あれこれやそれこれ

ぬばたま

電子辞書

高校生に電子辞書は必要?、大学生、社会人モデルとの違いについて

更新日:

大学への進学を目指すなら電子辞書は是非購入するべき

現代の電子辞書は大きく進歩している

私を含む昭和生まれの方は電子辞書と聞くと「ああ、辞書が何冊か入ってるだけだよね」という感覚かもしれませんが、今の電子辞書というのはびっくりするほど高機能です。

現在は辞書機能以上のものが「電子辞書に求められる性能」になっています。

高校生に電子辞書が必要か、と聞かれると「授業の予習復習程度なら紙の辞書でも構わない、でも大学受験や進学を考えるならば必須」と言えます。

高校生電子辞書のメリット

  • 辞書、各教科の参考書がまとめて数百冊分入っていて使いやすい
  • リスニング対策、英語などは発音も学ぶことができる(音声が出るのです)
  • 自分だけの辞書のようにカスタマイズでき、メモを書き込めたり学習進捗を保存することができる
  • 動画コンテンツで英会話なども学ぶことが出来る(ただの辞書以上の使い道)
  • タッチパネルやタッチペンで使いやすさがアップしている
  • 読みやすいカラー液晶(昔の見にくい黒文字の液晶ではありません)
  • 落としても壊れにくい材質(多少乱暴に扱っても大丈夫)
  • 手書き検索やあいまい検索など辞書機能も格段に進歩

このように、ただの辞書ではなく、リスニングから暗記、英会話から一般教養まで実に沢山のコンテンツが一台の中に含まれています。そしてメーカーがいくつかのグレードを設定し販売しているのが現在の状況です。

私の子供も現在受験生ですが、分秒を争って受験勉強をしています。昔は「辞書を引いて覚えろ」などと言われたものですが、紙の辞書を引く時間より圧倒的に電子辞書で調べるほうが早いのです。さらに用例が豊富に出てきたり、英語教材については音声までついています。

一般的には英和辞典の場合、紙の辞書で20秒~30秒、電子辞書で5秒~10秒と言われていますので差は歴然です(紙辞書の達人で5秒という方がおられますが辞書自体をカスタマイズしているので驚きます)

高級機種を購入しても3年間という期間で考えれば年間に1万円程度、月に割れば1000円程度で効率のよい勉強を進めることができるのです。

普及率、所有率は?持ち込み禁止の学校の有無など

90%を超えたと言われるスマートフォンの普及率に比べると、高校生の電子辞書の所持率は約70%と言われています。決して低い割合ではありません。

以前は「電子機器の持ち込みを禁止」するような学校もありましたが、現在はほとんどの高校が電子辞書の持ち込みを認めています。入学式後のガイダンスの時に学校推奨の電子辞書といって旧モデルの値下げしたものを推薦されることもありますがお勧めできません。

学校の授業の時は持ち込み可能ですが、テストの時にカンニングツールにもなりえるため禁止、テスト時のみ紙の辞書しか使えないことはあります。「電子辞書さえ買えば他は全くいらない」とはならないので注意が必要です。

とはいえ、慶応大学の文学部くらいしか英和辞典持込可能の試験というのは聞いたことがありませんが。英和、和英程度は中古であっても入手したほうが良いと思います。

このあたりの使用に制限がかかる部分が高校生の電子辞書のデメリットになりえます。入学式後のガイダンス等授業時の使用は確認が必要です。

中学生、大学生、社会人モデルとの違い、上級モデルとの違いなど

メーカーの仕様によってもちろん違いがありますが、高校生用の電子辞書と中学生モデル、大学生モデル、社会人モデルとはこのような内容の違いがあります。

世代による違い

  • 中学生モデル 中学生にわかりやすい語句を使い、基礎学力のアップが主目的。大量に文学作品などを収録するなど「興味をもたせる」ことから高校受験へのサポートに役立つ
  • 大学生モデル 専攻したものによって電子辞書が変わる。文系、語学系に進んだ生徒はリーダーズ、ジーニアスなどの大辞典クラスの辞書をラインナップ。理系で学部によってはカシオの理化学モデルや医学看護モデルのような特化型の辞書を選ぶことができる
  • 社会人、ビジネスモデル 文化や教養、趣味など幅広い辞書機能を搭載、写真や動画などをふんだんに盛り込み「1つでたくさんの学びを得ることができる」電子辞書に仕上がっている

また、高校生モデルについても3種類程度のグレードに分かれていて、

  • 予習復習に主眼を置いたエントリーモデル
  • 大学受験を念頭においた高校生モデル
  • 難関大学への受験を考慮した進学校モデル

となっています。

CASIOで言えば歴代でエントリーモデルが4000番台、高校生モデルが4800、進学校モデルが4900という番号を振られています。

それらの違いは教材(コンテンツ)の量の違いになります。グレードが高くなるにしたがって取り扱うコンテンツが増えていきます。

高校入学時にどのグレードを買うか迷うこともあるかもしれませんが、進学を検討しているのであれば高校生モデルを、難関校や国立大学を受けるのであればもう1ランク高い進学校モデルを購入しておくほうが良いです。価格差も数千円程度の違いですので。

まとめ

高校生の電子辞書の必要性と他の世代の電子辞書との違いを解説してみました。

3年間という短い期間に充実した勉強をするためには電子辞書は是非オススメです。

CASIOのおすすめモデルなどを年代別にまとめてみました。ぜひご覧ください。

高校生用電子辞書のおすすめ機種と選び方【2019年モデル対応】

続きを見る

-電子辞書
-,

Copyright© ぬばたま , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.