あれこれやそれこれ

ぬばたま

ガジェット パソコン環境

夏までにノートパソコンやPS4に熱対策。すのこなどおすすめ商品

更新日:

ノートパソコンやPS4など精密機器は熱対策で暴走に注意

現在仕事やインターネットのためにNECのノートパソコン、ゲーム機としてPS4を愛用しています。

この2つの精密機器はCPUやメモリ、ハードディスク(ノートパソコンはSSD)、光学ドライブなど発熱するものが一つの箱の中に密集していて、作動する時に熱が発生します。

内蔵のファンが周りの空気を吸い込み機器内の空気をファンで排出する仕組みになっているため、壁から離してやれば放熱には良いとも思うのですが、実際PS4の後ろ、ノートパソコンの側面からはかなりの熱風が出てきてびっくりします。空気がうまく流れないと排熱した空気をもう一つの機器が吸い込んで「熱風を吸い込む」ことにもなりかねません。

少し調べてみましたが、PS4の動作環境温度は5℃から35℃とされています。真夏には昼間の気温がすでに30℃を越えているので、ちょっとした発熱で動作環境温度を越えてしまいます。パソコンもだいたい同じで5℃から35℃くらいを適正温度としているメーカーがほとんど。夏場はあまり余裕がない状態なのですね。

部品にもよるのですが、パソコンやPS4などのゲーム機を動かすためのCPUは40℃から80℃、記憶装置としてのハードディスクは30℃から50℃くらいで使用してほしい、と表記されているものが多いです。

最近のパソコンは熱対策がある程度なされていて、パソコン本体に問題が出るような高温になった場合、電源が自動的に落ちるようになっています。これはCPUなどのパーツが故障してしまうのを防ぐためなので、わざと電源を落としてしまうのですね。

しかし、私が愛用しているような古いパソコンはそういった設定がありませんので、高温になり続けるとCPUやグラフィックボード、HDDなどのパーツ自体が破損してしまうとのこと。大事なデータが入っていたりするのでそれだけは避けたいところです。

PS4についても調べてみましたが、これも熱で暴走やフリーズなどをする前に電源が落ちるようになっていました。ひと安心です。

通気性の悪い場所で"PS4"・"PS3"・"PS2"・"PS"を置いて遊んでいる…

本体が過熱し、故障の原因となる場合があります。
風通しを良くするために、壁から10センチ以上離して設置すること、密閉された狭い場所(AVラック等)には設置しないこと、布などで包まないこと、通風孔をふさがないこと、以上のことをお守りください。
※プレイステーション製品は通気性の悪い場所で使用すると本体の熱を冷まそうと冷却ファンが高速回転しファンの音が大きくなります。
さらに冷却が追いつかない場合は故障防止のため自動的に電源が切れる構造となっています。このような環境での使用を繰り返すと故障やけがの原因となりますので、必ず風通しのところに置いて遊びましょう。

故障を防ぎ、安全にご使用いただくために

では、実際私が使用しているのノートパソコンがどのくらいの状況なのかをフリーウェアSpeccyで調べてみました。

CPUは結構高めで、外付けハードディスクも狭いところに押し込んであるので高めでした。夏の長期休みなどはフル稼働させるので、しっかり熱対策はさせたいところ。

熱対策として良いのは「冷やすこと」または「空気を通しやすくする」こと。壁際に置いたりしないことはもちろん、本体の周りを空気が流れるような仕組みにするのが一番だと考えました。

本体の下に風を通すための激安冷却グッズを見つけた

夏場は空気の循環を良くするためにエアコンをつけたり扇風機を回したりします。とりあえずは風を当ててやるのが熱対策の第一歩。これは普段使っている扇風機です。

タワー型スリム扇風機3つのメリット【静音、弱風、省スペース】

場所を取らず静かなスリムファン、日立のHSF-DC910を購入してのレビュー記事です。DCモーターのメリットを最大限に活かした「優しい風」を作るオススメの扇風機をご紹介します。

続きを見る

テーブルとPS4やノートパソコンの間にスペースを作れば空気が通るので、熱を逃すのに良いだろうと商品をいろいろ見ていると・・・いいものを見つけました。木製すのこ、です!

たまたま100均でみつけたのがコレ。

大きさがノートパソコンに近い35㎝×25㎝。他にも40㎝×20㎝なども売っていました。

細い木材を組み合わせて作るすのこは、畳んで片付ける布団の通気をよくしたり、押入れの風通しをよくするために使われるもの。購入したのはそれの小型版です。

扇風機は夏によく使うのでPS4とノートパソコンの下にすのこを敷いてやり、風を当てれば十分な熱対策に使えるのではないかと考えました。

もちろん、専用ファンや通気口を掃除するためのエアダスターなどもあればいいのでしょうが、頻繁に電源が落ちたりするような不具合が起きなければこれでとりあえず様子をみてみることに。

本体+すのこは効果あり!

とりあえずPS4をすのこの上に載せてみるのと、モニターをすのこの上に。このテーブルの下にあるノートパソコンの下にもすのこをいれてみました。

ちなみに、PS4の中央辺りに刺さっているUSBアダプタはBluetoothイヤホンやヘッドフォンに音声を飛ばすことができるのです。これは本当に便利。

Creative BT-W2を使ったPS4のワイヤレスイヤホン接続レビュー

目次入力しかできないはずのBluetoothを音声入出力できるようになるCreative BT-W2理想のゲーム環境にはBluetoothイヤホンが是非欲しかったPS4のイヤホンをワイヤレス化するには ...

続きを見る

見た目が風流?になったというのはさておき、もう一つ利点を見つけました。すのこの下は当然ながら隙間があいているので、そこにケーブルを通すことができるんですよ。

たとえば私が愛用しているHHKB(キーボード)は無線式ではなく有線式なのでUSBケーブルが邪魔になっていました。ところがケーブルをすのこの下に通してノートパソコンに接続するとケーブルが全然邪魔にならないんですよね。

モニターの下にはUSBのハブがあるんですが、これもケーブルをすのこの下に通すようにしてやったらすごく配線がきれい。これは便利でした。iPhoneやPS4コントローラーの充電ケーブルなどもこの下を通してやるとごちゃごちゃしないし、使わないときは丸めてすのこの下にすっと差し込んでおくとスマート。これは便利でした。

空冷すのこ効果でパソコンのCPU温度が下がった!

さて、実験の成果なのですが。

すのこに乗せただけでCPUの温度は5℃下がりました。HDDの温度は下がっていないのですが、これは気温が30℃近くあるのでしょうがない部分があるのと、外付けHDDは何も手を加えていないので、使用時間が増えた分温度が上がってしまっています。

これもすのこなどでテーブルから少し持ち上げてやるのと風を通すことができれば温度を下げてやることができそうな気がします。

ノートパソコンの冷却ファンなどを買うと1000円以上は軽くしますし、100円均一の商品で効果があるならぜひオススメです。ただし、扇風機などで「風がきちんと循環する」環境が必要です。

エアコンを使っているのでパソコンやPS4に直接風が当たらない状態の方や壁沿いに固定設置している方なら冷却ファンで無理やり排熱を手伝うグッズの購入も。値段もそれほど高くありませんので。

アルミのすのこはさらに効果があります!

木材は熱を伝えにくいのですが、金属は熱を伝えやすく、鉄よりもアルミニウムは3倍の熱伝導率を持っています。それを使っているのがアルミのフライパンですね。

パソコンやPS4から出た熱を効率よく空気中に放り出すにはアルミのすのこを敷くのも効果的です。下駄を履かせるように持ち上げてやればさらに放熱効率がよくなります。

これはキャンプ用品の小さなテーブルですが、耐荷重が30kgとデスクトップやノートパソコン、モニターを載せてもびくともしません。

テーブル下のスペースが約10センチほどあるので小物を入れたりキーボードを収納することもできます。ブランドに興味がなければこんな割安品もあります。性能はほぼ同じです。

ペット用のアルミすのこもあります。サイズ的になかなか良さそうですよ。

アルミすのこを購入、ノートパソコンに使ってみました

Amazonでアルミのすのこを買ってノートパソコンを載せてみました。

テーブルの上にこのTakelablaze ローテーブルを直接置くと足がアルミのため滑ってしまいます。机に接触する部分にビニールテープをはり(赤く見えている部分です)滑り止めにしています。高さが10cmほどあるので、その下の部分が空間となり、ヘッドフォンや予備マウスなどの収納場所にすることができました。これは結構便利でした。

ノートパソコンの左側中央(写真の奥の方)に見えているのが排熱する部分で、ここからかなり温かい空気が排出されてきます。ノートパソコンの下もけっこう温かいので、夏にはかなりの放熱が期待できます。

また夏の暑い時期になったらSpeccyで計測してみますね。

-ガジェット, パソコン環境
-

Copyright© ぬばたま , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.