましたw

えっ、中の画像?ないよぐちゃぐちゃになるから。

別角度も撮ってみたけどこっちから見るとなんか貧相やね。食べ物の写真ってなかなか難しい。「おいしそう!」って思ってもらえる写真はなかなか撮れないものですね。

明日の夜はイチゴショートですが、こっちは覚えてたら撮ってみましょう。

菓志工房うすながさんは・・・

菓子を「菓志」とか書いちゃうセンスについては一言苦言を申し上げたいところではあるんですが。「志事は気愛で顔晴る」とか嫌いなのよわかる?愛羅武勇。

滋賀県野洲市にあるケーキ屋さん。ふわふわのスポンジに生クリームとカスタードクリームをニュルンと入れたロールケーキ「あやめロール」が一番有名かなぁ。

滋賀県の西側に住んでる方は堅田のイズミヤ内のショップ、東側に住んでる方は野洲の本店に行くといいかもしれません。

www.usunaga.jp

地図はこちら。野洲市にある「イオンビッグエクストラ」を目印に走ってきてもらって、イオンの東側の信号の角にあるお店です。

Google マップ

まぁお近くに来た時はぜひお立ち寄りくださいな。