ぬばたま

あれこれやそれこれ

エンタメ

アシェットの『週間 トヨタセリカLB 2000GT』 を完成させたら総額いくらかかるか

更新日:

アシェットのセリカLB 2000GTを完成させるのにかかる費用、期間を調べてみました

テレビコマーシャルやってますよね。ついつい見てしまいます。

ついワクワクしてしまう、リフトバックの車。1973年に発売されたセリカのリフトバック2000GTですよ。これの発売後にスーパーカーブームがやってきます。

そう、私は1971年生まれ、スーパーカーに子供の頃憧れた世代なのです。

実は私、トヨタのセールスマンをしていた時代がありまして、トヨタカローラ店での勤務。そう、セリカを売っていたのです。

私が在籍していた頃はちょうどセリカがST202、カローラシリーズが101になってバブル末期の超大型化してきたころ。すべての車がラグジュアリー化したころ。乗っていたのはAE101のレビンでした。

あの頃に比べるとこのセリカリフトバックのスタイルのシンプルなこと。そして受け継がれるもう一つのストーリー(あとでちょっとだけ語らせて下さい)。

と、話をこのまま続けると脱線し続けるのでそろそろ本題に戻りましょう。

『週間 トヨタセリカLB 2000GT』 の大雑把な概要

これをすべて書くと公式サイトの意味が無くなってしまうので(笑)大雑把にいきますよおおざっぱ。

完成品の大きさ

全長で約53cm×高さ16cm。

大人の方で手をパッと広げると親指から小指がだいたい20センチ前後、なので2つ半から3つ分です。めっちゃでかいです。高さ16センチ、威圧感あります。

セリカLB2000GTの諸元

ディーラーに勤めてる時はこのスペックを見ながらワクワクしたものです。

型式
RA25
寸法
全長 4215mm
全巾 1620mm
全高 1280mm
ホイールベース 2425mm
トレッド前/後 1300/1305mm
重量・定員
車両重量 1040kg
乗車定員 4名
性能
最高速度 205km/h
最小回転半径 5.2m
エンジン
形式 18R-G型・直4DOHC
総排気量 1968cc
最高出力 145ps/6400rpm
最大トルク 18.0kg・m/5200rpm
諸装置
サスペンション・前 マクファーソンストラット/コイル
サスペンション・後 ラテラルロッド付4リンク/コイル
 
タイヤ前 185/70HR13
タイヤ後 185/70HR13
主ブレーキ前 ディスク
主ブレーキ後 リーディングトレーリング

現代と比べるとスペックが見劣りするのは当然。でもスペックの数字だけが車のすべてじゃないんですよね。オートマは3速、ミッションは5速でした。

ギミックの凝ってる感

ドアやボンネットの開閉、サウンドなどは結構な凝りよう。エンジン音などは実車から拾っているのだとか。

アクセルを指で押したら回転数がちゃんと上がるとかこだわりすぎ(笑)これ乗ってた人だったら涙でるだろな。

専用リモコンから鳴らすこともできるサウンドも実車から録音しているとか。

収録サウンド

  • アクセルペダル
  • エンジン始動
  • アイドリング
  • アクセル(運転席内)
  • 方向指示器
  • クラクション

名車ミュージアムやセリカの歴史などの資料も順次掲載

回数に分けてセリカを組み立てていくだけならただの「プラモデル」なのですが、これの楽しいところは豊富な資料を毎号集めることができるところ。

トヨタの車の歴史は本当に面白く、読み出すと本当にキリがない。それをトヨタもちゃんとわかっていて・・・

トヨタ自動車75年史

これはトヨタの75年の資料を文章、写真、歴史でまとめたトヨタ公式サイト。これに当然ながらセリカも出てくるわけです。

車両系統図 からセリカを抜き出してみました。これ、車種ごとにちゃんと資料が別窓で開くようになってるんですよ。読み出すと止まらないくらい面白い。

2代目のリフトバックからセリカXXが生まれるのをちゃんと線でつないでくれてたりします。できればこの後ろにスープラをつないでほしかった・・・・。

そういえば今日(2019年1月15日)A90スープラが発表されました。

【デトロイトショー 2019】トヨタ、新型「スープラ」世界初公開。「Supra is Back」と復活宣言した豊田章男社長のプレゼンテーション。

22枚の写真が載せられているので是非。80スープラを彷彿させるデザイン、そしてちょっと2000GTをイメージしたようなシンプルさ。お金があったら買うんですが・・・500万オーバー。

こういった資料も載せてもらえるのでしょうか、ワクワクします。

そういえば最近カローラスポーツもコマーシャルしていますよね。WRCをカローラで転戦していたころを思い出します。形状がFXっぽくて僕は好きですね。

また脱線してる・・・笑 すいません。

大型のフォルム、実車からのサウンド、あふれる資料

悲しいかな、完成させなくてはこれらをすべて手に入れることができないのです。これ、一体総額いくらかかるのか、そして期間はどれくらいかかるのか調べてみました。

費用

この手の商品のあるある「創刊号は特別価格」というやつです。今回のこれは特別価格が299円ということなのですが、それ以降は・・・1,799円です(結構よいお値段)。

そして、完成までに何号かかるかが「よくある質問」欄に載っていたので見てみると「110号で完成」とありました。

ということで、【初回299円】+【以降109回×1799円】=196,390円です。が!!! このセリカ2000GTにはプレミアム定期購読があるのです。

プレミアム定期購読とは

  • 4号以降追加で250円が必要
  • 最終号にアクリルケースとディスプレイ台がつく
  • (107号×250円)=26,250円が追加される

ここまで払うと車にケースと専用台までつくのか・・・結構いいお値段ですね(笑)

完成したトヨタ セリカLB 2000GT を美しく飾れるオリジナルディスプレイケース(アクリルケース+木製台座)です。カバー素材は高級感あふれるガラス調アクリル素材で、透明感がありながら強度を確保。重厚感のある木製台座とともに、完成品をいつまでも美しく保管できます。サイズ:W65×D29×H26cm

でも飾るとこれはかなり映えますね。部屋に飾るならこれくらいのケースがあってもいいかもしれません。

ということで、プレミアム定期購読まですると 196,390円+26,250円=222,640円 となりました。

完成までの期間

2019年1月16日創刊、毎週発刊で110号で完成ということなので、110週間後に完成ですね。

ということは・・・・2021年の2月の終わり頃に完成する予定です(ざっくり2年ほどです)

私のようなせっかちの人には長く感じるかもしれませんが、この車に愛着のある方からすれば、夢のような110週間を過ごせると思います^^

ぜひご参考にしてください。

最後に

とりあえず見てみようというかたはアシェットの公式サイトへ。公式サイトから定期購読も行うことが出来ます。

アシェット公式サイトはこちら

とりあえず毎号コツコツ買うならこちらから(^_-)

 

 

-エンタメ,
-

Copyright© あれこれやそれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.