3年間乗ったロードバイクを買取サイトで査定、買い取ってもらった話

3年間乗ったロードバイクを買取サイトで査定、買い取ってもらった話のアイキャッチ画像

絶賛開催中~♪

Amazonの「サイバーマンデーセール」

楽天の「楽天スーパーセール」

楽天スーパーセールで速いもの勝ちクーポン!楽天トラベル

結局目の前で査定、現金化してもらうのが一番安心だった

3年間GIANTのロードバイクに乗っていたのですが、最近キャンプを楽しむようになり自転車に乗って行くことも多くなったことからキャンプにも使いやすい自転車に買い換えることにしました。

[st-itemlink post_id=9799 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”] [st-itemlink post_id=9801 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”] [st-itemlink post_id=9806 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

すでに購入してMARINのDONKY SEという自転車(マウンテンバイク)に乗っているのですが、自転車の2台所有はできないため(ベランダにも1台分のスペースしかない)ロードバイクを手放すことにしました。

メンテナンスなどが確実にできるのであれば直接誰かに販売することもできるのですが、安全性を考えると自転車専門店に引き取ってもらい中古車として販売してもらうほうが安全だと思ったため知人などへの譲渡はしませんでした。

この記事はロードバイクを下取りに出すにあたって調べたことや実際に査定を依頼した事、下取りに出す前の手続きなどについてまとめていきます。

ロードバイクの買取サービスはたくさん存在している

まずロードバイクを下取りに出そうとしたときに考えたのはネットによる下取り。

検索してみるとたくさんのサイトが「ロードバイク高額下取り、まずは簡単査定から」などと出てきます。検索して上位に出てくるのは結構有名なサイトで「全国どこでも引き取りOK」や「首都圏なら即日引き取りに伺います」「部品だけでもOK」などと謳い文句はさまざま。

せっかくなら少しでも高い金額を付けてもらえると嬉しいなと思い、それらのサイトのうちいくつかにオンライン査定をお願いしてみました。

ロードバイク買取サイトAでの査定

まず1つめ。検索してパッと見つけたサイトに査定をお願いしてみました。

条件を結構細かく記入を求められたサイトAさん。14万円が3年間で3万円くらいになるのかあという感想。1件目なので高いのか安いのかがよくわかりません。

【 ご依頼頂きましたお品の買取価格 】
査定金額の有効期限 2019年9月30日 の発送分まで

【商品1】
GIANT CONTEND SL1 2016
屋外保管
買取価格:¥32,000 ~ ¥35,000

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
合計査定金額 ¥32,000 ~ ¥35,000
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

買取価格はあくまで概算であって、実車に傷があったり凹みなどがあれば減額されていきます。私の場合は屋外保管(ベランダ)で雨の日にも乗りますし重い荷物を載せてガンガン走ったので、実車を見ると減額がきっと多いんだろうなと思っていました。最初の査定額でこれだったら減額されると2万円台もありえるな、という感想です。

ロードバイク買取サイトBでの査定

次も無作為に選んで問い合わせたサイトBさんです。

この度は事前査定のお申し込みをしていただき、誠にありがとうございます。
査定を担当させていただきました、●●と申します。

お申し込みいただいた商品の事前査定が完了いたしましたのでご報告いたします。

========================

事前査定額 合計 : 【20,000円~35,000円】

========================

【1. GIANT CONTEND 2018年モデル(初代) SL1】
事前査定額: 20,000~35,000円

東証マザーズにも上場しているBさん。この会社は自転車だけではなくカメラやスマホ、パソコンなどさまざまなものを買い取るサイトで、その中にロードバイクの買取も含んでいたもの。専門サイトではないためか査定の金額にばらつきがありすぎて「もし2万円から実車の減額があれば1万円とか?」と思ってしまいました。

道路を走っていると見かける●●●オフのような買取店に不要なものを持っていくことがありますが、ほぼ新品であっても買った値段の1割くらいの値段でしか買取してもらえません。ロードバイクを査定する目利きがあるわけではないので低い査定額になるのがわかっているので今回は持ち込みませんでした。

ロードバイク買取サイトCでの査定

次は全国展開している自転車買取専門のサイトCさん。

この度はお問い合わせいただきありがとうございます!
楽々査定にお申し込み頂きました自転車の査定結果は以下の通りになります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
メーカー:GIANT
車種・型:CONTEND SL1
年式:2017
状態:
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

査定額:41,000円 (キズ・サビの状態により変動致します)

東京の会社なのに「無料出張買い取り」もしてもらえるとの事、さらに査定価格は一番高く幅がなく41,000円、とのこと。

査定価格も高いしお願いしようとも思ったのですが、もし無料出張買い取りでわざわざ来てもらって「最初の見積もりは41000円ですが、こことこことここが減額で2万円です」と言われたときに断りにくい。かと言ってこちらから送る手間もめんどくさいし送っている途中で配送事故などがあっても困る、ということでちょっと悩んでしまいました。

ロードバイクの買取で障害になるあれこれ

実際このロードバイクを買う前に原付バイクを処分したのですが、それが出張買い取りでした。「原付バイクでも高額買取!」ということで来てもらったのですが、あれやこれやマイナス点を言われて「2000円なら今すぐ引き取りますが」と言われてもういろいろと面倒くさくなり手放した経緯があります(友達にはなんで2000円なん!俺が1万円ででも買ったのにと言われましたが)。

もちろんすっぱり断ればいいだけですし、送る手続きなどをしっかりやればいいのですがあまり手間を掛けるのもちょっと考えてしまうところ。

こうやってロードバイクの買取をお願いしようとするといろいろ考えたことがあります。

[st-midasibox title=”ロードバイクの買取で考えたこと” fontawesome=”fa-exclamation-circle faa-flash animated” bordercolor=”#f44336″ color=”” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 買取サイトによって価格のばらつきはあまり大きくない
  • 全国展開しているサイトなどもありシステムも確立されている
  • 出張買取などもあるが実際使おうと思うと安値で叩かれても断りにくい
  • できれば自分で持ち込んで目の前で査定してもらいそのまま納得して買い取ってもらいたい
[/st-midasibox]

そうやって考えていた時、「京都なら直接持っていくことができるしお店も多そうなので京都のショップを探してみよう」と思い立ちました。

検索しても上位には出てこないので京都のお店を直接探すようなことになるのですが1件見つけました。京都にある自転車ショップのエイリンさんです。

サイクルショップエイリンさんでの査定

エイリンさんは京都市内でいくつか店舗を運営している自転車屋さん。1軒はそれほど大きくないのですが量販店にはない「ちょっとマニアック」な自転車なども置いているお店です。

そのエイリンさんが自転車買取をしているのを見つけたので連絡してみました。

●ジャイアント_CONTEND SL 1(2016)

【仮査定額】●●●●●円(最大)

※上記価格は、あくまで頂いた情報を基にした仮査定価格です。

その為、状態によっては価格が変動(減額)する場合もございます。

予めご了承くださいませ。

実際の価格はお店の名前を出している都合で伏せますが、これなら悪くないなという金額でした。

京都なら自宅から乗っていけばいいだけですし、実車を見てもらって減額が大きければ「やっぱり辞めます」といって乗って帰ればいいだけの話。京都に自転車でぶらり旅したらいいだけだという軽い気分になれました。

休日にお店に持ち込みます、ということで連絡をしてみると「どの店舗に持ち込んでもらっても構わない、金額の書いたメールを店員に見せてもらえれば対応します」とのお返事。滋賀県側から行くので東の方にある店舗で選べばいいと思い了承しました。

そして少し日にちがたった9月某日、天気が悪く雨だったため家の車にロードバイクを積み込んでお店に持ち込むことにしました。(実は忙しくてその日しか持ち込む日がなかったのです)

ところがその前に、自転車を下取りに出すときや譲渡するときに必ずしなくてはいけないことがあります。それは防犯登録の抹消です。

自転車の防犯登録は抹消してから譲渡しなくてはいけない

私もすっかり忘れていたのですが、自転車の防犯登録は抹消してから譲渡、下取りにださなくてはいけません。

自転車を購入したときに必ず防犯登録をするのですが、その時の黄色い紙(控え)か防犯登録カードなどの手続書類、実車、身分証明書が必要になります。

ネットで検索したところ「各地の警察署か自転車を購入した店舗で抹消することができる」とあったので近所の警察署に行ったところ「ここではできません」とのお返事。理由を聞いてみたかったのですがちょっとめんどくさそうな対応をされたので購入したお店で抹消してもらうことにしました。

購入したジャイアントストアに伺い「実は自転車を譲渡することにしたので防犯登録を抹消したい」と伝えたところ書類を作成し手続きをしてくれました。

GIANTの自転車を3年乗りましたがいつメンテナンスに行っても丁寧に応対しプロの目、プロの技術で私の自転車を大事に扱ってくれました。

ジャイアントストアびわ湖守山 の皆さん本当にお世話になりました。またいつか機会がありましたらどうぞ宜しくおねがいします!

サイクルショップエイリンさんに持ち込んで下取りをしてもらった

さて、防犯登録の抹消をしてもらってそのまま京都に行き、車が停めやすそうなお店で声を掛けました。

「下取りをお願いしていました●●です。こちらのお店で査定をお願いできますか?」と。出てきたのは気さくな店員さん。

固定台に止めてブレーキやギヤチェンジなどをテキパキと確認、自転車全体の傷なども確認していきます。

「アルテグラのペダルが着いていますがこれも下取りに出していただけますか?」といわれ「実はマウテンバイクに乗り換えたので不要なので下取りしてもらえるならお願いします」と伝えたところ「これなら下取りできるので金額がプラスできますよ」とのこと。

自転車につけていたキャリアは下取りできないと先に言われていたのと、シューズは下取りできないと言われていたので部品によっては買取してもらえるようです。

実際査定してもらった結果は「タイヤがロードバイク用ではない(SCHWALBEのマラソン)ことや全体的な傷などがあるので当初の提示価格より減額したいのですが、ペダルの下取りでプラスされた分を加えて当初の提示した額面どおりでお願いできませんか」とのこと。

もともと提示された金額も悪くなかったし減額されるのも予想した上で訪問していたので、私としては満足できる金額だったため買取していただくことにしました。

書類をいくつかサインし(古物としての取扱になるようなので)、住所などの個人情報などの記入、身分証(運転免許証など)を提示し書類も無事手続きすることができ現金をもらうことができました。

所要時間は20分ほど、一番高く提示された買取サイトよりも少し金額は低かったのですが「目の前で査定し減額理由をしっかり教えてもらって納得できた」ためいい取引が出来たと思っています。

満足な買取をしてもらうことができた

こうして私のロードバイクはエイリンさんで引き取ってもらうことになりました。

3年間乗ってきて大きな事故などもなく一緒に自転車ライフを送ってきたので少し名残惜しいですが、また新しい所有者さんに楽しんでもらえたらと思っています。

エイリンさんは下取りも力を入れておられるようで中古車販売もたくさんの在庫がある様子。いい出会いがありますように。

いろいろ考えてオンライン査定なども使ってみましたがやはり結局は自分の目の前で手続きや査定をしてもらうのが一番安心できる方法でした。実際の買取サイトなどが実車を見てどのくらい減額するかまでは確認することが出来ませんでしたが、私の今回の方法は自分でも納得ができたと思っています。

もしこれから自分の自転車の買取をしようと思っている方がおられたら参考にしてもらえると嬉しいです。

これは購入して1ヶ月ほど、まだピカピカな頃の私の自転車。