京都の北野天満宮、少し早めの梅と宝物殿を眺める旅

絶賛開催中~♪

Amazonの「サイバーマンデーセール」

楽天の「楽天スーパーセール」

楽天スーパーセールで速いもの勝ちクーポン!楽天トラベル

花を見るよりつぼみのほうが多かった気がします

仕事を私用で休んだので今日は京都を散策。カメラを持って出かけました。

向かったのは北野天満宮。菅原道真公を祀る12000あると言われている天満宮、天社の総本山です。

北野天満宮のHP

毎年2月の半ばから梅が綺麗だとのことだったので楽しみにしてたのですが・・・。

寒さの影響かつぼみが多かった

2月とはいえいい天気だと昼間にはポカポカ。午後からはダウンジャケットを脱いでパーカー一枚で歩き回ってました。

木にもよるんですが、全体的につぼみが多くてきれいなのはもう少し先のようです。社を背景に咲き乱れる梅、きれいなんだろうなぁ。

それでも咲いている梅に向かってレンズを向けるとにっこり微笑む梅一輪。これ背景に赤がどうしても欲しかったんです。

紅梅も白梅も綺麗ですよね。どっちかというと白梅のほうが凛としていて好きです。

せっかく来たので宝物殿も見に行ってみました。フラッシュを使わないなら携帯電話やスマホでの写真撮影もOKとのことです。しかしいい天気でした。

中には重要文化財の鬼切丸を始め重文くらすがズラリ。ほんとに写真撮っていいんですか?じゃあ遠慮なく。

刀の反りがすごいですよね。人を切るときはこの反りが体を撫でるように切る、なんていいますからさぞかし(いやいや怖いです)

アニメの刀剣乱舞なるものが流行っているらしく、鬼切丸のところには結構な方が訪れていました。人気があるようです(ごめんなさい僕にはさっぱり)