あれこれやそれこれ

ぬばたま

日本の歴史 エンタメ

水戸黄門は諸国漫遊していないが「風車の弥七」キャラは実在した

投稿日:

あの忍者「風車の弥七」は実在した

ある日の昼下がり。会社の事務所で談笑中のできごと。

事務員の女子が「うちの母が歴女で」という話から清水次郎長の話になりました。「清水次郎長は幕末の頃に実在して明治維新でも生き残ったよ」から「森の石松っていたんですか?」と話が進み検索したところ・・・

森の石松は実在。ちなみに「風車の弥七」も実在の人物

突拍子もない所から風車の弥七の話になりました。

でも、風車の弥七というのはテレビの時代劇「水戸黄門」に出てくる忍者のこと。しかし水戸光圀は諸国漫遊なんてしたことが一度もないのです。

元義賊の伊賀忍者で、徳川光圀一行が旅に出ると付かず離れずで行動する。風体は渡世人風で(単独行動の際、関所で鳶職として名乗ったことがある)第1部第1回から光圀に仕えており、光圀とは佐々木助三郎や渥美格之進よりも付き合いは長い。飄々とした性格で世渡り慣れしている。光圀一行の行く先を事前に情報収集したり、後から一行を追いかけていることから、別行動を取っていることが多い。忍者出身なので忍びの流派や忍術、火薬にも詳しい。なお、初期は光圀や助三郎と格之進からは通り名である「風車」と呼ばれていた。

風車の弥七 - Wikipedia

表に姿を見せず風車に手紙を結びつけて柱に「グサッ」と投げる弥七。カッコイイのです。

行っていない諸国漫遊、実在するという風車の弥七の本当の姿というのはどういうものなのでしょう。

時代劇キャラとしての風車の弥七とは

テレビの「水戸黄門」ではきちんと弥七のキャラ設定画出来上がっていました。ざっくり以下のとおりです。

  • 風車の弥七のキャラ設定

    • 名張出身で伊賀上野で忍術修行を行ったが今は義賊として活動している
    • これまでの修行を活かして忍術、火薬の取扱い、情報収集能力に長けている
    • 実は義賊の親分であり、声をかければ子分が100人は集まるほどの実力派
    • 水戸黄門につかず離れず行動し、情報収集や戦闘時のフォローをする役目を負っている

ちなみに「うっかり八兵衛」は弥七の弟子なのだそうです。

盗賊見習いとして弥七の弟子になったものの、スリを働いたのを助さん格さんに捕まった縁で水戸黄門のメンバーに入ることになったんだとか。

うっかり八兵衛は完全に脚本上のキャラのようですね。

 実在したとされる弥七とは

常陸大宮市観光ガイド-史跡・文化財-風車の弥七の墓、というところに載っていた情報です。

「水戸黄門の諸国漫遊」は、義公が名君であったために作られた物語であるが、その中に出てくる「風車の弥七」は、実在の人物「松之草村小八兵衛」がモデルとなっている。

これによると、小八兵衛は優れた忍者であり、光圀のために尽力したと「桃蹊雑話」に書かれています。小八兵衛は、光圀の厚い信望を得て、隠密として陰の立場から光圀を護り支え、水戸藩領内の治安の維持と藩政の安泰のため、全力を尽くした人物であったと言います。小八兵衛の墓の傍らには、小八兵衛の女房「お新」の墓があります。

その「桃蹊雑話」という本がどんなものかというと、藤田東湖の師匠でもある石川久徴が書いた本で水戸初代から六代までの水戸藩のできごとが書かれているそうな。

ちなみに初代威公というのが家康の11男徳川頼房のことで、その三男が水戸黄門こと徳川光圀になります。家康と光圀は確かにおじいちゃんと孫の関係ではあるけど、天下の副将軍と名乗る程ではなかったような。

やっぱりこれは幕末に水戸の徳川家の力を誇示するために後付された名前なのでしょうね。家康の11男の三男坊が天下の副将軍ならびっくりするほどの副将軍がいたはずなので(笑)

その「桃蹊雑話」にでてくる松之草村小八兵衛は忍者あがりの盗賊の頭領で、一度捕まるものの光圀によって罪が許されたことがきっかけで光圀から雇われることになります。その義を感じて小八兵衛は隠密として治安の安定や情報収集役として光圀に仕えたとか。

徳川光圀に仕えた元盗賊なら諸国漫遊しているとすれば付いていったはず=風車の弥七のモデルになった、ということなのでしょう。

名君をささえる忍者というキャラクター

水戸黄門がピンチの時にさっと現れたり、情報に詰まった時にさっと風車に手紙を挟んで投げたりと「ストーリーを良い方向に導くキャラ」として風車の弥七は絶妙のキャラクターでした。また、シビアな展開の中にキラリと光るずっこけキャラのうっかり八兵衛などが華を添えるいい時代劇だったと思います。

私としては東野英治郎さんと西村晃さんの水戸黄門が好きでした。時代劇、結構好きなんですよ。

-日本の歴史, エンタメ

Copyright© ぬばたま , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.