スポーツ 自転車

自転車通勤のロードバイクにパニアバッグを装着したら予想以上に快適だった

更新日:

LINEで送る
Pocket

リュックやバッグの暑さ、重さを一気に解消するパニアバッグ

ロードバイクで通勤(往復で約15km)するようになってはや2年が経ちました。

夏の暑い日も冬の寒い日も土砂降りの日もカンカン照りの日もほぼ毎日自転車通勤です(さすがに雪の日は妻に送ってもらいますが)。

弁当を入れたり着替えを持っていったりするため、バッグはそこそこ大きなものが必要で、これまでTIMBUK2のメッセンジャーバッグを使ったりORTLIEBのVelocityを使ったり。

TIMBAK2クラシックメッセンジャーを手洗いしてみた

オルトリーブのヴェロシティは鉄壁の防水リュック!(ORTLIEB VELOCITY 24L)

ところが。去年の冬から首を痛めてしまい(首ヘルニア)、ロードバイクの前傾姿勢が辛いのと、リュックやバッグを背負うと患部にあたってめちゃくちゃ痛いのです。

この夏の休暇も自転車で遠出したいと思いつつ、走ってる途中で痛みが出たら辛いだろうということで結局どこにも行かずじまい(温泉にいきました笑)

秋になると仕事も繁忙期になるし、少しでも痛みを和らげながら生活をしたいと思ったわけです。

そこで、今回は思い切ってロードバイクにパニアバッグをつけて、「背負っていたものを自転車後部に積む」ことにしました。

パニアバッグ(サイドバッグ)とは?

MabelAmber / Pixabay

パニアバッグはパニアとバッグを合わせた言葉で、もともと馬やロバなどに荷物を積むための鞍につけたカゴをパニアと言ったことから、それをバッグにしたものをパニアバッグと呼ぶようになりました。パニアバッグと呼んだりサイドバッグと呼んだりすることもあります。この記事では統一して「パニアバッグ」と呼ぶことにします。

自転車で旅行に行く人などは自転車の前後にパニアバッグやサイドバッグをたくさんとりつけて衣服を入れたりテントなどをくくりつけて走っていたりします。

通勤なのでそれほど多く取り付ける必要がないので、とりあえず後ろの左右に取り付けよう、というのが今回の私の狙いです。

ロードバイクにパニアバッグ?

ロードバイクというのは「楽に、遠くへ、速く」を目的とした自転車だと考える人が多いです。数万円の手頃な価格のものから数百万円もするようなものまで。

それはバイク自体の素材(鉄、アルミ、カーボンなど)の違いと、ギヤやブレーキなどのパーツなどのメーカーやグレードによる部分が大きいです。軽ければ軽いほど、細かい動作ができる(変速など)ほど価格が高くなります。私の場合は15万円ほど、速くはしるというよりはロングドライブなどを楽しむような姿勢で走るスタイルのバイクです。

ロードバイクGIANT CONTEND SL1の初乗りレビュー

このロードバイクで琵琶湖を一周(200km)することもありますし、そのときは少しでも軽量化するためにパーツをなるべくはずしたり、ドリンクは現地調達したりします。そんなロードバイクにパニアバッグをつけることに最初は抵抗もあったのですが・・・

メリットとデメリットを考えると今回は「よし、取り付けてみよう!」と思いました。

パニアバッグ(サイドバッグ)を取り付けるメリット

  • リュックやメッセンジャーバッグを背負うことによる痛みや背中の暑さから開放される
  • 重心が低くなるので走行時の安定性は高い(リュックやバッグなどは高い位置にあるため)
  • ハンドルバッグ(フロントバッグ)、前カゴに荷物を入れるよりハンドル操作しやすい
  • 重い荷物を運ぶことが出来る
  • 荷物を背負わない分自分が身軽になるため振り向いたり体を捻るような動作がしやすくなる

一応デメリットも考えてみたのですが、この程度だったもので。

パニアバッグ(サイドバッグ)を取り付けるデメリット

  • 重量が増える(バッグの重量+固定用キャリア)
  • 外観(ロードバイクにパニアつけてるわ、的な)
  • 取り外しにくさ(種類による)
  • 種類によっては中の物が濡れる、等々バック素材の問題

ということで、パニアバッグを取り付けるためのキャリアとバッグのセットの選定に入りました。

キャリアはTOPEAKのスーパー ツーリスト DXに

キャリアというのはパニアバッグを自転車に固定するためのもの。学生の通勤用自転車などには最初からついていますが、クロスバイクやシティサイクル(ママチャリ)にはついていなかったりします。

キャリアと自転車はネジで固定する必要があり、自転車の種類によっては「ダボ穴」と呼ばれるM5のネジ穴がついていない場合があります。

今回、私のロードバイクにはギヤ部分のフレームにはダボ穴あり、リアブレーキ部分のダボ穴はないタイプでした。ここは自分の自転車で確認しないといけない部分なので気をつけましょう。

ギヤ部分のフレームにダボ穴がない場合はこういう部品を別途で購入してホイール部分に挟み込みます。

created by Rinker
ビバ(VIVA)
¥864 (2018/09/20 11:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

リアブレーキ部分のダボ穴がない場合はこういうシートポストクランプを購入する必要があります。これをダボ穴の代りにして固定するわけです。

created by Rinker
グランジ(grunge)
¥773 (2018/09/20 11:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

が!!このシートポストクランプ、注文してたつもりがカートに入ったままでした。近所の自転車屋さんを2軒ほどまわったのですが「取り寄せになります」とのことだったので諦めてAmazonで買いました。

「カートに入れた後はちゃんと購入するまで確認する」←大事です!!

とりあえず取り付けはしておきたいのでシートポストクランプの代わりに結束バンドで固定します(真似すると危険なので写真は載せません)

このTOPEAKのスーパー ツーリスト DXを選んだ理由は

  • 軽量であること(約700g)
  • 見た目が細身であること
  • 最大荷重が25kgあること

私の通勤の荷物が結構多いのです。天気が悪いとレインウェアと長靴が加わるし、水筒にお弁当箱にChromebook、財布にモバイルバッテリーなどを入れると結構な重量になります。帰り道はお弁当と水筒が空になってるとはいえ背中にずっしりくるのは確かです。

サイクルキャリアとして一番有名なのはミノウラのMT-800Nというもの。クロスバイクの方などからは大絶賛されていますね。ミノウラは自転車パーツのメーカーとしては有名ですし真面目な製品づくりをされています。僕のサイクルラックはミノウラさんのですし(あとでちらっと出てきます)

created by Rinker
ミノウラ(MINOURA)
¥2,300 (2018/09/20 11:42:02時点 Amazon調べ-詳細)

値段は2000円台前半と安いのですが、重さが1.2kgある上に耐荷重は18kg、見た目はがっしりしてるのですがちょっと惜しい。せっかく購入するのであれば妥協はしたくなかったのでこちらを選びました。もう一点、ロードバイク用に細身のサイクルキャリアがあるのですが、

created by Rinker
ミノウラ(MINOURA)
¥5,962 (2018/09/20 11:42:02時点 Amazon調べ-詳細)

耐荷重が7kgしかありません。弁当と水筒、Chromebookやカメラなどを持ち歩く私のリュックは割といつも重いのと、雨の日には長靴やレインウェアを積みたいことを考えると7kgではちょっと不安。

これらを踏まえてTOPEAKの製品を選びました。

これがギヤ側のダボ穴を使って固定した部分。自分の自転車をよく見て注文しましょう(無駄に買うのももったいないので)

このブレーキの上あたりにダボ穴がついている自転車もありますが、私のにはありません。あったとしてもブレーキとキャリアが干渉してしまい取り付けられない場合もあるので気をつけましょう。

※明日部品が来たらここに写真を貼ります(笑)雨の日でも乗るのでスチールの部品は残念ながら錆びてしまっていますがこれも私の自転車の「味」として大事にしています(メンテ不足)

パニアバッグはORTLIEBのバックローラー シティ 40L

ORTLIEBはドイツの自転車バッグメーカーですでにいくつか愛用しています。これは サドルバッグLサイズ。2.7リットルサイズですが遠出するには十分な量が入ります。

通勤に使っていたリュックはORTLIEBのVelocity。鉄壁の防水で本当に雨水なんて全く入りません。(記事は最初のほうにご紹介しています)

生地自体が軽くて強い上に、縫製せず溶接することで水が全く入らない仕組み、そしてVelocityは上をクルクルと巻いてベルクロ(マジックテープ)で止めるだけの簡単さ。確かに中に仕切りがないなどの使いにくさはあるものの、放り込んだら勝ちという使い勝手の良さもあったわけです。さてそれを踏まえて今回のパニアバッグも当然ながら私はORTLIEB一択。

一応他社の製品もチェックはしたのですが、求めるスペックを考えるとORTLIEBに戻ってきてしまうというジレンマ。

  • 完全に防水であること
  • 軽量であること
  • 荷物が詰めやすいこと
  • 容量が多いこと
  • 使い勝手の良さ
  • 着脱の容易さ

ORTLIEBの生地(ファブリック)は本当に優秀。Velocityを2年間使ってるけどほつれもなければ穴も開かないしベルクロが悪化することもない。水は完全にシャットアウトするし誰に聞かれても「これ」と勧められるのがORTLIEBの製品。

そして今回選んだのがORTLIEBのバックローラー シティ。容量は40L

左右セットでこの値段、Velocityと値段が変わらないのです。お得感があります。そしてこの商品も5年間の保証付き。

さて、商品を見ていきます。

バッグ中央の「ORTLIEB」と書いてある少し下あたりにバックルの反対側があります。上部をクルクルとまるめてバックルで留める仕組み。簡単ですがこれが一番水が入らない。

このバッグで嬉しいのは自立してくれるところ。そこに硬いフレームが入っているのでシャキッと立ってくれるのです。荷物が詰めやすいし安定するのですごく嬉しい。

裏側にはキャリアに固定するための仕組みがいくつか取り付けられています。

持ち手になる部分にもギミックが仕掛けられていて実に面白いのでご紹介。ちなみにこの金具は左右にずらすことが出来るのでたくさんの種類のキャリアのサイズに合わせることができますよ。

このバッグの持ち手とキャリア固定部分の金具が連動していて、持ち手を引っ張るとロックが解除されるんですよ。

言ってる意味がわからないって?これは今持ち手を引っ張ってる状態。ロックが解除されているのがわかりますか?この状態ならキャリアの棒を掴むことができますよね。

これをキャリアにセットする=持ち手を緩ませると・・・

カチャッ、と爪が出てキャリアの棒を挟み込みます。こうなると持ち手を引っ張らない限りロックが解除されません。バッグを取るために取っ手を掴むとロックが解除されるなんてものすごく理にかなった仕組みだと思いませんか?

金具はこのようなレール上にあるので、左右に動かすことができます。ちょうどいい部分が決まったらネジで固定します。もちろんあとで変更することもできますよ。

バッグの上部はこうやって固定するのですが、下の方は固定できないのかという疑問に答えましょう、こういうもので引っ掛けておきます。キャリアの支柱を挟むこむように尖った金具をスライドさせて固定します。

上部のフック2箇所とこの三角の部品の3カ所で固定するとまあ頑丈に接続されています。安心して走れますねこれは。

この金具の位置も動かすことが出来るのでそれぞれのキャリアに合わせることが。

しかしまぁいろいろ考えて作ってあります。いかに簡単にしっかりと微調整が効くようにしてあるか。さすがORTLIEBという感じがします。

そう、さり気なく雨水が入らないようにするガードにさりげなく書かれた「made in Germany」。このメーカー本当に好き。

明日の通勤が楽しみ!

とりあえず出来上がったのはこんな感じ。

荷物をほとんど入れなかったからかもしれないんですが、持ち上げるとそれなりに重さは感じるんですけど走ってしまうと違和感があまりない。

とりあえず明日仕事に行ってみて、帰ってきたらシートポストクランプを取り付けて再Upしますね。感想はその時に!

LINEで送る
Pocket

投稿記事の下関連記事

-スポーツ, 自転車

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.