page contents

エンタメ

Amazon Prime Musicで聞き惚れてる懐かしいアルバム2018年7月号

更新日:

古き良き頃のアルバムを聞ける幸せを噛みしめる

Amazonユーザーの私はAmazonプライム会員になっているわけですが、そのサービスの中に「Prime Music」というものがあります。

そう、100万曲以上が聴き放題なわけです。スマホにダウンロードすることもできます。

懐かしいアルバムがあったり、ジャンルごとにまとめられていたり、2000年代のj-popボーカリストの特集、なんていうのもあります。

最新曲が聞きたいとか、好きなグループばっかりが聞きたいとかではなければこれはすごくオトクなサービスです。

といってもこれだけのためにAmazonプライムの会員になってるわけではなくて、送料無料+お急ぎ便が使えるのが最大のメリットなんです(年間数十万円は買い物をしています)。

さて、そんなAmazonプライムミュージックの特集を見ていると本当に懐かしいものが見つかったのでちょっとご紹介を、と。

MOOMIN「In My Life」

1998年ごろだったのですね。レゲエのメロディにいかにもMOOMINな甘い声、一瞬で虜になりました。

「MOOMIN?だれそれ、ねえムーミン、こっちむいて」と何回笑われたことでしょう。

通勤に使っていたTOYOTAのLEVINに大量に放り込んだCDにはムーミンのアルバムが3枚ほどあったような。

それを今聞けるというのは本当に嬉しいものなのです。

X「BLUE BLOOD REMASTERED EDITION」

これ、高校生の頃に一番たくさん聞いたアルバムかもしれません。

荘厳さが高まるプロローグから一気に始まるBLUE BLOOD。そこから反転してメロデイがキレイなWEEKENDへ。ENDLESS RAINも紅もXもカラオケで何度歌ったことでしょうか。

XがX JAPANになり世界がどうのとかいい出す前のカセットに大事に録音されたインディーズ時代から知ってる僕としてはBLUE BLOODが一番好きなアルバムだったりするのです。

松 たか子 harvest songs

松たか子さんの優しい声が好きなのです。「ほんとの気持ち」とか聞くと本当に心が優しくなります(ほんとです)。

その歌を聞いたときに自分に起きたことがふとよみがえってくることがあります。この曲、何年の発売でしたっけ?

性格が悪いとかタバコを吸うとか松たか子さんについてはいろいろ言われることもありますが、歌手は声が全てで歌詞が全てです。

吉川 晃司「BEST BEST BEST 1984-1988」

吉川晃司は水球の選手を蹴って音楽入りしたんですよね。ダンスも歌も独特な人でした。

一曲目の「モニカ」の前奏が流れてきた時点でなんだかもう懐かしくてニヤニヤしてしまうんですが、吉川晃司の歌ってこの後も続々と売れてるんですよね。

でも最初の粋なロックからメロディ重視の曲調に変わっていって、うわーと思っていたところでCOMPLEXにうまくまとまってよかったな、と思ってます。

ほかにもいろいろ・・・

そして気がついたんですが、こんなアルバム紹介してたら何ヶ月かかるわわからないんです(笑)

あれも聞きたい、これも聞きたい、ああこれダウンロードしておいてiPhoneで仕事中聞こう、とかやってるとどんどんiPhoneの中がいっぱいになってしまうという。

続きは是非お確かめを(^_-) きっと懐かしさいっぱいになると思います!

-エンタメ,

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.