ガジェット レビュー

旅行に持っていった愛用ガジェットいろいろ

更新日:

LINEで送る
Pocket

ベストアイテムさがし継続中

このブログには私が買ったもの、試したもの、調べたものなどがいろいろと詰め込まれています。

今回、私は東京に一泊二日の旅行に行ったのですが、買ったもののなかから厳選してキャスターバッグに詰めて持っていきました。

いわば「マイ・ベストガジェット」とでも言いましょうか、僕の生活に外せないものばかりです。

ボーナス時期でもありますし「ちょっと欲しいものがあったら思い切って」買ってしまうのもいいかもしれません。

ではどうぞごゆっくり。

chromebook Flip C101PA

パソコンというくくりではWindowsとMacの二大勢力が有名ですが、「小型、軽量、キビキビ感」からchromebookを選ぶ人も多いです。私もブログを書く時などに愛用しています。ChromeOSというオペレーションシステムで動くchromebookは電源を入れたらあっという間に立ち上がり、他のパソコンでGoogle Chromeを使っていればそのまんま設定を引き継いで使い始めることができます。

chromebook Flip C101PAを購入レビュー。お気軽ノートパソコンの優等生

この写真のパソコンの下に見えているのがA4用紙です。これより小さいので持ち歩きもすごく楽で重さは1キログラムほど。

画面の大きさは約10inch(ざっくり25㎝)ですがブログを書いたりちょっとした調べ物、動画を見るくらいなら全然問題ありません。メモリーも4Gを積んでいるのでよっぽどたくさんのアプリを動かしたりしない限りはもたつくこともありません。Androidのスマートフォンを持っている方なら分かると思いますが、たくさんの財産である「Androidアプリ」もこのchromebookで使うことができます。

実際、ちょっと休憩してコーヒーを飲んでいる時間や帰り道の新幹線で旅日記的な記事は書き上げてそのままアップしました。帰宅してからは写真をすこし修正したりリンクを貼ったりするだけ。これを自宅に戻ってから最初から始めるとなると結構一苦労なのですがこれはやっぱり便利でした。

ZenFone5(モバイルルーターとして)

自宅と会社には無線LANの設備が整っているので、このchromebookをインターネットに接続することができるのですが、屋外だとそうはいきません。コンビニエンスストアの無料Wi-Fiなどを使う方法もありますし、例えばセブンイレブンの「セブンスポット」は1回に最大60分で1日3回まで高速でのインターネット通信を行うことができてお得です(メールアドレス登録、ログインなどが必要です)。

しかし公共の無線LANはセキュリティ上の不安もありますし、いちいちコンビニを探して歩くのも面倒。こういうときに便利なのはモバイルルーター、持ち歩けるWi-Fiなのです。

こういった旅行や出張に行く人のためのレンタルルーターなどもありますが、事前に申し込みが必要なのでちょっと急な旅行には間に合わない。

普段使っているiPhone7も「Wi-Fiテザリング」という機能があるので、使いたい機器(chromebook)をiPhoneに経由させることでインターネットに接続させることはできるのですが、月に3ギガほどの契約しかしていませんし、なんといってもバッテリーの持ちも心配。

そこでここ数ヶ月まったく使っていないAndroidのスマホ「ZenFone5」をモバイルルーター代わりに持っていくことにしました。

操作はとっても簡単。「アクセスポイント」をオンにしてchromebookからWi-Fi接続させるだけ(機種などによって若干の違いがあります)。これでスマホがネットを使える環境(トンネルや山間部などの通信ができない部分は無理ですが)であればWi-Fi環境がないと使えないchromebookのような機器をインターネットに繋ぐことができます。

Bluetoothイヤホン Pasonomi x9

イヤホンには大きく分けて「有線式」と「無線式」があります。扱いが雑なこともあって有線のイヤホンを買うとすぐに断線?によって片側が聞こえなくなってしまったりするので、無線式のイヤホンを使うことにしています。これは自宅のPS4で使うために買ったイヤホンですが、イヤホンを収納するためのケースがついていること、ケースに収納することで充電できることなど「持ち運びにとても便利」なことから旅行にも持っていくことにしました。

PS4にBluetoothイヤホンをワイヤレス接続する方法【アダプター、イヤホン】

値段は1万円近くしますが安定化が抜群、走っても首を振っても取れませんし防水加工もされているのでジョギング中に雨が振ってきたりしても大丈夫です。

そしてこれ、iイヤホンに充電ができるケースであると同時に「スマホの充電」までできるという。緊急時はイヤホンをやめて充電できますね。

これが大活躍。Bluetoothでの接続なのでiPhone7にももちろん一発で繋がります。遮音性もかなりのものですし、新幹線社内での周りの雑音が聞こえなくなるのでとても快適に過ごせました。

モバイルバッテリー Anker PowerCore 10000

Ankerの製品を買ったあとになぜかAnkerのセールが始まるという不思議な偶然。

Ankerが特選タイムセール中の時に限って買いそびれる

買ってからかなり経つのに本当に手放せないのはPowerCore 10000のほう。

でも旅行などに連れて行くのはもう一つPowerCore Fusion 5000のほう。

PowerCore 10000でiPhone7なら3回くらいは軽くフル充電することができます。PowerCore Fusion 5000はコンセントもついているしUSBポートが2つあるのが便利。新幹線は窓側にコンセントがついているので充電しながら使うこともできます。PowerCore Fusion 5000でもフル充電を1回は確実にできるだけの蓄電はできるんですけどね。

ちなみに、Amazonでは多くのブランドのケーブルを販売していますが、Anker製のものは高品質ちょっとお値段高め。耐久性にも優れているので安心して購入できます。

購入はやはり結局Amazon

最近は楽天市場にもAnkerが専門店を出していたり、今や通信機器の大手となったTP‐Linkが出店したりすることもあるのですが

こういう商品って欲しくなった日が買い時、翌日が使いたい日だったりします。

そのあたりの諸々を考えると結局Amazonで買ってしまったりするんですよね。そして意外にもセール品に並んでたりとか。

この手のセールをチラッと見てからお目当ての製品を探すのも便利です。

 

LINEで送る
Pocket

投稿記事の下関連記事

-ガジェット, レビュー

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.