page contents

エンタメ カラダ 美容・健康

40代で初めての老眼鏡を購入、鯖江製は軽量でフィット感抜群

更新日:

見にくくなったら早めに老眼鏡を買ったほうが良い

管理人はつい先日47歳を迎えました。自称おじさんブロガーです。

いろんな経験をしてきたからこそ書ける記事があったりするので、無駄に年を取ったなぁとは思っていないのですが。

ただ、年齢とともに体力がちょっと落ちたなとか「加齢特有の症状」というのは出てきてしまいます。その一番きつかったのは四十肩。

ある日突然痛くなり、眠れないほどの痛みが半年ほど続いたと思ったら、ある朝突然完治していたという不思議な病気でした。

それともう一つ、これはずっとここ数年続いているのですが「目がぼやける」のです。いわゆる老眼というもの。

以前なら近くにある本の文字にピントがピタッと合うのに、すこし離さないと文字が読めなくなってきたり、スマホの文字が読みにくくなったり。

まわりの人から「それ老眼だよ」と言われ「そんな年齢だからしょうがないよね」とは言われつつ、少し本やスマホを遠ざけてみたりしてきました。

そしてここに一つの誤解が。それは「老眼は老眼鏡をかけてしまうと悪化する」というもの。

僕はその誤解のせいでずっと老眼鏡を掛けずにいたのです。

老眼鏡を使うと目の老化が進む、のウソ

以前老眼鏡を試したことがあったのですが、その時びっくりするほどよく見えました。いつもなら遠ざけないとピントが合わないものがすぐ手元でピタッと読める快適さ。

しかしそこで「でも老眼鏡を一度つけてしまうと目の老化が進んでしまうので、なるべく使わないほうが良いよ」ともアドバイスされたのです。

それはどういうことか。

  1. 老眼鏡=目を甘やかす ことでピントを合わせる筋肉が使われなくなる
  2. 近くのものだけでなく遠くのものを見るための筋肉も衰える
  3. 結果、目全体が悪くなってしまう=目の老化が進む
    ※すべて誤解です。

これを鵜呑みにした私はどんなに近くのピントが合わなくても「合わせよう」と努力しました。それが目の筋肉を鍛えることにもなると思ったので。

朝起きてから昼がすぎ、夕方ごろまではそれでもなんとか目が元気なのですが、夕方くらいになるとピントが本当に合わなくなってきます。

いわゆる「夕方老眼」というもの。

一般には40代以降から老眼になる人が増えますが、最近では20代や30代でも増えています。老眼の原因は、レンズの役割をする水晶体の弾力が加齢ととともに低下することと、水晶体を支える毛様体筋という筋肉が衰えることですが、パソコンやスマホ、タブレットなどで手元を見ることが多くなると、毛様体筋が使いすぎで固くなり、ピント調節機能が低下してしまうのです。
「週末老眼」「夕方老眼」その正体とは?

これは沢井製薬さんのHPで週末老眼と夕方老眼について説明しているページですが、かなりわかりやすく紹介されています。

加齢によって筋肉が固くなり、ピント調整ができなくなるのが老眼なのですね。

言われたように私は老眼鏡を使わず必死でピントを合わせよう=筋肉を鍛えよう としたのですが、それは実際には目にただ負担を掛けていただけでした。

仕事でパソコンをよく使う時期や、こうしてブログを書くとき、小説にのめり込んだときなどは目の疲労がひどく目が熱くなったり頭痛がひどくなったりしました。

実はそのことのほうが目には悪かったようなのです。目の酷使は眼精疲労に繋がりますし、うつむきでのスマホやパソコンの作業は眼圧自体を上げてしまうそうです。

眼圧があがると頭痛や目の痛み、吐き気や眼精疲労を加速してしまうとのこと、完全に逆効果のことをしてしまっていたようです。

そしてそんなときに知人が老眼鏡を買うと聞き、「早めに老眼鏡をつけるほうがよい」という話を聞いたことからすべてがウソと気づいたのです。

老眼鏡は安くて軽くて効果大でびっくり!

駅やホテルのロビーなどに「ご自由にお使い下さい」と老眼鏡が置かれていることがあります。そこには「1.0」「2.0」「3.0」などの数字が書かれているものが多いのですが、これは老眼鏡の度数の強さを表示しています。

1.0が弱く、数字が増えるごとに強くなります。1.0で40代で老眼が始まったくらいの方、4.5などになるとかなり強くお年寄りでかなり文字が読みにくくなった方に使われるようです。

本来の私の視力は裸眼で両目とも1.5くらいあり(勉強していなかったおかげ、ともいえます笑)乱視や近視なども入っていないので市販の老眼鏡をそのまま購入しましたが、コンタクトレンズを使用していたり目になんらかの症状がある方は眼科などできちんと処方を出してもらったほうが良いそうです。

老眼鏡のページ

これはメガネスーパーさんの老眼鏡のページなのですが、記事内に「度数目安表」があります。

30センチ離れて文字を読んでみて、一番読むことができる一番小さな番手がおすすめの老眼鏡の度数となります。

これを見て私に合いそうな度数は「1.0」ということがわかりました。とりあえず初めてということで一番弱い番手を選んでみることにします。

その後いろいろ調べてみると老眼鏡えらびで大切なものは

  • フィット感
  • 軽さ
  • レンズの精度

ということがわかりました。長時間使うものだからこそ軽く、顔にピッタリとフィットするものが良いと。そしてレンズの精度が悪いと逆に目の疲労を進めてしまうとのことでした。

それらを参考にしつつ、Amazonで「これならいいや」と思ったのがこちら。

※度数や色の種類が豊富なので各ページに進んでから選び直して下さい!

気に入った理由はAmazonでの紹介文。

世界でもトップレベルのメガネ生産地、福井県鯖江市で作られたメイドインジャパン。高性能プラスチックで作られた柔らかいフレームは超軽量で疲れにくく、レンズもUVカット率96%以上でひずみが少ない『薄型非球面』、 キズが付きにくい『ハードコート』の目にやさしいレンズを使っているとのこと。外れにくいネジを使っているものの、もしネジが取れたら生涯無料でネジを送ってもらえるという永久保証つき。

安いものは100円均一でも売ってるんですが、ゴツゴツしてて重いんですよね。長時間使うものだからこそ軽さはやっぱりほしい。もし多少高いとしても。

ここまできっちり説明してあったのでためらわず購入することができました。そしていつもどおり翌日配達。Amazonプライムって本当にすごいです。

商品レビュー

およそ15㎝×6㎝×2.5㎝の専用ケースに入っています。このサイズならスーツの胸ポケットなどにも入るし保管に困りません。

(といいつつ、小さすぎて一度紛失しました笑)

ハードケースの中にはこんな筒状の布の柔らかいケースが。肌触りもいいしメガネにも良さそう。しかしこのメガネ本当に細い。さて、メガネ登場。

若干のスモークがかったフレームにうすいレンズ。持ってみると本当に軽いのです。これは掛けてるのもわからないくらい。

そしてAmazonの説明にもあったネジがこちら。使ってるうちに緩んできてはずれがちなこのネジは『Vロック構造』とよばれる特殊ネジを使うことで外れにくくしてるそうで。そしてもしはずれてもネジは無料で送ってもらえるとのこと、安心感すごい。

鯖江製老眼鏡の掛け心地は

顔出しできないブロガーなのが残念です(笑)まず、文字がくっきり読みやすいです。本もそうですしスマホやノートパソコンを使うときにとても感じます。デスクトップはやや画面が大きい(21.5インチ)なので全体を見渡せるようにすこし離していることもあり、老眼鏡で見やすいレンジを越えているのか逆にぼやけて見えるため、使っていません。

おおよそですがピントが合う距離が10㎝強くらい手前に来た感じがします。本やスマホを遠ざけなくても見ることができるってこんなに楽だったのか(笑)

そして目の疲労度ですが全然違います。ピントをあわせるために目を凝らしたりしていたのがいらなくなってすっとピントが手元に合うので目がすごく楽です。

僕は購入したまんまで使用感が悪くなかったのでそのまま使っていますが、耳のかかりが悪い人はドライヤーなどで熱してやるとフレームをある程度曲げることができるようです。つるを少し早めに曲げてやることで耳のかかりがすごく良くなると思うので、下を向いてずれるようなことがあれば調整してみるつもりです。

そして・・・

あんまりいいたくないのですが「もっと早く買えばよかった」早く買っておけば不要だった偏頭痛や目の疲れなどがなかったかも。惜しまれます。

度数が進んだらまたこの商品なら買っても良い気がしますね、この商品なら。

そうそう、ハズキルーペっていうのが売ってますよね。あれも一応候補にはしたんですが、Amazonのレビュー見てやめました。

  • 本製品は拡大鏡(虫眼鏡)であって老眼鏡(屈折異常矯正器具)ではありません。
  • 万人向けのフレーム(メガネ枠)で、個々人の顔の形に合わせてあるわけではないので、長時間かけてると耳が痛くなる。
  • 焦点距離が定まっているので、本を斜めにして読もうとすると、下部の焦点距離が合わなくなる
  • 一定距離でピントが合いますが、少しでも前後に距離がずれるとボケて見えませんでした。
  • メガネタイプなので両手が使えて良いですが、ルーペなので少しでも視野を広げると歪んでしまいます

ピントを合わせた虫眼鏡がメガネのように掛けられる、というイメージなのでしょうね。ピントを合わせるのをラフにしたいので、僕の目的とはずれていることに気づきました。

あとはちょい置きなどで壊したりなくしたりしないように大事に使いたいと思います!

アラフォーの方で「目の疲れ」「目のぼやけ」を感じだした方、そろそろ試してみてもいいかもしれませんよ!

 

-エンタメ, カラダ, 美容・健康

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.