あれこれやそれこれ

ぬばたま

ガジェット ケーブル、小物 パソコン環境

デスクトップをBluetoothで無線化するUSBアダプタが便利

更新日:

アダプタを買うだけでデスクトップパソコンにBluetoothが接続できる!

最近は様々な機器にBluetooth接続できるものが増えました。ノートパソコンにスマートフォン、タブレットなどは標準でBluetoothがついています。

たとえばiPhone7からはイヤホンジャックがなくなり、Lightningにアダプタを入れて有線イヤホンを使うか、Bluetooth接続でワイヤレスイヤホンを接続する方法のどちらかになります。

私の場合は充電するときのことも考えてワイヤレスイヤホンを購入したのですが、音飛びもなくすごく快適、体にケーブルが絡むこともなくて非常に快適に音楽を聞くことが出来るようになりました。

ところが。

僕のメインコンピューター(Windows10のノートパソコン)は少し古いのでBluetoothが付いていなかったのです。デスクトップパソコンの多くもBluetoothがついていなかったりします。イヤホンジャックがあるので有線イヤホンならすぐ使えるのですが、普段ワイヤレスイヤフォンやワイヤレスのヘッドフォンを使っていると有線のヘッドフォンを使う気がまったくおこらなくなります。

この記事は私が「Bluetoothが標準装備していないデスクトップパソコンや古いノートパソコンにBluetooth接続する方法、必要なアダプタ」を紹介する記事になります。

せっかくなので「Bluetoothってなんだ」というのも調べてみますのでご紹介しますね(目次からジャンプすることが出来ます)。

Bluetoothとはどんなものなのか

好奇心旺盛な私が「Bluetoothとはなんなのか」を調べてみることにしました。

Bluetoothとは無線規格の一つで、近距離での情報通信を可能にするものです。1994年にエリクソン社が開発を始めたのを1998年にインテル、IBM、ノキア、東芝が参画してBluetooth SIGを作り「Bluetooth」という名前を付けてさらに開発を進めました。

1999年ごろから使い始められ、日本で普及し始めたのが2003年ごろ、開発がどんどん進められながらAppleなどの企業がさらに参加しバージョンも1から2、3と高機能高スピード化が進み今は5.0が最新のバージョンになっています。

音声や文字入力など速度をあまり問わないデータ送受信が得意で消費電力も少ない、Wi-Fiのように高速通信を求めるものではない機器との接続などにピッタリの無線規格です。

我が家のBluetooth接続している機器を紹介します

先程の説明の通り、パソコンやタブレット、スマートフォンと機器をつなぐのに便利です。たとえばこんな機器によく使われます。私が家で使っているものを紹介しましょう。

Bluetoothスピーカー

Anker SoundCore Sport (防水 Bluetooth スピーカー)

会社で仕事のときに使っているスピーカーがこれ。防水防塵でホコリや雨水でも大丈夫なのでバーベキューや海水浴などのアウトドアにピッタリ。私の場合はiPhoneに入れてある音楽をこのスピーカーに飛ばして聞いています。音質が、とかこだわりのない方はサイズも手頃です。

AnkerのBluetooth防水スピーカー SoundCore Sportはホコリと水に強い

防水、防滴スピーカーのススメ sasint / Pixabay 会社で自由に音楽を聞ける私。これまではスマホに音楽を入れておき、PCのおまけでついてたスピーカーを有線接続(と書くとカッコイイけど、要す ...

続きを見る

 

Bluetoothキーボード

エレコム Bluetoothミニキーボード TK-FBM093SBK

文字入力のしにくいタブレットやスマホにキーボードにBluetooth接続するのも便利です。

ELECOMのBluetoothキーボード TK-FBM093SBKは図書館や喫茶店でも使える静音キーボード

目次タイピング音で嫌な顔をされなくて済む、気を使わず集中できるキーボードキーボードのタイプ音はまわりに迷惑を掛けている静音キーボードというものがある静音ミニキーボード TK-FBM093SBK の特徴 ...

続きを見る

Happy Hacking Keyboard Professional BT

高級キーボードとしてPFUのHappy Hacking Keyboardと東プレのRealforceが有名ですが、Happy Hacking KeyboardにはBluetoothモデルがあります。実際に使ってみましたがBluetoothの性能は悪くありません。ただ静音モデルを使用していたのでタイプ音が気になり手放してしまったのですが。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

HHKBのProfessional BTワイヤレスモデルを購入、使用レビュー

目次入力する楽しさが存分に味わえるHappy Hacking Keyboardをワイヤレスで楽しむキーボードはライティングにとって最も重要なツールBluetoothキーボードという選択肢Happy H ...

続きを見る

 

イヤホン

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12Plus Bluetooth イヤホン

これは右と左のイヤホンが接続されているタイプ、SoundPEATSは低価格のBluetoothイヤホンでは高評価のブランド、3000円程度でなかなか良い音のイヤホンを購入することが出来ます。

 

マウス

Logicool ロジクール Bluetooth マウス M557

音声や文字入力以外にもBluetoothを使用することができます。ノートパソコンでUSBマウスの受信機(レシーバー)を使いたくない場合や混線が困る場合などによく使われます。

 

ワイヤレスヘッドフォン

Mpow H7

長時間耳にイヤホンを差し込んでいると痛くなります。耳全体をカバーするヘッドフォンタイプのほうが長時間の使用や低音が響くような映画鑑賞などにはおすすめです。2000円台でワイヤレスヘッドフォンを購入でき、さらに音質も非常に安定しています。

激安重低音がホームシアターにピッタリ、Mpowの H7はBluetooth密閉型ヘッドフォン

目次重低音でAmazonプライムなどの映画を臨場感たっぷりに楽しむAmazonでコスパが良いと評判のMpowの H7実際に映画を見てみたら低音良さがすごくいいまとめ 2000円台なのに音が良いコスパは ...

続きを見る

 

テザリング

テザリングは機器ではありませんがここで紹介します。

インターネット通信機能を持たないノートパソコンやタブレットなどにiPhoneやAndroidなどのスマートフォンをモバイルルーター代わりに使うことでインターネット接続させることをテザリングといいます。テザリングするときに機器同士を接続するのにWi-Fiを使う方法(Wi-Fiテザリング)と、Bluetoothを使う方法(Bluetoothテザリング)があります(USBケーブルで繋ぐUSBテザリングもありますが)。

Wi-Fiテザリングは高速通信が可能なのですが消費電力が多かったりします。低速でよければBluetoothテザリングを使うことも出来ますし、ペアリング(あとで説明します)が必要な分セキュリティ上は良いというメリットも。

デスクトップパソコンでもBluetoothを使いたい、でも使えない人のために

さて、そろそろ話を戻しましょう。

そんな便利なBluetoothなのですが、デスクトップのパソコンには未搭載の場合があります。Windows10というOS自体ではBluetoothを使うためのプログラムは入っているのですが、パソコン本体にBluetoothを受信する機器が入っていないと使うことが出来ないのです。

そんな人のために「後付け」でBluetoothをつけることができるこんな機器があります!

これをつけるとデスクトップパソコンに無線LANとBluetoothを接続することができます! とはいえ・・・私はパソコンの中身のことなんてさっぱりわかりません。これを買ってもつなげる自信がありませんし、どういう設定をしたら良いかもわからないのです。

デスクトップのパソコンにはUSBの機器を接続するための端子はたくさんあったりします。この写真の右側に見えているものです。

eroyka / Pixabay

これにもまた規格があって、USB2.0、3.0などがあり最近ではタイプCという天地対称の長丸いものが使われ始めています。

ここに受信機を差し込むだけでBluetooth接続ができるようになるアダプターが販売されているのでそれを使うのが一番簡単です。

【 Bluetoothアダプタ 】とか 【Bluetooth USBアダプタ】と呼ばれるものです。

1000円ほどのアダプタでBluetoothがデスクトップで使えるようになった

購入したのはエレコムのBluetooth USBアダプタ  LBT-UAN05C2 というもの。Amazonで1000円くらいでした。

公式サイトはこちらから

実物がこちら。これをUSB端子のところに差し込むので、実際はパソコン本体から黒い部分だけが飛び出る程度です。使用中は黒い部分に仕込まれている青いLEDが点滅します。

Bluetoothアダプタの使い方 インストール+接続

使用方法はすごく簡単です。

Bluetoothアダプタを差し込んだあと、Windowsに標準装備されているBluetoothドライバを立ち上げて設定するだけです。

よくBluetoothアダプタを購入すると「専用ソフトをインストールしてください」などと勧められたりするのですが、Windowsなら標準でドライバがありますし安定しています。

私も最初はELECOMの推奨するbluesoleilなるソフトをインストールして使っていたのですが不安定で困っていましたが、アンインストールして標準ドライバを使ったらピタッと安定した経緯があります。

ただ、これだけですべてのBluetooth機器が使えるわけではなく、使いたい機器をパソコンに認識させる「ペアリング」という作業が必要になります。

Bluetoothアダプタの使い方 ペアリング

ペアリングの方法は使用する機器などで一部やり方が違う場合があるかもしれませんが、Windowsパソコンの場合こういう順番で行われます。

  1. パソコン側のBluetoothをペアリングモードにする(パソコンがペアリングできる機器がないか探し始めます)
  2. ペアリングする機器(イヤホンやキーボードなど)の電源を入れペアリングモードにします(ここにペアリングしたい機器がありますよ!と発信)
  3. 双方が双方を認識したら接続されます
  4. 認証キー(数字)などを打ち込んでセキュリティ対策をする場合などもあります

ペアリングされた機器が(エレコムのキーボード、X9というイヤホン)表示されています。

ペアリングしたい機器がアダプタと通信することでパソコンにBluetooth機能をもたせるわけです。寝転んで動画を見るときなどに非常に便利ですし、手放せなくなります。

おすすめBluetoothアダプタご紹介

実はこのエレコムのBluetoothアダプタを買う前、安いものでもいいだろうと200円くらいのものを買ってみたのですが、到着は遅いしUSBの先端が曲がっていてあやうくPC側の端子を壊してしまうところでした。

高いものでも1000円程度で買うことが出来るので、安心できるメーカーのものを買うことをオススメします。

エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力) Class2 Windows10対応 LBT-UAN05C2

I-O DATA Bluetoothアダプター Class 2対応 4.0+EDR/LE対応 USBアダプター USB-BT40LE

サンワサプライ Bluetooth 4.0 USBアダプタ(class2) MM-BTUD44

このあたりの商品をオススメします。キーボードやマウスなどを発売しているブランドですので、それらに合わせたアダプタを使うほうが安心して使用することができます。不具合があったときなども同メーカーの商品同士だと質問しやすいので。

まとめ

デスクトップパソコンにBluetooth接続できるようにするBluetoothアダプタを紹介しました。

イヤホンやマウスなど省電力で使うことが出来るBluetoothを是非活用して快適なパソコン生活を。参考にしていただけると嬉しいです。

Amazon本日のお得情報

-ガジェット, ケーブル、小物, パソコン環境

Copyright© ぬばたま , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.