Wi-Fi インターネット ガジェット パソコン環境

無線LANルーターが途切れる原因は暑さによる熱暴走かも。冷却したら解決したので熱対策グッズを購入した

頻繁なネット回線の接続の原因が無線LANルーターの熱だったことに気づいた

ここ数日、インターネット回線の頻繁な切断に悩まされていました。突然なんの前触れもなく切断され、しばらく繋がらなくなり数分後ケロッとまた接続される。

一日に一度くらいなら我慢もするのですが夕方から夜にかけてかなりの回数切断されるので、勉強やゲームに使っている子供からも苦情、私もブログを書きながらヒヤヒヤ。

我が家はマンションタイプのフレッツ光なのでもしインターネット回線での不具合なら他の方も問題になるはずなのですが特に他の部屋からのクレーム等はない様子。夏休みに入ったということで回線が混んでいるのか等々原因が他にあるのかなと思いつつ、我慢しながら使っていました。

そして今日たまたま家族が「無線LANルーターの場所を変えたほうがいいのではないか」という話になり、理由を聞くとルーター自体が熱くなっているとのこと。

触ってみるとなるほど確かに触っていると手を離したくなるくらい熱くなっています。これは熱暴走の対策のためルーターが自動で電源を落としたりしているのかもと考えました。

・・・ということはとりあえず扇風機の風を送ってやれば冷却効果でネットの切断が止まるかも?ということで実験をしてみました。

扇風機の風を直接当てるだけで本体の熱が下がりネットの切断がなくなった

我が家の無線LANルーターは配線の都合上南側にあるベランダ側の窓の近くにあります。朝のうちは良いのですが午後になるとカーテン越しにも外気温の影響を受けてしまいます。

私の住んでいるところは夏に突然の夕立などもあり南風が吹いたときに雨が降ると網戸を超えて雨水が入ってきてしまうため、ルーターがある側の窓を網戸にすることはできません。結果風の通りが悪くなり熱がルーターのまわりで滞留しやすくなる状態でした。

そこで少し離れたところに扇風機を持ってきて弱い風を5分ほど当ててみたところ・・・本体の熱いのが確実に冷えていました。空気を当てるだけでもかなりの効果です。

この実験後、無線LANルーターが安定したのか切断が一度も起きていません。無線LANルーターが熱暴走する前にシャットダウンをするのか暴走しているのかは不明ですが、冷却することによって安定することは間違いないようです。

扇風機を常にルーターの前に置いておくこともできないので冷却専用のファンを購入することにしました。

使用しているルーターと購入した冷却ファン

現在我が家が使っている無線LANルーターはTP-Linkというブランドの商品です。

TP-Linkの無線LANルーター Archer C2300を購入して設置したらネットの速度が上がった

TP-Linkの無線LANルーター Archer C2300を購入して設置したらネットの速度が上がった

続きを見る

速度も安定しているし1年以上使っているのですが今年の夏は特に暑いのでしょうか、それともホコリなどで空気の流れが良くない状態になっているのかもしれません。

無線LANルーターの熱暴走対策のためのグッズはファン状のものをルーターの下に設置し風を当ててやる仕組みのものがほとんどなので、ルーターのサイズに合いそうなもので検討しました。

  • ルーターのサイズより極端に大きいものでなくてもいい
  • まんべんなく空気を当てるために2つないし3つのファンが付いているものがいい
  • コンセントから電源を取るよりもできればルーター本体にもついているのでUSBでの電源供給がいい
  • リビングで使用するので静音モデルと謳っているもの、もしくはレビューで静かだという評価があるもの

こんな感じである程度商品を絞り込んでいきました。そして購入したのはこちら。Mauknci USBファン というもので12センチのファンが直列で2つつながっているタイプのものです。

これをルーター横に置きルーター側に空気を流すことで冷却させることにしました。オンオフのボタンもついているので夏が終わったらオフにしておけそうです。

冷却ファン「Mauknci USBファン」使用レビュー

Amazonで注文していたファンが到着したのでさっそく設置してみます。

USBのケーブルが50cmあるので、最大1m近くファンを離して使うことができます。左下に移っているのがオンオフのスイッチで、使わないときは外しておくことができます。

とりあえず音がするかを確認するために接続してみました。音はまったく気にならないレベルです。うるさかったら夜オフにして寝ようと思いましたがこれなら24時間つけっぱなしでも気にならないでしょう。

最初は上下から風を送るつもりだったのですが、思った以上に1つでも風が出てくれたので1つを無線LANルーターに。本体の左側に見えているのがファンです。右側と奥が空気がこもりがちになるので、左側から新鮮な空気を送り込めるように設置しました。

もう一つはフレッツ光用のVDSL機器とホームゲートウェイ/ひかり電話ルータ (PR-500MI)との隙間に入れてみました。PR-500MIも触ると熱を持っていたのでここも対策しておきます。

USBの電源は無線LANルーターからも取ることができますしひかり電話ルーター側でも取ることができます。余分なコンセントを使わないのも便利で良いです。

扇風機以上にしっかり冷える、「Mauknci USBファン」は静音でおすすめできる

使い始めて15分ほどしてから無線LANルーターを触ってみましたがすっかり冷たくなっています。リビングにある扇風機の風を当てるよりもしっかり冷えているような印象です。

音も静かで動いているかすらわからないレベル、お値段的にも1000円ちょっとで効果がしっかりわかるものが買うことができたので良かったです。

似たような商品も多いのですが、静音モデルではないものもあるので要チェックです。私が購入したのはこちら。

なんだか熱くなってから無線LANの調子が良くない、インターネットが切断されるといった症状があったらぜひ機器を触ってみるのをおすすめします。手で触れないくらい熱くなっているなら要注意ですね。

大きな機器ならもっと大きなノートパソコン用のクーラーなども売っていますので使い分けをするのも良いと思います。

 

-Wi-Fi, インターネット, ガジェット, パソコン環境

Copyright© あれこれやそれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.