page contents

iPad ガジェット

【解決】iPad ProのカバーでApple Pencilが充電できない

更新日:

ペンシル接触部分を切り抜くことで密着、充電できる

待ちに待ったiPad Pro2018年モデルが到着し、さっそく開封してみました。購入したのは11インチのWi-Fiモデル。Apple Pencilも一緒です。

先日の発表会のようにiPad ProにApple Pencilをくっつけるだけで充電が始まるので便利だと思う反面、カバーをつけてしまうと四辺にカバーがついているためApple Pencilが直接接触できず、充電することが出来ません。

例えばこの商品。

商品説明にきちんと書かれています。

【ご注文前の注意事項】
①この商品は2018年秋発売のiPad Pro 11インチのみに対応して、他のモデル機種に適用されません。ご注文の際に、お手元機種ご確認をお願い致します。
②このケースは、Apple Pecilのペアリングとワイヤレス充電に非対応でございますのでご注意くださいませ。

そう、ケースをつけるとペアリングも充電もできないのです。ということは、充電するたびにカバーを外さなくてはいけない、ということ。

面倒くさい。

私もここ数日間iPad Proが到着するのを楽しみにしつつAmazonなどで「Apple Pencilが充電できるカバー」を探したのですが結局見つけることが出来ませんでした(見つけた方おられるのかな)。

もしかするとゆくゆくは出てくるかもしれません。しかし私はカバーをつけたまま充電がしたい。

そうだ、買ってから自分でカスタマイズしたらいいのか。私はカスタマイズしやすいカバーを探すことにしました。

ポリウレタンは熱加工しやすい素材

いろいろ探した挙げ句、私が購入したのはこのカバーです。

はい、これも先に注意してありますよね。【apple penciにペアリングや充電は不可】と。あとあとクレームがつくのがいやなのです。でもそのほうが良心的です。

このカバーはTPU(熱可塑性ポリウレタン)という柔らかい素材できています。そう、自分で加工ができるのです。

触ったことがある方ならわかると思うのですが、柔らかいのですがカッターなどを差し込むと引っかかる感じがあって切るのはちょっと難しいのです。

力の入れ具合によっては思いもよらない方向にカッターが進んでしまい「そんなところ切るつもりがなかったのに」などということにもなりかねません。

さて、そんなカバーを加工してApple Pencilをカバーをつけながら充電するカスタマイズを始めましょう。

必要なものはカッターと熱、です。

カッターを熱し「ヒートカッター」にする

先ほど書いた素材のTPUですが、カッターなどの刃物は引っかかって切りにくいのですが、熱を加えると簡単に変形します。

やらないほうがいいのですが、火で炙ると簡単にどろどろになります。その熱の弱さを利用して切るのです。

やり方は簡単です。

  1. iPad Proをカバーに入れ、Apple ペンシルをくっつけてみて「どの部分が邪魔になっているか」を確認
  2. 邪魔になっている部分の切り取るための目印をマジックなどを使って書く
  3. iPad Proをカバーから外す
  4. カッターの刃を火で焼いて高熱にし、カバーに押し付けて切る(簡単に切れます)
  5. 熱が冷めると切れが悪くなるので少しづつ熱の力を利用して切り込みを入れていく
  6. 溶けた部分は凸凹になるので最後に熱を加えないカッターで切り取る

写真を使って説明します。

カバーはこのように四辺をぐるりと覆うことでiPadが脱落しないようにしていますが、一部分程度を切り抜いたところで外れたりはしません。

完成図はこんな感じ。音量調整ボタンの下あたりから15cm程度を切り抜きました。カバーの厚みなどによって切り込む長さは変わるかもしれませんので、チャレンジする方は必ず自分のケースに合わせてカットしてください。マジックで印をつけてもあとで切り取ってしまうので問題ありません。

さて、切り込む方法なのですが

先に底面方向に刃先を差し込み、あとで横方向を切っていきます。切るというよりも熱によって「溶かす」イメージです。熱が冷めると切れが悪くなるので刃をカバーから抜き、また炎に入れて熱します。

どうしても溶かすことで凹凸が出来てしまうので、大まかに切り取った後は本当のカッターで切り取ります(凸凹を切るだけなのでゆっくり丁寧に切りましょう)

カッターで後処理するとこんな感じになります。

いきなりカッターで切るとまず失敗します。斜めに切れてしまったり力を入れすぎて余計な切り込みを入れてしまったり。

熱で溶かしながら切ることで余分な力を入れず大まかに切り取ることができ、大まかに切れたところで小さなハサミやカッターなどで凸凹を綺麗にしてやりましょう。

素材によっては三つ折りタイプなどのブックカバー仕様のものなどでもできるかと思います。ペンシルの厚み分だけ大きくなるのでカバーすることは出来ないと思いますが。

私の場合はそれを考えて安いTPUのカバーにし、持ち歩くときはバックインバッグの中に入れることにしました。

 

-iPad, ガジェット

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.