スポーツ テニス

NIKEのテニスシューズ、エア ズーム ヴェイパー Xはオムニコートとの相性バッチリ

更新日:

LINEで送る
Pocket

テニスシューズをアシックスからNIKEに

四十の手習いで始めたテニスはかれこれ1年半。

何もわからずとりあえずいろいろ買ったテニス用品も、なんとなく「何がどうなのか」が分かってきました。

ラケットは最初に買ったBURN100LSを手放してBLADE98に。

WilsonのBLADE98CV(16×19)を購入、BURN100Sとの比較など

BLADE 98 (16X19) CV BLACK EDITIONの使用レビュー。BURN100Sとの比較

そしてテニススクール入会と同時に買ったのがオムニコート用のテニスシューズ、アシックスのプレステージライト。

1年半履き続けたこともあるのでそろそろ買い換えようかと決意しました。

1年半の感想と次のシューズに求めることをいろいろ考えながら購入レポートです。

アシックス PRESTIGELYTEはどうだったか

1年半使ってみた感想です。

  • 軽量モデルであり実際に軽さを感じる
  • 砂が少なめのオムニコートだが滑ったりひっかかったりせずちょうどよかった
  • 実際の足(普通は26cm)より大きめの26.5cmを買ったのに少しきつめだった(足の指の先に余裕がない)
  • メッシュが細かかったので砂が入ったりすることがなくて快適
  • 普段履いているスニーカーなどに比べると表面が固く、強くつま先が曲がる動作をすると小指あたりが痛い
  • かかと部分がへたったりすることもなく品質は良いと思う

スポーツシューズによくある「0.5cm大きめに」などをレビューなどでチェックして買ったのですがさらにキツめでした。でもこれがあと0.5cm大きくなるとちょっとつま先が余りすぎなのかも。

シューズが全体的にホールド感を良くするためなのかカチッとしているので窮屈に感じるのかもしれません。

これは靴を履いた状態でつま先立ちした状態。足の先に強めのシワが入り指を圧迫します。ホールド感もほしいのですが指先は少し柔らかめのほうが良かった気がします。

このあたりを踏まえて次のシューズを買おうと思ったのですが、もう一つ大事な要素が。それは「NIKE」のシューズにしたいということ。

いや、フェデラーが好きなのだけが理由じゃないんですけどね。インナー以外のウェアがNIKEで統一されているので、というのがメインの理由。

テニスウェアはあえてテニスブランドにこだわらないほうがいい

NIKEのシューズはオールコート用にした

NIKEのテニスシューズもいろいろあるのです。ハードコート用、オールコート用、クレイ用などなど

通っているテニスコートは砂がすこし少なめのオムニコート(砂入り人工芝)砂が少ないのでひっかかりがすこし強く、止まりすぎて足に負担がかかるときが少々。

今回はオールコート用をチョイスしました。エア ズーム ヴェイパー X HCです。サイズは27cm、アシックスよりさらに0.5cm大きくしました。

購入したのは楽天のゼビオさんだったのですが、サイズ返品は可能ですし多少大きいだけならインナーで調整できますから。

普通のスニーカーのように足先はメッシュだけなので曲げ伸ばししても違和感がありませんし、動きやすいです。

重量は今まで履いていたasicsのプレステージライトが700gだったのに対して、このエア ズーム ヴェイパー X が740g、履いた感じではあまり差がわかりません。

ケーキなどの材料を計るはかりに靴を載せる暴挙、妻が見たら発狂しそうなので(笑)いちおう紙を敷いてありますがヒヤヒヤしますね。もちろん靴は新品なのですが(言い訳)

かかとの部分が固くカッチリとしているので収まりがすごく良く、左右に振られても足がぐらつくことがありません。

NIKEのホームページをチェックしてみた

NIKEの公式ページでエア ズーム ヴェイパー X HCをチェックしてみます。

  • スピードに対応する超軽量デザイン
    Nike Zoom AirとDynamic Fitシステムを採用したナイキ エア ズーム ヴェイパー X HC メンズ テニスシューズは、ハードコートで究極のコントロールを発揮する一足です。
  • 確かなフィット感
    土踏まずの底部からシューレースまで、足をしっかりと包み込むDynamic Fitシステムが、グローブのようなフィット感を実現します。
  • 高反発のクッショニング
    ヒールのZoom Airユニットが、プレー中ずっと高反発の薄型クッショニングを提供。
  • すばやい動きに対応する安定性
    足の外側を包みこむフルレングスのTPUフットフレームが、どんなターンやスイングにも安定感をもたらします。

確かにフィット感は良いです。かかとから甲にかけてしっかり包んでいるのがわかります。見た目はスニーカーのようなのに底側からしっかりと支えてる感じがあります。

靴底のパターンはあまり深くありませんが、外側がしっかり高くなっているので左右への踏ん張りはすごく良さそうです。

履いてレッスンに出てみました

月曜日のレッスンにこのエア ズーム ヴェイパー Xを履いてみました。

よく言われる「オールコート用でオムニに出ると滑りやすい」というものが完全に覆りました。以前履いていたasicsのPRESTIGELYTEと同等のグリップの良さです。

球出しなどでの安定したストロークはもちろん、試合形式のときでも滑ったりつまづいたりすることもなく、しっかりオムニコートと靴が合っている感じがしました。

NIKEで「オムニコート用」とうたっている商品がないように思いますが、このエア ズーム ヴェイパー Xはオムニコート用と言っても良いくらいの商品だと思います。

NIKEは履きたいがオムニコート用が見つからずどれを買ったらいいかがわからない、という方がおられたらぜひおすすめしたい商品でした。

購入を検討している方がおられたらぜひ。

 

LINEで送る
Pocket

投稿記事の下関連記事

-スポーツ, テニス

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.