page contents

エンタメ スポーツ テニス

テニスウェアはテニスブランドにこだわらないほうがいい

更新日:

あれこれ手を出さず、でもブランドは早めに絞ることが大事

気がつけばテニスを始めて1年になります。春夏秋冬一周終えて感じたこと。それはテニスウェアって結構高いよね、ということ。

いやいや、ジャージの上下セットで良いじゃない、と言いたいかもしれませんがおしゃれにも気を配りたいところ。

この1年でテニスウェアに関して思ったことを書いてみたいと思います。

ブランドは絞ったほうがよい

これ、絶対そうだと思います。極端な例で書いてみますが

  • YONEXのウォーマーシャツ
  • adidasのウォーマーパンツ
  • ミズノのキャップ
  • NIKEの手袋

色にもよると思いますが、おそらくすごくカッコ悪いです。高いブランド、お手頃価格のブランドいろいろあると思うんですが、ブランドは一つに絞ったほうがいいと思います。

同一ブランドならサイズもあまりぶれませんが(Mサイズでもブランドによって結構寸法違うんですよね。)A社ならMサイズ、B社ならLサイズなどということもありややこしい。

高いブランドを一つより、お手頃価格のブランドで数枚持ってる方がバリエーションもよくなりますしコーディネートもしやすくなりますね。

テニスメーカーのものはなるべく避ける

僕が使ってるラケットは現在Wilsonの100SとBLADE98です。

テニス初心者がWilson BURN 100LSとBURN100Sを使った感想と比較をまとめてみる

BLADE 98 (16X19) の使用レビュー。初心者にはBURNよりBLADE!

で、最初はWilsonでいろいろ揃えようかな、と思いましたがバッグだけWilsonにしました。

たとえばラケットをYONEXにしたりすると、ウェアも全部YONEXにすることもできるわけです。ラケットがbabolat‐ならウェアも全部そろえたりとか。

今はもちろんWilsonを気に入って使ってるんですけど、もし試打でほかのメーカーのラケットを気に入って「ああもう欲しい、絶対こっちにする」としてしまった時・・・

プリンスのラケットにYONEXの服、とかやっぱり僕はちょっとやだなと思ってしまうんですよ(僕だけ?)しいて言うなら「わざわざテニスブランドのウェアを買わないほうが吉」なんじゃないかなと思います。色づかいなどもテニスブランドって独特なので、他ブランドのものとは合わせにくかったりします。

ほかのスポーツにも流用できるものがオススメ

テニスはラケットとシューズさえあればとりあえずできるスポーツだとは思うのですが、せっかくならウェアとかにもこだわりたい。「あの人いつも同じウェア」と思われるより、季節に合わせたり気分に合わせたり何パターンか作っておきたいところ。

僕はロードバイクで走り回ったり、カメラを持って近所を散策したりとテニス以外でも運動に近いことをしているので、そのときにも使えるようなウェアを買うようにしています。

  • ラケットをあつかうために肩まわりにゆとりがあるか伸縮素材のもの
  • 走り回るために汗もかきやすいので速乾性のある素材
  • ラケットに引っかかったりするので、あまり大きめのサイズの物を買わない

などに気をつけて購入しています。速乾性の素材ならロードバイクで走る時に気持ちいいですし、インナーなどは散歩の時などにも効果があります。

ということで、私がこの一年考えて選んだテニスウェアはずばり、インナーがワコールのCW-X、アウターはNIKEのウェアです。

インナーはワコールのCW-Xで揃えた

汗をかいた時に袖や腿のあたりにウェアが貼り付いて動きにくいこともあるので、夏でも冬でもインナーを着ています。

コンプレッションインナー選び。ワコールCW-Xを買いました

ワコールのCW-X夏用を購入しました

どれも生地表面がツルッとしているので、アウターに着るシャツやパンツ類がひっかからず動きやすいです。

伸縮素材なので、サイズに迷ったときは小さい方を選びましょう。呼吸困難になるほど締め付けられることはありませんので。

グレードなどもいろいろありますが、まずは安いグレードのものを試してみてもいいと思います。膝や太ももなどを故障したことがある人や不安がある人ならCW-Xは本当にオススメです。

ワコール人間科学研究所の膨大な研究データから生まれたCW-Xにしかできない技術。それが「テーピング原理を応用した筋肉をサポートするテクノロジー」です。
これにより、ひざなどの関節をサポートするとともに、筋肉をサポートするスポーツタイツが誕生。着地の際のひざへの衝撃をやわらげたり、カラダの軸をブレにくくするなど、他のスポーツタイツにはない機能を付加することが可能となりました。
一見デザインに見えるラインはただの模様ではなく、筋肉をサポートするサポートラインなのです。本体素材と伸度の異なる素材を、股関節からふともも、ひざ、ふくらはぎまで配置し、フィットさせる技術には、ワコールがガードルで培った技術が採用されています。
多くの方々に愛用されつづけている理由は、ここにあります。

スポーツインナーにはいろんなメーカーがありますが、この説明を読んだ時にCW-Xを選びました。履くだけでテーピングしているかのようにサポートしてくれるとは。

40代なかばでハードな動きになることも多いテニスを始めてケガ一つなく1年過ごせたのはこのCW-Xのおかげもあると思っています。

不慮の事故などで破ってしまった場合、グレードによっては無償修理してもらえる場合がありますが、これもおそらくCW-Xだけではないでしょうか。

テニスのグラウンドは人工芝や砂などさまざまなパターンがあるので滑って膝をついてしまったり、とっさに擦ってしまったりしがちです。

ワコールのスポーツインナーCW-Xを破ってしまったので修理をお願いした話

さすがワコールさん、対応がすごく良かったのです。また次回からもCW-Xを使おう、そんな気になりました。

アウターはNIKEで揃えました

NIKEは高いのがちょっと難点ですが、極端な色使いさえしなければ使い勝手が凄く良いです。ジョギングはもちろん、普段着ることももちろんできます。

TシャツなどにはDRI-FITという素材が使われているのですが、軽量で速乾性がありすごく着心地がいいんですよ。

NIKE DRI-FITとは?
Nike Dri-FITは高性能マイクロファイバー ポリエステル素材で、身体から布地の表面に汗を逃して蒸発させます。その結果、Dri-FITはさらりと快適な着用感をキープします。

最初はランニングシャツから買い始め、ポロシャツなどもすべてNIKEに揃えています。NIKEに揃えていれば上下はどれを着ても合わせやすいです。

ちなみに、シューズもNIKEに変えましたが、靴先の柔らかさが良く反応がよくなりました。

NIKEのテニスシューズ、エア ズーム ヴェイパー Xはオムニコートとの相性バッチリ

パーカーだけCW-XですがあとはすべてNIKEです。上のシャツを選んだら同色系のパンツさえ選ばなければまず大丈夫。冬は寒いのでこの写真には載せていませんが、NIKEの黒のジョガーパンツを履いています。足元が冷えるとやっぱり動きが悪くなりますし故障の原因にもなりやすいので暖かめに。

そんなNIKEのテニスウェアを探すならAmazonで。

もちろんadidasやミズノなどで統一するのも全然良いと思います。ディアドラは日本ではあまり知られていませんが、イタリアのスポーツ用品ブランド。

タイトなシルエットなのがルコックスポルティフ。色づかいもオシャレなのが多いです。

楽天の場合はテニスショップが出店しているところがしっかりありますのでチェックしてみてください。僕がよく値段を見てるのはこちら。


テニスジャパンさんは3000円以下の商品やブランド別の一覧など見やすさ重視。処分セールも早めに行うので商品の管理がしっかり出来てるのだと思います。


スポーツショップのヒマラヤさんはテニスやバトミントンに特化したショップを作っています。商品を絞って探しやすいので便利。

KPIさんはテニスやバトミントンが得意。babolatやYONEX、SRIXONといったテニスメーカーの取扱が多いイメージです。

最後に

テニスウェアについて思っていたことをいろいろ買いてみました。もちろん「テニスメーカーのウェアで揃える」という方もおられると思いますし「安いジャージで十分」という方もおられるかもしれません。

ただのボールの打ち合い以外にもテニスの魅力っていろいろあると思うんです。レッスン中のコーチとの会話やほかの生徒さんと仲良くしたりたまには真剣勝負なども。それらに加えて「おしゃれ」だってテニスの魅力の一つなんじゃないかなと思って記事にしてみました。

NIKE 公式オンラインストア

 

-エンタメ, スポーツ, テニス

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.