住まい・暮らし 雑貨・文房具

楽でキレイになるオススメ掃除洗剤や掃除グッズを紹介

楽に、早く、きれいに大掃除をして大晦日を迎えたい

サキ
この記事を書いたら大掃除を始めるつもりのブログ管理人サキです

大掃除をするにあたって用意しておきたい、オススメの掃除グッズをまとめてみます。

 

水の激落ちくん

これを初めて使った時は本当に感動しました。スプレーしてもただの水にしか見えないのに汚れがめっちゃ取れるのです。水のような液体の正体は電解アルカリ水だそうで、イオンの力が汚れを浮き上がらせて拭き取らせてくれるのだとか。これとマイクロファイバーのクロスで拭くと本当にきれいになるのでオススメ。

壁に飛んでしまった食べ物や飲み物のシミなどはさっとスプレーしてからティッシュを当てて「水パック」して放置してから拭き取るとかなりの汚れを落としてくれます。

一般的な洗剤などは洗剤自体に色がつけられていたりするので、壁に色が残ったりすることも。

 

まめピカ

我が家のトイレ掃除はまめピカが一手に引き受けてくれています。

このまめピカのすごいところは「ボロボロ防止成分」というものが入っているためトイレットペーパーに吹き付けて拭き掃除をしても破れにくいのです。拭き掃除はトイレットペーパーに吹き付けて、便器の中などは直接スプレーしてからゴシゴシ。除菌成分も入っているので尿はねなどを拭き取ったあとも清潔で匂いも抑えられます。

詰替え用もあるしなんといっても安いのがいいです。詰替え用を使ってるうちにスプレーが故障したため、うちでは普通に売ってるスプレーボトルで使用しています。

ウタマロ石鹸

服やバッグなどの布はウタマロ石鹸でゴシゴシが最強です。

機械油などをつけてしまったズボンやシャツ、大掃除しながら汚れてしまったエプロン、ワイシャツの襟汚れなどはこれを強めにこすりつけてからぬるま湯をつけながらこすり洗いするとかなりの汚れが落とせます。最後は軽くゆすいだら洗濯機で他のものと洗っても大丈夫です。

これは固形石鹸ですがリビングや洗面台などに使えるウタマロクリーナーと粘性の高いウタマロリキッドがありますが、ウチではクリーナーは使っていません。リキッドはレインウェアや靴を洗う時などに。

ウタマロ石鹸でメッセンジャーバッグを洗った記事がありましたねそういえば。

TIMBAK2クラシックメッセンジャーを手洗いでクリーニングした

続きを見る

 

中性洗剤(食器洗剤)

これはジョイでもキレイキレイでもなんでもいいんですが(極端に安いものでなければ)。

繊維の中に使った汚れがどうしても取れない、今までに載せたどの洗剤でも取れないときというのがあります。昨日は洗車したときに着たレインウェアの袖やお腹周りについてしまった汚れ。車のワックス成分と泥汚れが混ざってしまったのかいくらこすっても叩いても汚れが取れず、お風呂場で「汚れがとれない!」と叫んでいると登場したのがサキ妻こと「妻えもん」です。

「これつけてゴシゴシしてみ」と渡されたのが台所で使ってる中性洗剤。いやいやいやウタマロリキッドとか洗濯石鹸とかいろいろやったんだけどといいたいのをぐっとこらえて使ってみると・・・不思議、取れました。

「どうしても取れない汚れは意外と中性洗剤できれいにおちる」

さすが主婦業を30年近く(高校生のころから家事をしていたそうで)続けている妻えもん。いいアドバイスを出してきます。

ちなみに今使ってるのは安売りで買ったと思われる除菌もできるジョイ。

 

ハイター

我が家のお風呂場は少し古いのでタイル地、目のところにどうしてもカビが生えてしまいます。

目地のところにろうそくをこすりつけて撥水させてみたり、修正液のようなもので塗ってみたりいろいろやりましたが「はえるものははえる」のです(諦めました)。

我が家の場合は台所で使うハイターを筆で塗ってしばらく放置し、洗い流すことにしています。歯ブラシなど毛先の硬いものはハイターがピッピッと飛ぶので着ている服が漂白されてしまうのでご注意。

うちの場合は着古したカッターシャツをかっぽう着のように着て作業しています。カッターシャツというのは目が詰まっているので液体などが肌に触れるのを防ぐのにちょうどいいのです。「DASH村」で昭雄さんが作業ズボンの上にワイシャツをよく着ていたのを覚えていますか?あれは蚊の対策と細かい枝などが肌に刺さるのを防ぐため、目の詰まったワイシャツはまさに最適だったからで農家の方がよく着ておられます。

もちろんハイターはそれ以外の用途もたくさんありますね。水筒の茶渋や匂いがとれなくなったときはちょっと濃い目のハイターにつけるとかなりすっきりします。ただし換気には要注意。お風呂掃除のときは顔にマスク、換気扇は最大で回しながら目にはゴーグル。万が一にもハイターが目に入るようなことは防いでくださいね。

 

メラミンスポンジ

もうすっかり定番のメラミンスポンジ、または研磨スポンジ。

水をつけて力をいれずくるくるするだけでかなりの汚れを落としてくれます。が、汚れを落としていると同時に研磨してるので注意。キッチンテーブルなどの汚れ落としにはすごく良いのですが、ほんの少しでもテーブルの塗装を剥いでいるのでやりすぎには注意。先程紹介した水の激落ちくんをスプレーしてしばらく放置して拭き取るだけでかなりきれいになりますから。

「表面を削ることできれいにしている」とおぼえておきましょう。鏡の水垢取りのようにガラスなど硬いものだったら大丈夫です。

 

クイックルワイパー

同等品がたくさんあるのでどれでも良いのですが不織布のクロス。

我が家の場合はドライシート一択、ウエットシートは使いません。ウエットにしたければ水の激落ちくんをスプレーしたらいいだけなので。

不織布クロスはテレビ周りやタンスの裏、タンスの上や椅子のまわりなどのホコリを拭き取るときも便利です。モップなどにつけずそのまま手でふくだけ。

濡れ雑巾だと拭き取った後にホコリがこびりついてしまったりするのですが、不織布クロスはホコリをしっかりと掴んでくれるので拭き終わったあとにホコリがほとんどのこりません。雑巾のように洗わず徹底的に拭き掃除をしたらポイとすてるだけ。破れにくく強いので一枚で一部屋くらい余裕で掃除ができます。

 

スーパーバイクウォッシュ

秘密兵器の登場です。これ、自転車を掃除するための洗剤なんですが自転車乗りには大絶賛の一本。

私はロードバイクで通勤をしているのですが、雨の日でも晴れの日でも関係なく乗ります。雨の日に自転車に乗るとどうしてもチェーンまわりが汚れてどろどろに。いろんなクリーナーを試しましたが結局落ち着いたのがこれ、フィニッシュラインのスーパーバイクウォッシュでした。

植物性の洗剤なのに汚れがものすごく落ちること、洗い流す必要がなく「洗い流すか拭き取るか」でOKなのです。そして拭き取った後はワックス効果があるので艶がでます。酸化防止剤も入っているのでサビ防止にもなりますしゴムや鉄、樹脂などについても安全。

ということで自転車だけでなく工具類や車のアルミホイールなどにも使っています。

 

その他防護用品

掃除をするときに用意しておきたい防護用品をまとめておきます。マスクや手袋、掃除後のハンドケアなど。混ぜるな危険などの注意書きをしっかりと読むのと、寒くても換気はしっかりすることが大事ですね。

仕事柄ハンドクリームにはこだわっています。強い洗剤などを使った後は保湿と修復をしっかりと。

 

最後に

今から購入しても十分間に合う掃除用品をまとめてみました。大掃除当日に「あ!買うの忘れてた!」がないように準備はしっかりと(笑)

-住まい・暮らし, 雑貨・文房具

Copyright© あれこれやそれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.