page contents

iPad ガジェット

【買いました】新発売のiPad Pro、リーク内容と比較してみた

投稿日:

今回のリーク内容はかなりの高精度、情報恐るべし

2018年10月30日、Appleから新製品の発表がありました。

発表になったのは3点、iPad ProMacBook AirMac miniです。

私はiPhone7からのApple愛好家なのですが、MacBookには手を出さずにいました。何度かチャンスはあったのですが。

それは「今使っているWindowsノート」が私にとって十分な性能であったこと、持ち運ぶ必要がなかったからです。

その後一人旅に出ることも多くなりモバイルパソコンとしてchromebookを購入したりもしましたが、拡張性や重量の問題で使いこなせずにいました。

そこで思い立ったのが「iPad」の購入。発売前からずっとリーク記事などを眺めながら「これが本当なら買おう」と狙っていたわけです。

で、まとめ記事などを見て書いたのがこちら。

【iPad】新型iPadpro購入を検討しているのでリーク資料をまとめておく

今回の発表で驚いたのがこのリーク資料の正確さ。情報元はすごいなと感じました。

せっかくなのでリーク内容を確認しながら新商品の性能をチェックしてみたいと思います。

リーク内容は

リーク内容をざっくりまとめたのがこちら。

リーク内容まとめ

  • 2018年10月末に正式発表?
  • サイズは2サイズ
  • 物理ホームボタンがなくなる
  • イヤホンジャックがなくなる
  • USB-Cポートの搭載
  • マグネットコネクタ
  • 水平FaceID
  • A12Xプロセッサを搭載?
  • 厚みが5.9mm
  • 新型Apple Pencilの使用が可能

ではひとつひとつ見ていきます。

2018年10月末に正式発表?

これは昨日(2018年10月30日)に発表されたので正解。

サイズは2サイズ

11インチと12.9インチが発表されたので正解。

11インチで178.5mm×247.6mm、12.9インチで214,9mm×280.6mm。これも事前に言われていた「ベゼル(額)レスデザイン」も正解でした。これまでのデザインと違ってベゼルが圧倒的に小さくなったことで11インチは全体のサイズは小さくなり画面は大きくなっています。12.9インチは画面サイズは同じですが全体サイズが小さくなっています。

物理ホームボタンがなくなる

見ての通りなくなりました。現行iPhoneと同じように指紋認証が廃止されています。

イヤホンジャックがなくなる

厚みが薄くなったこともありますがイヤホンジャックはなくなりました。ipodのように無線接続するタイプのイヤホンが増えたので正直私もいらないです。

USB-Cポートの搭載

これも正解。USB-Cというのは現行のLightningではないコネクタ形状なだけではなく多くのメリットを持っています。

  • 次世代規格「USB3.1Gen2 」による高速通信が可能(USB2.0の20倍、USB3.0の約2倍のデータ転送スピード)
  • 電力供給(最大20V・5A(100W)まで)、電力が供給もデータ通信もこのUSB-Cケーブルだけでできる
  • 制御モード(オルタネートモード)によっていろいろなコネクタと互換性がある(電源、USB、HDMIなどが一本化できる)
  • 形状が簡単(長丸)で上下の区別もないので差し込みやすい

USB-Cを使ってiPhoneの充電をしているシーンが発表会では映し出されましたが、充電はもちろんiPad Proで撮影した映像をモニターに出力するのにも使えます。

現在私が想定している使い方が「モニター+iPad+HHKB BT」という使い方。

Smart Keyboard Folioの購入も検討はしましたが、HHKBに慣れていると平べったいキーボードはストレスが溜まるのです。せっかくのBTモデルを持っているので一緒に持ち歩くつもり。

マグネットコネクタ

これははずれました。USB-C採用であれば無問題ですね。

水平FaceID

これもリーク通り。

物理ホームボタンがなくなったことで指紋認証からFaceIDに変更に。これは新しいiPhoneからの流れですが、タブレットによくあるポートレートモード(縦画面)だけでなく横画面(ランドスケープモード)でも顔認証ができることに。通常のタブレットのように縦画面で使う以外にキーボードなどを使用してノートパソコン的な使い方をするときには重宝されるはず。

A12Xプロセッサを搭載?

これもリーク通り。

iPhoneXSで採用された「A12 Bionic」をさらに進化させた「A12X Bionic」を搭載。

  • CPUは高性能コアが4基+省電力コア4基
  • A10X Fusionより35%、マルチコア性能は従来より90%も高速化

正直な所「すごい」のはわかるのですが「どのくらいすごいか」まではわかりません(笑)

ここまで言われてもまだ良くわかりません。1秒に5兆回も計算できなくてもいいじゃない、と思ったりもするのですがそれだけ高速で処理できるということですものね。

そんな私にはこれが一番納得しました。

そう、iPad Proはノートパソコンに対抗しようとしているのです。というかすでにきっと超えてますよね(あとはアプリなどの問題)

厚みが5.9mm

これも完全にリーク通り。情報本当に恐るべし。

11インチモデルは468gということで500mlのペットボトルより少し軽いくらい、持ち運ぶつもりのHHKBが540gなので2つ足しても1kg程度です。12.9インチとも迷ったのですが、A4サイズのコピー用紙を持ってきていろいろなところに置いてみたのですが「やはり大きいか・・・」ということになりました。

新型Apple Pencilの使用が可能

これも正解。値段もすこし上がりましたが「かゆいところに手が届く」仕様に変わりました。

  • 磁石でiPad Proにくっつけるだけでペアリング+充電
  • ペンシルをタップするだけでモード変更

私、絵が描けないのですがもしかして絵も描けるようになるかもしれません(淡い期待)

かなり高精度なリーク内容でした

こうやって見ると今までに出てきたリーク情報はかなり性格で、発表会を見ていても「答え合わせ」をしているような気分でした。

ただ、見ているうちに「それだけ高性能でワクワクするものだからさぞかし高いのだろう」と思ってドキドキしましたが。

持ち歩くことを想定して11インチを選び、自宅での使用がほとんどになることからWi-Fiモデルでいいだろう、iPhoneでiCloudは契約をしているしブログを書いたりするのがメインなのでストレージもそれほどいらないだろう、と考えた結果・・・

11インチiPad Pro Wi-Fi 64GB - シルバーと Apple Pencil(第2世代)を購入しました。

到着が本当にたのしみです!!!

docomoでも発売開始しています!


 

-iPad, ガジェット

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.