レビュー 家電

プロジェクターで天井に映画やゲームを映してハンモックから眺めることにした

更新日:

LINEで送る
Pocket

ハンモックから何かを見るには天井に映るのが最適解

私のネット生活はノートパソコンとPS4をASUSのフレームレスモニター21.5inchで出力するもの。椅子に座って画面を見るにはこのくらいのサイズがちょうどいいし、仕事で同時進行させたりするわけではないからマルチモニターとかにする必要もない。

さらには年齢的に(?)ものはまっすぐから見ないと目がものすごく疲れるし視力は悪くしたくないんですよね。実際テレビを斜めから見るとものすごく目が疲れる。

40代で初めての老眼鏡を購入、鯖江製は軽量でフィット感抜群

この生活には全然不満がない。椅子に座ってゲームをしたりパソコンを使うには十分。だがしかし・・・

僕には「ハンモック生活」というのがあるのです。ハンモックに揺られながら睡眠をとり、スマホを使い、Chromebookで動画や映画を見たり。

https://www.nubatamanon.com/entry/category/reallife/hammock

ところが。

スマホを見るには手がだるく、Chromebookを持つには重く、テーブルなどに置いてしまうとどちらか横を向かないといけなくなりバランスが悪い。ハンモックというのはやはり上を向いて寝転んでいる状態で過ごすのが1番楽だし、体を起こすのであればソファーのように横向きに座ってしまうほうがいい。

ものすごくだらしなさ満点なものの言い方になりますがこんな理想があるわけです。

ハンモックに寝転んでダラダラしながらゲームをしたり動画を見たり映画をみたりしたい。最高のくつろぎ時間を過ごしたい。

薄型のモニターを壁に掛けることも考えたのですが首を起こしてやらないといけないし、それだけのためにモニターを買うというのもちょっといろいろと。いろいろ悩んでると1つの結論が出ました。

そうだ、天井に写してハンモックに乗って見上げたらベストマッチじゃないか、と(気付くの遅いわ)。

それにはモニターを天井に貼り付ける?まさか!ここはズバリプロジェクターを買うときが来たということ。

まずはお試し、1万円程度のもので様子を見たい

プロジェクターといっても値段がピンきりで、10万円をはるかに超えるものから1万円未満のものまで。もちろん性能による部分が大きいんですが、自分の利用用途を考えればあまり高性能のものを買う必要は無いんじゃないかと考えつきます。

僕の求めるスペックはこちら。

  • 昼間は使わない(夜ハンモックに寝転んでいる時専用)
  • 床から天井まではおよそ2.5m、その間に投影できるもの
  • ゲームを写したいのでそこそこの投影能力(というのでしょうか)が必要
  • YouTubeが写したい、SDカードに入れた動画なども写したい
  • ハンモックに寝転んだまま操作したいからリモコンも欲しい
  • 100inchくらいで見えると良いかもしれない
  • 音はあまり気にしない(ヘッドフォンをつかうので)

いろんなブログやサイトを参考にさせて頂き選んだのが・・・・こちら!

スペックをなるべく簡単にまとめます。

  • 2200ルーメン(明るさ)一般の安いプロジェクターよりも明るい
  • 1080PフルHD対応(解像度)いわゆるフルハイビジョン対応
  • 台形補正機能が上へ19度、下へ10度の調整可能(斜めに投影してもちゃんと□)
  • AV端子、USB、microSD、VGA、HDMIに対応(PCはもちろんPS4、SDカードもOK)
  • 24.3 x 23.5 x 12 cm(小さい)
  • 三脚に固定可能(これが実はすごく嬉しい)

ハンモックの頭側に三脚で固定したこのプロジェクターを設置して足元側に補正して移すとちょうど寝転んだ天井にいい感じで映像が出るはず!

床から天井までがおよそ2.5mの部屋なので、床からの高さ1.5mくらいから投影しても50inchくらいの画面にはなるはず!!!

ということで注文済みで明日届きます。

ほらとどいた!到着レビューはこちら!

プロジェクターQKKは1万円弱でホームシアター、ゲームにもOKオススメ!

LINEで送る
Pocket

投稿記事の下関連記事

-レビュー, 家電

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.