レビュー 生活雑貨

2018年夏を快適に過ごすオススメグッズ

更新日:

LINEで送る
Pocket

暑い夏も快適に過ごしたい!

どうやら夏がやってきたようです!

ちなみに私はスイカが苦手。「甘くて青い」不思議な果物、メロンも苦手というと「ああなるほど」とわかっていただける方も多いかも。

そんな私でも暑いのは苦手。しかしエアコンを使うとカラダも冷えるし外気との差で疲労感が出たりします。体温調節を自分できちんとできるようにしておくためにも「暑い、寒い」は自分の体に味あわせてあげないといけませんね。

とはいいつつ、少しでも暑い中を快適に過ごしたい。今日は夏の暑さを少しでも快適に変えられるようなグッズを紹介してみたいと思います。

入浴、シャワー、そのあとに

せっかくの風呂上がりに汗をかいてしまった、とならないように入浴、シャワーのあとにさらっとするためのグッズです。

created by Rinker
バブ
¥616 (2018/09/20 16:13:19時点 Amazon調べ-詳細)

これは入浴やシャワーで濡れた体にサッと塗りひろげ、シャワーで洗い流すとサラサラ成分が皮膚表面に残ってベタベタを防いでくれます。香りもメントール系のさわやかなものですし、パウダーインなので本当にさらっとしています。使用前には必ず良く振って沈殿しているパウダー成分を混ぜるように使って下さい。

created by Rinker
SUNSTAR TONIC(サンスタートニック)
¥1,180 (2018/09/20 16:13:19時点 Amazon調べ-詳細)

いろんな男性向けシャンプーを使ってきましたがここ20年ほどは「サンスタートニックシャンプー」一択です。頭皮がすっきりするのと匂いがやっぱりいいんですよね。トニックシャンプーには今やリンスインもあるのですが、どうしても頭皮がベタつくのでリンスインは使っていません。頭髪の長さによって使い分けるほうがいいかもしれません(私は短髪)

created by Rinker
北見ハッカ通商
¥962 (2018/09/20 13:46:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シーブリーズ(SEA BREEZE)
¥2,980 (2018/09/21 01:08:13時点 Amazon調べ-詳細)

2つ並べましたが、これはこの2つを合わせて使うと清涼感がめちゃくちゃ良くなるので「混ぜてオススメ」というものです。
※記事があります

[blogcard url="https://www.nubatamanon.com/entry/2015/06/20/001703"]
[blogcard url="https://www.nubatamanon.com/entry/2017/07/27/000058"]

ハッカなどのメントール成分を塗ると「涼しい」と感じるメカニズムというのはちょっとややこしいのですが

  1. ハッカ油=メントール成分を皮膚に付着させる
  2. メントール成分がタンパク質「TRPM8」(トリップエムエイト)を活性化させる
  3. TRPM8は脳に「皮膚が冷たいよ」と神経を通じて信号を送る
  4. 脳が冷たさを感じる=清涼感を得る

ハッカ油「北見」を塗ると体に極寒が!寒さを感じる理由を調べてみた

実際に体温を冷やさず「涼しい」と体に錯覚させる仕組み。これなら体が冷えず女性にも安心です。

シーブリーズが敏感肌などで使いにくい、という方は天然成分100%の馬油「ソンバーユ」を手にとって1滴のハッカ油と混ぜ合わせて塗るというのもおすすめです。

created by Rinker
ソンバーユ
¥1,025 (2018/09/20 10:23:03時点 Amazon調べ-詳細)

[blogcard url="https://www.nubatamanon.com/entry/2015/12/29/122231"]

リビングにて

住んでいるのがマンション、アパート、一軒家等によっても違いますので一概には言えませんが、「風が通る道」をきっちり作るのが一番大事。

もちろん、熱中症などもあるので適度にエアコンを使ったりするのも大事、水分補給も大事です。

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥18,558 (2018/09/20 06:59:33時点 Amazon調べ-詳細)

私が使っているのはこの旧型タイプですが、DCモーターという静粛性、柔らかい風が出せるのがめちゃくちゃ気に入っています。

夜つけっぱなしのまま寝てしまって次の日の朝からだがだるい、というのは防ぎたいのでタイマーをしっかり使うこととゆるい風を首振りでつかうのがコツですね。

[blogcard url="https://www.nubatamanon.com/entry/2017/07/14/080000"]

そしてこれは私にとっては絶対に外せない夏快適アイテム、ハンモック。

created by Rinker
ユニジア
¥2,799 (2018/09/20 20:02:01時点 Amazon調べ-詳細)

[blogcard url="https://www.nubatamanon.com/entry/2018/05/12/211128"]

夏に布団で寝るとき、真っ先に暑くなるのは敷ふとんと背中の間。密着するので体温がこもるんですよね。

ハンモックにすると背中とハンモック生地は密着しますがハンモック生地の外側は空気(空中なので)ですので、扇風機の風も当たりますし体温が逃げてくれます。

薄いペラペラの素材(パラシュート素材)なのに耐荷重は200kgを超えるものもあります。値段は決して高くないので「耐荷重」などの表記がきっちり書かれているものを買うのがオススメ。

丸めると非常にコンパクトになるので、海や山に持っていっても非常に活躍するアイテムです。

そしてもっと熱くなると冷凍庫から出してくるのが冷たい枕。

熱さまひんやり やわらかアイス枕 1個

created by Rinker
熱さまシート
¥768 (2018/09/20 16:13:25時点 Amazon調べ-詳細)

これを直接体に当てると冷たくてしょうがないのですが、分厚いタオルでくるんでしまうと冷たさが感じられないし、薄い手ぬぐいだとほどけてしまったりします。オススメは下着などを洗濯するときに使う「洗濯ネット」。ほどよい厚みのネットが肌と直接冷たい枕が触れるのを防いでくれますし、冷たさがちょうどよく感じられますのでオススメ!

そして快眠のために程々の運動。

テレビゲームやゲームアプリなどで脳みそばかり使ってからだを動かさないと「脳だけ疲労」してしまい眠れないことも。

体も頭もしっかり使って「楽しかったよく眠れそう」と思って目をつむるとやっぱりよく寝れるものです。暑さも忘れられそう。

水分の補給は水だけではなく体に水分が入りやすい吸収率の高いものを。

買って置いておくのもじゃまになる、という方はこういうパウダータイプなら1リットルの水に溶かすだけで簡単に作れます。

0カロリーのものとカロリーありのものがあります。ついつい糖分は摂りすぎてしまったりするので気をつけましょう。

created by Rinker
ファイン(FINE JAPAN)
¥456 (2018/09/20 16:13:27時点 Amazon調べ-詳細)

冷たいものを取ると一瞬体が冷えた気がして気持ち良いのですが、胃腸はあまり歓迎していません。水分はなるべく常温に近いものをこまめにとるのがコツです。

最後に

今年も新しい商品を購入したらまたご紹介しますね!涼しい夏を過ごせますように!

 

LINEで送る
Pocket

投稿記事の下関連記事

-レビュー, 生活雑貨

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.