ひとり旅 趣味

【2018年】京都駅八条口がホテル建設ラッシュになっている

更新日:

京都駅八条口なら新幹線を利用する旅行客にもぴったり

仕事がら、京都駅の八条口辺りをよくウロウロしています。

今年になってから気づいたのが「ホテル建設が急に進んでいるな」ということ。今も数軒建築真っ最中。

もともと京都のホテルと言えば京都タワー側(表玄関側)に集中していたのですが、高い、満室、狭い、うるさいなどの評価が聞こえてきていました。

外国人観光客などは狭くてもいいから安く泊まりたい、便利な所が良いなどと割り切る方が多いのですが、日本人観光客の嗜好も変わってきたのかもしれません。

特に今建設ラッシュなのが京都駅八条口の竹田街道から烏丸通(八条口側にも烏丸通はあるんですよ)の間に挟まれた狭い部分。書いたほうが早いか。

先日買ったiPad Pro、こういうときほんと便利です。Googleフォトで場所を探してスクリーンショットを撮り、そのままApple Pencilで落書きしてメールに添付したりするのが早い。

京都の地名にちょっと詳しい方なら「大石橋から北に上がった道沿い」と「九条烏丸から駅に向かって歩いた道沿い」というと早いかもしれません。

先日東福寺に行った帰りにこの辺りを実際に歩いてみたので写真を撮ってみました。京都八条口のホテル戦争、ちょっとワクワクしています。

それではどうぞ。建設中、オープン間近、すでに営業中のものも含んでいます。

ホテル京阪(2018年12月1日オープン)

大石橋から駅に向かって歩くと間もなくオープンするホテルが。ホテル京阪さん。

2018年12月1日(土)京都にホテル京阪の新しいホテルがオープン致します。

JR京都駅八条東口より徒歩約5分の、観光の拠点に便利な好立地。
大浴場やご宿泊の方のみご利用いただけるギャザリングスペースなど
旅を快適にする施設もご用意しております。

「シンプルかつ機能的な非日常空間」をテーマに、安らぎや安心感をご提供。
あらゆるシーンに対応する「丁度いい」ホテルで、皆様をお迎えいたします。

そう、特に新幹線を利用した人なら八条口のホテルの方が近くなります。八条口側に降りてしまえば地上を歩いてすぐ。

八条口に降りたら向かって左の方に見える大きなホテルが「ホテル京阪京都」その道を下がって行けばすぐです。

きれいなエントランス。

ホテル名 ホテル京阪 八条口
規模 地上5階建て
客室数 234室
施設 レストラン1ヵ所(1階)、大浴場1ヶ所(1階)
所在地 〒601-8011 京都市南区東九条南山王町5-1

間もなくオープン、12月に京都に旅行を考えているならホントオススメ。できたてのホテル、泊まってみたい!!

M Hotels Kyoto(建設中)

ホテル京阪から京都駅に近づくこと数分、山王交番の横にホテルが建設中。京都に3つのホテルを経営しているホテルエムズグループの1つがここに建つようです。

ホテルエムズといえばデザインのオシャレなホテルを運営しているグループ。

国内外より多くの観光客が訪れる京都。もっと多くの方に京都を知っていただきたい、すべてのお客さまにまた来ていただきたい。そんな思いを実現するために2014年に設立したのが株式会社ホテルエムズです。「本当のおもてなしとは?」という原点に立ち、業界の常識にとらわれないサービスを展開しています。“街全体がホテル”と考え、お客さまに合わせた周辺の飲食施設をスタッフ全員がコンシェルジュとなりご紹介。地域の繋がりを大切にし、京都という街全体を好きになっていただきたいと考えています。

いま四条大宮、四条烏丸、東山と3つあるのですが京都駅前に建てるのは悲願だったのでしょう、建つのが楽しみです!

エルイン京都(営業中)

エルイン京都さんは関西電力グループのホテルでビジネスホテルの度合いがちょっと強いんですが、立地がもう最高に良いのです。

京都駅八条口から徒歩2分、地下道をくぐっていけばほぼ雨の日でも濡れずに到着できます。

実はこの地図の「八条東口から徒歩2分」のところから地下道をくぐって八条口駅前公衆便所とかかれたところまで地下道が通っていますし、地下道から京都アバンティへは直接入ることができるので、赤い線で引かれたように行く必要はないのですが、ホテル京阪さんなどの関係から「地下を通って行ける」と言いにくい部分があるのでしょうね、わかります。

少し狭い、という口コミもあるようですが目をつむってしまえば一緒です(そう言うと元も子もないんですけど笑)。

そしてエルイン京都さんから道路を渡ると大きなホテル、ホテル京阪京都。

ホテル京阪京都グランデ(営業中)

言わずとしれた八条口最大の?ホテル。もう京都駅八条口の目と鼻の先です。

ここは紹介するほどでもなさそうな。すでに歴史のあるホテルですし(笑)紹介しても面白くないので。飛ばしましょう。

このまま道路を下がって先ほどの道を戻ってみる感じになります。

相鉄フレッサイン 京都駅八条口(2017年4月オープン済)

ここも新しいホテル。2017年の4月にオープンしたばかりです。

いまかなりの出店ペースで関東と関西にホテルを建てていますね。チェーン店はチェーン店ならではのシステムの完成度があるのが魅力。

相鉄フレッサインを超えてしばらく歩くと以前JAのビルだったところが更地になっていまホテルを建設中なんです。

仮称「西山王町ホテル」(2020年夏オープン予定)

まだ基礎工事の途中なのでどんな風になるのかはさっぱりわかりませんが。

もうね、まさに激戦区になってきています。値段も下がってくれたら嬉しいのですが。

ここに建つホテルはロイヤルホテルの系列で複合ビルの中の一部としてオープンするようです。

 今回開業するホテルは、京都の玄関口であるJR京都駅から徒歩4分という交通利便性に非常に優れた立地に位置します。
また、当社は「リーガロイヤルホテル京都」を長年運営し、京都の地で培ったノウハウを有しており、これらの優位性を最大限に活かし、観光やレジャー、ビジネスなど、様々な目的の活動拠点となるホテルを目指します。

【 新ホテル計画概要 】
所 在 地:京都市南区東九条西山王町1番地
構造規模 :S造・地上7階
賃借面積 :10,728㎡(予定)
名   称 :未定
客 室 数 :267室
事業方式 :リース方式
開業予定 :2020年夏
アクセス :JR京都駅・八条東口より徒歩4分

プレスリリースより

2020年夏の開業を目指しているとのこと、敷地面積がかなり大きいので楽しみですよこれ。

そして・・・この写真を撮ったあとふと振り返るとこんなところにもホテルを建ててた(知らなかった)

HOTEL IMAGINE KYOTO(2019年春オープン予定)

なにか建ててるな、とは思っていたのですがホテルだったとは。

2019年春のオープン予定とのこと、場所は↑上の地図の私が「ここ」と書いたすぐ下のスペース。ちょっと細いですね。入り口は竹田街道沿いにつくのでしょうか。

ネットで調べたところ13室の予定とのこと、外国人観光客用に「和」テーストの内装が用意されているみたいですね(ラフ画しか見つかりませんでした)。

ホテルというよりはドミトリーのような雰囲気なのかもしれません。完成が楽しみ楽しみ。

さて、竹田街道沿いはどうやらこのくらいのようです。次はお隣、烏丸通沿いのHOTELを探してみることにしましょう。

ダイワロイネットホテル京都八条口(2016年から営業中)

大和ハウスのグループのホテル。

ここは頻繁に前を通るのですが(笑)いつも掃除がしっかりされていてスタッフさんが丁寧なんだろうなと感心していますよ。

ダイワロイネットホテルはあちら側(京都タワー側)にダイワロイネット京都駅前っていうのがあるので宿泊時に間違えないように。

でも正直・・・こっちも駅チカだしこっちのほうが静かだし(おそらく)こっちのほうが安いと思うので絶対泊まるならこっちだと思うんですけどね。

そしてこのダイワロイネットの反対がわにあるのがザガーネットホテル。

ザガーネットホテル(2018年4月から営業中)

ほら、ホントここ1年2年くらいで建設ラッシュだったんですこの界隈。

ザガーネットホテルは不動産や建築、ホテル事業などを手がけるガーネットグループが経営するホテル。

ホテルの公式サイトは現在作っている途中だそうで、各宿泊予約サイトから申し込みができるようです。

内装などもチェックが出来なかったのですが、予約サイトの評価は高そう。泊まることがあれば是非行ってみようと思います(ないけどw)

むかーし、酔っ払って京都駅前で泊まったことがありますが、駅の表玄関側のグランヴィア京都でした。なぜでしょう、記憶があまりありません・・・笑

そしてホテルの紹介の最後です!

(仮称)ヴィアイン京都八条口(2019年春頃オープン予定)

JR西日本は京都駅八条口に2つの大きなホテルを建設中です。

世界有数の観光都市「京都」の玄関口であるJR京都駅周辺において、京都駅ビル内にある既存のホテルグランヴィア京都に加え、八条口側にハイクラス宿泊特化型ホテルの新規ブランドと宿泊特化型ホテルのヴィアインの3つのブランドの異なるホテルをご用意し、国内・海外を問わず、またレジャー・ビジネスの両面において、お客様のニーズに幅広くお応えしてまいります。

東側のハイクラス宿泊特化型ホテルと呼ばれる方が「ホテルヴィスキオ京都」という名前でどうやら決まったようです。運営はホテルグランヴィア京都のノウハウを使うようで、西側は「JR西日本ヴィアイン」として運営されるみたい。

そのうちの東側敷地の建設現場をチラリ。

もう本当の京都駅の真ん前です。これ・・・どっちも金額高いんだろうなあ・・・。

出来上がったら冷やかしに行ってみようと思います(笑)

最後に

京都駅の八条口側をてくてくと歩いて取材してきたのですが、驚くことにこれら、ほんの300m四方くらいの場所にひしめき合っています。

京都駅八条口を目印にマップを貼っておきますので是非ウロウロしてみてください。きっとびっくりすると思います(笑)

「ホテル以外なんにもないんじゃないの」と思われるかもしれませんが、コンビニやレンタサイクルなども充実していますので、こちらがわで遊ぶ準備をしっかり整えてから京都市内に出かけるのも良いと思います。また、観光に最適なバスなども出ているので、結構こちら側を起点に京都を楽しむのもOKだと思います。

変に京都駅の下をくぐってバス停で右往左往するよりも、実はこっちのほうが移動に便利かもしれない、と思ったり。

これらのホテルが完成すると八条口の再開発が一気に進むかも。こじんまりしていた八条口が脚光を浴びる日も近いのかもしれません!!

京都では何かと表玄関側が目立ちますが、またホテルのオープン等があれば更新してみたいと思います。

京都の会社で働く会社員。自分が見たもの、聞いたもの、経験したものを文章化する「レビュー系ブロガー」として記事を執筆中。WindowsPC、chromebook、iPhone7、iPad Proを愛用、ガジェットが大好き。カメラを持ち歩き、ロードバイクで走り回り、ハンモックでくつろぐ40代。詳しくはプロフィールページをご覧ください。Twitterフォローはこちらから

-ひとり旅, 趣味

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.