ハンモック レビュー

ハンモック愛用者が厳選!オススメのハンモック

更新日:

LINEで送る
Pocket

安心して薦められる商品のみ厳選してあります

中南米で地上に住む毒虫などから身を守るために生まれたというハンモック。自ら揺れることで船酔いからも開放されるとコロンブスはヨーロッパにこれを伝えました。それから500年、日本でハンモックはくつろぎのグッズとして大人気。別ブログで私が実際に販売したハンモックをAmazonのデータから抽出し、「自立式」「ハンモック単品」に分けて紹介します。「売りたい」ではなく「実際に売れた」ハンモックです。価格重視のもの、強度に不安のあるものは私の判断で載せていません。安心してオススメできるものだけです。

場所を選ばない!自立式ハンモック

木などに吊るさなくてもいい「自立式スタンド」がセットになったハンモックです。室内はもちろん、屋外に持ち出してもOK!購入を検討する時は「置きっぱなしにするか、使うときだけ広げるか」「耐荷重量は何キロぐらいか、何人で乗るか」「設置に必要なサイズはどのくらいか」をチェックしておきましょう。

紹介記事中「必要スペース」はスタンドを最も広げた場合(角度調整)のサイズを記入してあります。設置する場合はそれだけのスペースがいる、と参考にしてください。リンク先のページで色などは選べますので、部屋の色などに合わせることが出来ますよ!

Vivere 全米が愛したハンモック ダブルサイズ 

必要スペース:2.8m×1.22m ビブレ編み高級コットン生地

生地サイズが長さ240×幅160cm、それを力強く支える鉄のフレーム。アメリカAmazonでもダントツの人気、私も愛用中。販売は100台を軽く超えました。置き場所が確保できるならこれを絶対に推します!だって私も愛用中。体の真下を通る一本の太いフレームでバランスが非常に良く、どんな方にもおすすめできます。実際の使用感等はこの記事でまとめてあるので是非どうぞ。

ビブレ社のハンモック購入&レビュー。全米No.1も納得おすすめの一台でした

ゆらふわモック ロングサイズ

必要スペース:2.65m x 0.8m ポリエステルネット生地

お手軽!自立式ハンモックに君臨するのはゆらふわモック!ビブレ社のハンモックとはちがい、パイプの接続がいらない「完全組み立て式」。ロングサイズなので男性はもちろん、ゆったり乗りたい方はこちらをオススメ。毎日片付けたい方やバーベキューなどにちょっと持っていきたい、という方はこちらをおすすめします。こちらも実際に私が購入してレビューがあります。

自立式ハンモック「ゆらふわモック」の購入&レビューこれは気持ちいい!

ゆらふわモック ノーマルサイズ

必要スペース:2.4m×0.78m ポリエステルネット生地

こちらはゆらふわモックの標準サイズ。女性でも簡単に組み立てられるし接地スペースも小さめ。でも全長で2.4mは確保してください。

TOYMOCK

 TOYMOCKは雑貨店の店頭などでもよくみかけますね。

必要スペース 2.15m×0.79m ポリエステルネット生地
ゆらふわモックなどに比べてやや小さめ。ハンモックの生地の耐荷重量が100kgなので気をつけて。ハンモック生地をはやめに買い換えるのもおすすめです。気になる方は店頭などで実際に触ってみて。パイプは意外と細いですが関節部などの作りはしっかりしていて安心できます。

Sifflus(シフラス) 3WAY自立式ポータブルハンモック&ハンモックチェア

Sifflus(シフラス) 3WAY自立式ポータブルハンモック&チェアー+One C-2 -WOOD- SFF-04

必要スペース 2.45m×0.78m 綿65%ポリエステル35%混生地

このハンモックは3Way。 組み立てる位置を変更することで【ハンモック】【ハンモックチェア】【ハンガーラック】に大変身。ワンルームの一人暮らしの方に最適!ハンモックチェア専用の生地がちゃんと付属されてきます。ちょっと自宅でユラユラ過ごしたい、という方には良いかもしれません。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ウルトラライトハンモック

必要スペース 2.3m×0.8m ポリエステルネット生地

6.3kgと軽量、185cm80kgの人までOK。これは室内用というより屋外に持ち出して使うのに便利。広げるだけの簡単セットアップ、「揺れ調整ベルト」を固定すれば揺れない「ベッド」として使用も可能です。車に積み込んでキャンプ先でごろ寝、などが良さそうです。非常用に買っておくのも良いかもしれません。

fun mock

必要スペース 2.58m×0.82m ポリエステルネット生地

設置が簡単な折りたたみ式ハンモック。折りたたんだ時のハンモックスタンドが108cmまで小さくなるのでアウトドアに持ち出すのにもピッタリ。伸縮するポリエステルネットは体に食い込みにくくて水着でも乗りやすいですね。正直寝心地はよくありませんのであしからず。

アウトドアで大活躍!ハンモック単品 

木などにロープなどを使って固定して使うハンモック単品です。ロープとカラビナがセットになっていない場合は別途購入が必要です。屋外で使う場合は「小型軽量、洗濯可能、乾きやすいこと」という条件になるので、オススメはパラシュート生地のハンモック。薄くて丈夫、洗濯が可能で薄いためすぐ乾き、なおかつ安いのが特徴です。

カラビナを使うのは問題ありませんが強度を十分にチェックしてください。100円均一などで買うとアルミニウム製で伸び切ってしまったり、破断する可能性が。また、ロープで結ぶタイプだと乗ったときの重量で結び目がきつく締まりすぎ解けなくなることも。低価格でも売っているのでウインチを使うのも手です。微調整もできますので。登山用品店などでカラビナは買えます。簡単に外れない仕組みのものを選んでください(落ちたら痛い重いをするのは自分ですが、他人を怪我させる可能性もありますから)

楽天は商品の入れ替えが早いためかリンク切れが多くなりますので、Amazonでの紹介のみにしておきます。

tocotabi ハンモック2人用

秋から冬の「しっかり分厚い素材のハンモック」にくるまれたい季節にピッタリのハンモック。値段もたったの1000円少しで買える手軽さ。これを持って森で読書なんて最高に気持ちいいと思います。

笑顔一番 パラシュート生地ハンモック

夏に最適、サラリとしたさわり心地のパラシュート生地ハンモックです。薄くて軽量なのに強度は十分、ところが低価格というミスマッチさが最高の一品です。ただし、尖ったものには注意、破れる危険性があります。アウトドアでの使用時は気をつけてください。暑苦しい真夏の夜、これで寝ると本当にひんやり眠れるのでおすすめ。

ユニジアハンモック

これもパラシュート生地。3.2m×2mと非常に大きいので安定感抜群。横向きにや斜め向きなどで寝ることで自然に寝転ぶことが出来ます。ハンモック自体は350kgに耐えられるうえに、耐荷重1.2トンのカラビナと耐荷重700kgの専用ベルトつき。屋外で子供を沢山のせても安心の設計です。

夏はやっぱりパラシュート素材のハンモックが最高!

Wolfyok パラシュートハンモック

・2.9m×1.4m、耐荷重300kg カラビナ、ロープつき

高繊維210Tナイロンで作られたパラシュートハンモック。縫製を3重構造にすることでほつれなどによる破損を防止している安心感が高いハンモック。それでもお値段は2000円程度と大変お買い得。アウトドア好きな人なら是非車に一つ放り込んでおくと楽しくなるのがハンモックです。

ラシェスタ コットンハンモック

ピュアコットン100%の特大サイズ。ドイツのハンモック専門メーカー「La Sesta(ラ シエスタ)」のハンモック。サイズも豪華ですが価格も豪華。頻繁に洗えるものではないので、別荘のベランダなどで使うと良いかもしれません。

YILU パラシュート ハンモック 蚊帳付き

値段は少し張りますが(およそ3000円)蚊の進入をふせぐ蚊帳がついています。夏の森は蚊もいますので、ゆったりくつろぐには蚊帳付きの検討もおすすめです。通常のハンモックは斜めに寝ることで体をまっすぐに寝転ぶことが出来ますが、このハンモックはまっすぐしか寝ることが出来ませんのでご注意ください。

心地よくハンモックに乗るために

癒やしの効果のあるハンモックですが、注意を怠ると危険な乗り物にもなります。傷の入ったロープを使わないこと、破れているパラシュート生地は使わないなど、製品自体の安全は必ず確認しましょう。メーカーも保証期間を長めに設定していたりします。

また、乗り降りは丁寧に、飛び乗ったり飛び降りたりすることは事故の元になります。ハンモックを静かに広げ、お尻をそっと乗せるようにハンモックに腰掛けるのがハンモックに乗るコツです。夏は特にハンモックの涼しさを大きく感じられる季節、是非室内でもアウトドアでも癒やしの空間をお楽しみください。

LINEで送る
Pocket

投稿記事の下関連記事

-ハンモック, レビュー

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.