page contents

ハンモック 住まい・暮らし

夏涼しく眠りたいならハンモックをおすすめしたい!

更新日:

涼しい背中が夏最強の快適な睡眠を生む

春がどうやら終わって夏が近づいています。明日はなにやら昼間は25℃を超えるとか。

僕は真冬以外はハンモックで寝ているのですが、ハンモックには夏こそが最高の季節です。その理由を今からコンコンと書きますのでどうぞハンモックのことは嫌いにならないでください!むしろ好きになって買ってみてください。

空中で寝ることで背中が涼しい

夏のムシムシした暑さの中で寝るとき1番辛いのは「布団と接しているところが熱くなる」こと。

上を向いて寝ていると、敷ふとんと接している背中から腰、太ももにかけてねっとりと熱いのが布団にまで移ってしまい「布団のなかで冷たいところを探し求めてさまよい動く」ような夜を過ごすことに。

僕はうつ伏せで寝ることも多かったんですが、手はまくらの下に入れたりまさに「冷たい部分を探し求める」ような事をしていました。そうそう、どうしてもハンモックを買いたくない人は「竹シーツ」良かったですよ。値段は安いしひんやり感がすごい。ただし汗を竹が吸ってしまうとすごい竹のニオイがしたりするので竹シーツの上に綿のシーツを敷いたほうが快適だったのはここだけの話。


さて、それがハンモックだとどのようになるかというと・・・

ハンモックは空中で寝るのです。空中で寝るということは敷ふとんに密着する部分がないということ。つまり涼しい。猛烈に涼しい。

もうウチの読者なら何度か目にしてると思うんですが、夏はパラシュート素材を使った生地のハンモックが最高に涼しい。生地がサラサラしていて厚みも薄く、洗濯してもすぐ乾き清潔感もバッチリ。

ジトジト湿ったシーツを毎日洗わないよりもパラシュート素材のハンモックは洗濯ネットに入れたら洗濯機で洗えます。洗えるどころか半日も風に当てたら乾いてしまう便利さ。

ダニやハウスダスト、ホコリなどに皮膚がまけてしまうような肌の弱い方にもオススメ。毎日洗える毎日快適。晴れた日なら1時間ほどで乾いてしまいます。

そしてそのひんやりは空中でこそ活かされます。扇風機の風がゆるりとハンモックを撫でるだけで涼しく寝ることができます。

広げるのも簡単、たたむのも簡単、用途もいろいろ

家に頑丈な柱があってハンモックを固定できるような家はまぁそんなに多くありません。建築士の友人から「ハンモックは横へ引っ張る力が働くので計算外の力を柱にかけないでほしい」と言われたことがあります。

手軽に使えるのは土台つきのハンモックを買うことです。私はずっとそれ。

安定感はビブレ社のものに間違いないけど、ゆらふわモックの土台の据え付けの簡単さは本当に素晴らしい。広げて固定するだけ。1分もあればできあがる。

このゆらふわモック、ノーマルとロングがありますが、ロングを絶対に買うべき。ノーマルは支柱間の距離が短いので市販のハンモックを買うとおしりが床に着いてしまう(全然意味がない)


メーカーさんには申し訳ないのですがこのゆらふわモックについてるハンモックはふにゃふにゃ伸びるし臭いし寝るのには全然向いてないので、さっさと他の生地のハンモックを買うのオススメ。

でもこの土台がものすごく折り畳めて便利なのでここが譲れないところ。本気で使ってみたい人はこっちをおすすめしたい。


パーツがバラバラになるから小さくすることができる分どうしても組み立てがちょっとだけめんどくさい。でも生地も安定感も本当に良いからオススメなんですけどね。

【レビュー】ビブレハンモック ダブルサイズは抜群の安定感と乗り心地

楽天は毎日がお買い得

楽天ではいつもなんなりとセールをやってますね^^たまにチェックすると掘り出し物を見つけられます。

さっき紹介した商品を含むハンモック記事はこちらから!

-ハンモック, 住まい・暮らし

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.