スポーツ テニス

WilsonのBLADE98CV(16×19)を購入、BURN100Sとの比較など

更新日:

LINEで送る
Pocket

BLADE98CV(16×19)はテニス肘解消とやわらかタッチでコントロール重視?

さて、とある夜。ネットを眺めていると「使わないラケットを高価で買い取ります」という広告を見かけました。

そういえばBURN100LSは最近全然使ってなかったんだよなぁ、と思い立ちます。100LSを買ってから2ヶ月くらいで100Sを買ってしまったので、そこからはほぼそっちを使いっぱなし。

テニス初心者がWilson BURN 100LSとBURN100Sを使った感想と比較をまとめてみる

100LSは280gとやや軽めで取り回しはいいんですが、強いボールにはちょっと押されるしベースラインからのラリーをするとちょっと弱い感じがする。100Sを使うとそれが顕著に分かってしまったので、余計使わなくなってしまったのだけれど。

「このまま持っていても仕方がないし、もし使ってくれる人がいるなら手放してしまったほうがいいだろうな」と。屋内で使用していたし大事に大事に使ったので超美品。女性でも扱うことができるだろうし初心者にはばっちりのラケットだと思うので買い取りをしてもらうことにしました。

いろいろ探してみると、楽天市場の「楽天買い取り」を利用したテニスラケットの買い取りをラケットショップロブ 楽天市場店さんでやっているのを発見。そちらを利用することにしました。

が・・・目を引く広告を発見。

ラケット同時購入で買取金額が2000円Up!だと!!!

一本手放したらもう一本欲しくなるの法則

100LSを手放してしまうと残りは100Sのみ。ガットを張り替えたりすることもあるしもう一本は欲しい。でも同じ100Sを買うかと言うとちょっとそこまで、というのはある。

これはものすごく感覚での話なのですが

  • 硬い
  • 思ったほどスピンがかからない
  • インパクトの衝撃をもう少し柔らかくしたい
  • 固くて反発があるので打球自体は速いと思う
  • スピンがかからないとすっぽ抜けてしまうボールがちらほら

そして一番の問題はテニス肘。年齢の事があるのでどうしようもないのですが、ワイパースイングなどの「上下」の動作をあまりできないのです。1年ちょっと100Sを使ってみて、欲を言えばこんなラケットのほうがいいのかなと思った部分が

  • もう少し柔らかいラケット
  • 反発よりも粘り気があるようなラケット
  • 反発よりもコントロールの良さそうな食いつき感
  • スピンのかかりやすさ
  • ベースライナーよりも前に出て勝負したいイメージ

だってベースラインで打ち合いしたって疲れたらこっちがミスするのだから(笑)年齢には勝てないのです。

ということでBLADE98CV(16×19)を買うことにした

そんな条件でラケットを探していると目についたのがこちら、BLADE98CV(16×19)。

BLADE 98 (16X19) CV BLACK EDITION

“しなり”“やわらかさ”“パワー”の3要素を満たすBLADE 98 16x19 CVにBLACK EDITIONが登場。

この3要素、僕がズバリほしいと思っていたそのもの。

素材と形状でそれらを補った上でカウンターヴェイル。知らなかったのですが衝撃を吸収するカウンターヴェイルは自転車のブランド「Bianchi」が生み出した技術。

BIANCHI CV INTEGRATED VIBRATION CANCELLING SYSTEM

「Countervail®(カウンターヴェイル)」(特許取得品)とは、振動を除去する他に類を見ない革新的な素材です。 マテリアル・サイエンス社と共同開発することで生まれたこのBIANCHI CVシステムは、独自のカーボン繊維構造と粘弾性を持ち、 フレームとフォークの剛性と強度を向上させながらも最大80%の振動を除去することができます。

確かにロードバイクに求められるのは剛性、強度、振動吸収性、そして軽さ。僕もロードバイクに載るのでわかりますが軽量は武器になりますからね。

画像はこちらからお借りしました。

もちろん購入を検討するにあたってレビュー等を参考にさせてもらったのですが

  • 振動吸収性が良くなり扱いやすさがUpしている
  • スピンが効いてコントロールしやすい
  • 反発力が控えめ(ラケットの厚みが薄いことによる)
  • ボールのコンタクトを長めに感じさせてくれる「しなり」感
  • ラケットでボールを掴んでコントロールしていく感じ
  • バランスがややヘッド寄りなので振り抜きやすい

なかなか良さそう。WilsonのHPで製品の比較ができるので3本並べてみました。

100Sと比べても重さもバランスもほとんど変わらないのですが、フレーム厚がやっぱり薄めなのでしなりがありそうだな、という感じと、ストリングパターンが16×19になるとスライスやボレーのタッチがよくなると言われています。これも楽しみな要素。柔らかさというのはきっとテニス肘にも優しいと思います。もともと柔らかいタッチでテニスするほうが得意なのもありますし。

そして見つけてしまいましたブラックエディション。

最安値は私が探した限りではこちらでした。

このお値段だったら良いでしょう。下取りの金額がいくらになるかもちょっと楽しみなのですが。ということで購入しました!

到着!!!

と、つい一昨日注文してすでに到着しております。

ふふふ、黒いですね。黒いです。

ガットは通ってるテニススクールのコーチと相談しておまかせすることにします。なので実際に使えるのは来週に日曜日ということになりそうです。

新しいウェアも買ったし来週は新品のデビューが楽しみです!

そしてインプレッションに続きます。想像以上に相性が良かった!

BLADE 98 (16X19) CV BLACK EDITIONの使用レビュー。BURN100Sとの比較

 

LINEで送る
Pocket

投稿記事の下関連記事

-スポーツ, テニス

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.