「歴史」 一覧

故事「酒池肉林」の意味。お酒とお肉、女性との関係を逸話から解説してみる

酒池肉林の語源は史記の逸話から。 日本人はお酒が大好き。お花見だビヤホールに行かないと夏が始まらないだの忘年会だ新年会だ、送別会に歓迎会、年末年始に期末決算打ち上げだといろんな口実をつけてお酒を楽しむ ...

大阪城の歴史を10分ほどで解説します。今のお城は三代目、昭和の建物です

今の大阪城は三代目、昭和の城 戦国時代をテーマにコマーシャルをバンバンやって賑やかだなぁと思いつつ、ちょっと歴史好きな私には「それもちょっと違うんじゃないのかな」という天邪鬼ぶりを発揮してしまったのが ...

no image

水戸黄門は諸国漫遊してないけど「風車の弥七」は実在した?

2016/05/15   -リアルライフ, 歴史

風車の弥七は実在した? 土曜日の昼下がり。会社の事務所で談笑中のできごと。 事務員の女子が「うちの母が歴女で」という話から始まり清水次郎長の話になったわけです。「清水次郎長は幕末の頃に実在して明治維新 ...

「江戸時代は士農工商という身分序列があって」実はなかった

2016/05/03   -リアルライフ, 歴史

士農工商はただの身分分類だった 昭和の時代。僕が神童とよばれ学問にいそしんでいた頃、日本史の授業ではこんなふうに教わっていました。 「江戸時代には士農工商という身分制度があり、武士が一番上、年貢を納め ...

no image

近江商人とは?日本経済でキラリと光る商売の教え

近江を制するものは天下を制する 僕が住んでいるのは滋賀県です。 面積のほとんどを琵琶湖に奪われているので、移動というのはほとんどが船です。風が強くて波が荒れている日は学校が休みになるし、夜になると真っ ...

no image

源氏物語の冒頭文を読むと思い出すこと

2016/02/18   -リアルライフ, , 歴史

古典、おぼえていますか? 高校の時の古典の時間、先生にやたらと冒頭文を記憶させられました。 暗唱できるようになるまで椅子に座れず、古典の時間にひたすら立たされるというスパルタ。今だったら虐待とかいわれ ...

no image

除夜の鐘が108回である理由。やはり煩悩が関係していた!

今日は大晦日。 大晦日です。大掃除は昨日終わっちゃったし、朝からゴロゴロだらだらしてます。お昼ごはんを食べ終わったら15時まで昼寝をして、コーヒーを飲んでからパーティーパックのポテトチップを食べました ...

no image

年末によく見る小冊子「高島易断」の歴史といろいろ

今日、新聞屋さんがドアノブにカレンダーとお正月用のお箸などの年末グッズを届けておいてくれました。ああいよいよ年末だなあ。 その中に一冊の白い小さな本が入ってます。「高島易断」これ昔からあるよなあ~一白 ...

no image

日本史を味わうのにおすすめしたいサイトを二つ紹介する

日本史がちょっと好きになって欲しい 好きだった教科は現代文と日本史、嫌いだったのは数学と物理と英語。現代文と日本史だけだったらもっといい大学に行けたんだが、などと思う私。歴史小説を読んだりテレビ番組で ...

もし司馬遼太郎がドラクエをつくったら

2015/10/18   -リアルライフ, , 歴史

司馬遼太郎がもしドラクエを作ったらどんな戦闘シーンが文章化されるのかを考えた記事。文体模写というジャンルの中に遊び要素を加えてみたもの。

Copyright© あれこれやそれこれ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.