page contents

住まい・暮らし 美容・健康

首のヘルニアのために行ったところ、やったこと、買ったもの

更新日:

どこかで誰かの役に立ちますように

約1年前から首から背中、腕の痛みに悩まされていました。腕が痛いので湿布を貼ったりしても全く効果がありません。

最初は肩こりのひどいものかと思い、揉んでみたり叩いてみたりマッサージジェルなどを塗ってもまったく良化しませんでした。

治療方法もわからず、とりあえず鍼灸院で痛みの部分に鍼を打ってもらったりするのですが、そのときはなんとなく良くなった気がするのに翌日にはまた同じ痛みが。

常に痛みがあるので鎮痛剤を5時間おきに飲んで我慢するような生活をしていたところ、家族のすすめで接骨院に行きついに病名がわかりました。

「首ヘルニア」という名前で、正式には頚椎椎間板ヘルニアということ、原因や症状などを調べれば調べるほど自分の状態に合っていたこと、そして接骨院で治療が始まり完治するまではいかないものの、間違いなく良くなってきました。

腕や手に痛みがあるので腕や手の病気なのかと疑うのですが、首が原因のものということで気づかない人も多いのかもしれません。

かなり長くなるとは思うのですが、ここに首ヘルニアになってからのいろいろなことをまとめておこうと思います。

首ヘルニアとは

首ヘルニアは正式には頚椎椎間板ヘルニアといい、首の骨の間を通っている神経を骨などが圧迫することで痛みを感じるものです。

頚椎椎間板ヘルニアとは

このページは愛知県の「あいちせぼね病院」さんのホームページです。頚椎椎間板ヘルニアのことを丁寧にわかりやすく書いてあります。

人によって違いますし素人診察できるものではありませんので、気になった方は病院へ少しでも早く行くことをオススメします。

どんな症状か

首のどの骨とどの骨の間に問題があるかによって痛みの出る場所が違います。私の場合は首から背中、左肩から腕の後ろ側を通って小指までに痛みやしびれを感じます。

最初にも書いたように腕や肩、指などに直接湿布を貼ったりマッサージをしても良くならないのです。それは神経が原因だからです。

神経が圧迫されることで神経の延長する部分に痛みを感じます。筋肉のコリが原因ではないためマッサージなどでは治らないのが困るところです。

行った病院

原因もわからないのでたくさんの病院に行きました。どの病院がだめ、というわけではなくどの病院も熱心に診察してくれましたし治療してくれようとしました。それだけは分かっていただきたいです。ただ、私の場合には今も通っている接骨院での治療方法が合っていた、ということでご理解ください。

鍼灸院

肩から腕の痛みが「肩や腕の凝り」からのものだと最初考えていたので鍼灸院に行き診てもらっていました。痛みの出る部分を温めてもらったり、鍼を打ったりお灸をしてもらうことでその時は心地よく良化した気がするのですが、翌日から数日たつとまた元に戻ってしまいます。ただ、その鍼灸院で「姿勢の悪さ」は指摘されていたので姿勢を見直すことにつながりました。

整形外科

痛みがおさまらず、もしかすると骨に異常があるのではないかと思い行ったのが整形外科でした。首や肩、腕のレントゲンを撮ってもらい診察してもらったのですが「所見特に問題なし」とのこと、湿布をもらったのと痛み止めの薬を飲んで様子を見てくださいとのことで診察が終わりました。約1ヶ月ほど薬を飲み続けましたが薬をやめると痛みが再発するので通うのをやめてしまいました。

外科

中学生の頃から通っていた地元の外科の先生と懇意にしていたことからすべての状況を説明して診てもらいました。レントゲンを数点撮ってもらい、診察の結果が「首のヘルニアだ」とのこと。ここで初めて病名がわかりました。首が原因であること、首から伸びている神経が圧迫されることで指までの痛みが出ていること、貼り薬は全く効果がないことなどを教えてもらいました。

ペインクリニック

痛みの治療に特化した病院がある、と教えてもらいネットで検索したところ近所に「ペインクリニック」があったので診察してもらいました。レントゲンを撮ってもらい首のヘルニアで間違いないこと、ブロック注射で痛みは軽減されるだろうということで実際にブロック注射をしてもらったのですが、費用が結構かかること、平日しかあいていなくて仕事柄頻繁に通院できないことなどから諦めました。

ちなみにその病院ではブロック注射が1回3000円ほどだったのですが、良くなるのであれば続けていたかもしれません。

接骨院

ここが現在通院しているところです。レントゲンなどの設備はありませんが、症状を説明したところ「首ヘルニアで間違いない」とのこと、温熱治療をした後首を牽引してくれます。

2018年の1月から通いだして5月頃に症状が完治したのですが、7月ごろからまた痛みがでるようになったので通っています。週に2回から3回程度。

やってみたこと

原因がわからなかったこともあり、いろいろなことを試しました。何かを買って装着することなどは後述の「買ってみたもの」で書きますので、ここでは生活習慣や行動などで気をつけるようにしたことを書いてみます。

姿勢に気をつけるようになった

首に負担がかかると首から背中にかけて痛みが強く出るので、姿勢は以前よりも気をつけるようにしました。以前からもうひとつ気になっていたのが「スマホっ首」とも言われるストレートネック。

痛みがでると少しでも痛くないポジションに首を動かすのですが、つい首や顔を前に出しがちになってしまい余計首に負担がかかることに。

スマホっ首って何?(ピップマグネループ)

これによると、まっすぐ立った姿勢なら6kg、スマホをみるような顔を前に突き出したような前傾姿勢だと27kgもの負担が首や肩にくわわるとのこと、これによって首や肩の凝りや姿勢の悪化が進むそうです。

簡単にスマホっ首になっていないか確かめる方法があって、壁に背中を付けてピッタリと立ち、かかと、お尻、肩を壁にくっつけるようにします。その状態で頭が壁につけばセーフ、壁に頭をつかない状態の人はストレートネックがすすんでいる状態です(わかりにくくてごめんなさい)

ウォーキング

仕事もそうですし、このブログを書くのも「やや下を向く」ことが多いです。姿勢もそうですし、なるべく「上を向く=首をリラックスさせる」時間を作ろうということで夜間のウォーキングをはじめました。

歩きながら肩を回したり上を向いて夜空を眺めたり、大きく背伸びをしながら歩いたりと上半身を歩きながらリラックスさせるような動きをします。

これはかなり効果があるように思います。体も心もリラックス、肩こりもほぐれますし1時間で約5kmくらいですが程よく疲れてよく眠れるようにもなりました。

https://www.nubatamanon.com/entry/2018/08/21/014709

枕をやめた

これはつい最近なのですが、枕を使わずに寝ることにしました。枕が高すぎても首に負担がかかり、痛みが出ることがあるようです。

寝るときはちょっと違和感がありましたが翌朝起きてみると痛みが少ないことに気が付きました。枕が高いのも良くないようです。

リュック、肩かけバッグをやめた

首や肩に負担がかかるリュックや肩さげバッグをやめました。通勤のときにリュックを背負っていたのですが。なるべく手で持つようにして頻繁に左右持ち替えます。

背中になにかが当たるだけで神経にさわるので椅子の背もたれなども痛いのです。ちょっと困っています。

買ってみたもの

痛みを軽減しそうなものをいろいろと購入してきました。私にとっての○、△、×をつけて紹介してみます。

頚椎固定カラー ○

頭の重みは首で支えるのですが、この固定カラーを使うと首の重みを分散することができます。また、しっかり固定することでストレートネックのように「顔を前に出す」ことができなくなるのでストレートネックの予防にも使えます。

見た目が物々しいので外につけていくと「むちうちにでもなったの?」と驚かれるのと、長時間使用すると首の筋肉自体が衰えるそうなので自宅でパソコンを使った作業などのときに使っています。

首サポーター ×

頚椎固定カラーのように首をサポートしてくれるかと思って購入したのですが、スポンジではやはりサポートするまでの効果はありませんでした。また、汗をかくので洗ったところ、見事に縮んでしまい使用不可能に。この手の商品を買うのであれば頚椎固定カラーを買ったほうがよさそうです。

ネックストレッチャー △

これを首に装着し、エアーを送り込むと膨れて首をサポートしてくれる、という謳い文句の商品です。この商品だけかもしれませんが素材が柔らかく、首をサポートする前に頬あたりまで膨らんでいきまるで「にらめっこのあっぷっぷ」をしているような状態に。そしてやはり息苦しい。

商品によっては効果があるかもしれませんが、素材の硬いものを選ぶといいかもしれません。

手提げトートバッグ

肩さげバッグ、リュックをやめるために購入しました。頻繁に左右交代しながら持つので左右のバランスがよくなります。値段もそれなり、生地のあつみもそれなりです。

パニアバッグ+自転車キャリア

自転車通勤でメッセンジャーバッグ、リュックをやめるために自転車後部に取り付けられるバッグを購入しました。後方の確認もしやすくなりましたし痛みがかなり軽減されました。

自転車通勤のロードバイクにパニアバッグを装着したら予想以上に快適だった

抱きまくら

枕を使わずに寝るようになったのですが、横を向くと首が床に向いて倒れるため痛みがでます。横を向くときだけ抱きまくらを使うことにしました。

寝ているときに自然と使っている自分にびっくりします(笑)

グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン

なんとなく良いのではないかと思い購入、効果はよくわかりませんが膝の痛みが軽減したような気がします(違うところに効いているのでしょうか笑)

老眼鏡

目の疲労は首や肩が凝るらしいので老眼鏡を購入、なんでもっと早く買わなかったのかと後悔するほどよく見えます。スマホを見るときにも顔を近づけなくて済むようになりました。

40代で初めての老眼鏡を購入、鯖江製は軽量でフィット感抜群

最後に

治療が長引いたり痛みが強く出るので首のヘルニアは本当に困ります。ブログを書く頻度も下がりますし集中力も失われがち。

しかし治療のおかげで少しづつ痛みが軽減してきたしいつか完治すると思っています。

もし同じような痛みがあって「原因がわからない」と思っているのならぜひ病院へ。それも一軒だけではなくいくつかの病院を回ってみるのをおすすめします。

レントゲンも撮り方に寄っては判断がつかないケースもあるようですし、セカンドオピニオンは大事だと思いますので。

いつかどこかで誰かの参考になれば嬉しいです。

-住まい・暮らし, 美容・健康

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.