ビジネス・社会 リアルライフ レビュー 生活雑貨 社会経験 雑記・ライフハック

短時間で効果的な昼寝ができる低反発「お昼寝まくら」は保管しやすく洗えるカバー付き

投稿日:

LINEで送る
Pocket

背もたれや肘置きにも使える快適昼寝用まくら

人間にとって最適の睡眠時間は6~7時間と言われていますが、4割ほどの人は6時間未満しか寝ていなくて、慢性的な睡眠不足と言われています。

そんな記事を書いている私もいわゆる「ショートスリーパー」で2時ごろ寝て7時起きなので大体5時間の睡眠。その代わり寝るときは一瞬で深い睡眠に落ちるのか朝まで起きることはありません。

日々の睡眠不足が蓄積されることを「睡眠負債」などとも言うそうですが、土日の寝だめは体調を崩すことにもつながりやすく、おすすめできないそうで日々の睡眠をシッカリ取ることが求められるそうです。

  • 7~8時間、毎日しっかり眠ること
  • 20~30分午後早いうちに昼寝をすること
  • 土日の寝だめはおすすめできない

夜はなるべく早く寝るように心がけるとして、昼休みに少し昼寝をすることにしました。会社にいるときには自分のデスクで、車に乗っているときはシートを少し倒して15分~20分ほど。車に乗っているときは寝やすいのですが、自分のデスクで寝るときはやっぱり寝にくい。

  • 枕がないと眠りにくい
  • 机に突っ伏すとお腹が机の角にあたって痛い
  • 腕を枕にすると手が痛くなるししびれる

結局なんだか熟睡できないんですよね。で、以前車の運転の時に使ったクッションをたまたま昼寝する時に枕代わりに使ってみるとめちゃくちゃ寝やすい。机の上に柔らかいクッションを置くだけでこんなにも心地よく眠れるなんて!

MOGUドライバーズバックサポーターは腰をしっかり支えて「人をダメにさせないクッション」

目次まるでスポーツカーのバケットシートに座ったかのようなサポート感【MOGU】ドライバーズバックサポーターとは椅子にももちろん使える3000円ちょっとで買える「姿勢をキープできるクッション」 まるでス ...

続きを見る

背もたれクッションでこんなに気持ちいいなら「昼寝専用まくら」ならもっと気持ちよく眠れるはず、そんな理由でAmazonでまくらを探すこと数日。評判が良くて値段も安い昼寝まくらを発見したので購入しました。

BYBREGAL® お昼寝まくら

購入したのはこちら、BYBREGAL® お昼寝まくら です。

中は低反発スポンジでじんわりと沈み顔をしっかりと支えてくれます。真ん中にある穴は鼻をいれるのではなくて(笑)横を向いた時に耳が入る感じ。イヤホンなどで音楽を聞きながら寝る方も痛みなどがなく心地よく眠ることができます。

外側のカバーは取り外して洗濯が可能。へたりにくいクッションですがカバーが特殊な形状なので洗えないと使い捨てのようになってしまいますから。エアコン直撃の私のデスクはホコリも待っているのか寝ていると咳き込んだりします(笑)マスクをして寝ることが多いので寝方を間違えるとほっぺにゴムのあとがひどいことに。このクッションを使っていると大丈夫でした。

高い枕で寝たい人はこのクッションの下に腕を入れ、枕の上に頭を載せるとちょうどいいかも。私はそれでは高すぎるので腕はクッションの向こうに回し「クッションを抱きかかえる」用にするとちょうどいいです(写真で見せてあげられないのが残念です。笑

 

Amazonの評価もなかなか良い。が!

Amazonでの評価も悪くありません。

  • 耳に圧迫感がないのが凄くいいです。
  • おでこだけを枕の端に預けてうつ伏せるとちょうどよい。
  • デスクが低いので、うつ伏せになると胸が圧迫されていましたが解放された

しかし評価でよく出てくるのが「匂い」。ウレタンクッション独特の鼻にくる匂いが最初少しするんですよね。私の場合はこの匂いに慣れているのと、3日ほど事務所でほったらかしにしているだけで匂いは気にならなくなりました。買って数日間ベランダや屋外で風をあててやるだけで匂いは気にならなくなると思います。

このレビューだけ見て「くさいからやめとこ」はすごくもったいないなと思う商品です。

他にもいろいろあるが保管が面倒

Amazonだけでも沢山の種類がある昼寝枕。

どれも良さそうなんですが、会社のどこに保管できるんだこれ、って感じなんですよね。

でもBYBREGAL® お昼寝まくらは割りと細身なので使わないときは背もたれと背中の間に挟んでおけるし、デスクワークのときはお腹とデスクの間に挟んであげてもいい。離席するときは少し膨れた部分を椅子に引っ掛けておけば椅子から落ちることも無いし「邪魔にならない」ところがすごく良いです。

たこまくら、なんてネーミングも含め好きなんですけどね。

実際に昼寝してみる

あまり長時間寝るのは眠りが深くなりすぎるそうなので、いつもは12時30分くらいから12時50分までの20分間と決めています。スマホのタイマーをセットして昼寝。低反発クッションなのでほどよく沈み込む感じが心地よいのと、カバー自体の肌触りもしっとりして気持ちいい。昼間は明るいのでパーカーのフードをかぶって寝てたりします(服装が自由な会社なので)。休憩は13時までですが、ギリギリまで寝ていると脳みそが起きないので、12時50分に起きたら立ち上がって伸びをしたりトイレに歩いていったり。13時にはスッキリして仕事にとりかかれます。

ただ、問題は昼寝中に電話がかかってきた時(笑)とっさのことで「ここどこ??」ってなるのが気をつけたいところ。

確かに午後からの仕事の効率は良くなります。たった20分ほどでも脳みそやカラダがすこしリセットされる感じ。興味があればぜひお試しください!

LINEで送る
Pocket

投稿記事の下関連記事

-ビジネス・社会, リアルライフ, レビュー, 生活雑貨, 社会経験, 雑記・ライフハック

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.