ガジェット レビュー

chromebook Flip C101PAを購入レビュー。お気軽ノートパソコンの優等生

更新日:

どこでも使える、どこまでも持っていけるサイズと重さに納得

最近ブロガーがやたらと使い始めたchromebook。ノートパソコンのサブ機として購入する人が多く、値段も安く起動速度なども早い、ちょっとブログを書いたり持ち運ぶに便利なものを探している人にはピッタリなのではないかと思っています。

さて、購入する前に考えていたいろいろなものから書き始めつつ、写真なども載せてみましょうか。

購入前夜

購入を検討する前に考えていたのはこんなことです。

  • 現在使っているパソコンはPCテーブルにほぼ固定、つかう場所が限定されるのを解消したい
  • 肩の痛みなどもあり、同じ場所で同じ姿勢でいると痛みが出やすい
  • できればこたつでもPC触りたい、リビングのテーブルなどで周りに書類を広げてPC触りたい
  • 新しいPCは欲しいけど現在使っているHHKB(キーボード)も使いたい、キーボードはきちんと使えるものがいい
  • 来年には近所に喫茶店無料Wi-Fiつき図書館が完成するらしいので、そこでもさっと使えるサイズがいい
  • 多少重くてもかまわないけど、できれば軽いほうがいい(1キログラム前後)

そんな事を考えているとある程度ほしいものが絞られてきました。

  • 専用のキーボードはきちんとついていて、おまけのようなチープなものではないこと
  • 10インチ~12インチくらいのサイズの小さなノートパソコンが良いのではないか
  • プリンターやハードディスクなど後付のものを接続する必要もないのでwindowsである必要も特にない
  • 持ち運ぶことを考えるとモバイルバッテリーで充電できるようなもの
  • ノートパソコンの形状でもいいけどヒンジが360度回転させることができるもの

そこからしばらく色々探して良さそうなのを見つけました。いわゆるChromebookです。

  • 2017年10月に発売されたばかりのモデル
  • 10.1インチ、9時間のバッテリー駆動
  • USB 3.1 Type-Cでの充電
  • このサイズには十分なメモリ4GB
  • 薄さは15.6ミリ、重さは900g
  • 360度回転するディスプレイ
  • 大好きなメーカーASUSの商品

拡張するつもりも特にありませんので、USBはType‐Cが2つ、2.0が1つあれば十分。

あと気になる部分があればぜひ公式ページで。ASUS Chromebook Flip C101PAです。

ASUS Chromebook Flip C101PA

購入する前に実機は池袋のビックカメラパソコン館で見せてもらったので、楽天のビックカメラ店で購入。日曜日に購入ボタンを押したのに到着したのは木曜日だったというちょっとがっかりな部分もありましたがとりあえず無事到着しました。

外観の写真など

箱から取り出すシーンなどは割愛。箱に入ってて取り出したら中身が出てきます(当たり前)

 

小さいです。どのくらい小さいかというと・・・

 

下に見えている白い紙がA4サイズのコピー用紙です。A4サイズのクッションケースなどに入れて持ち歩くこともできそうです。専用カバーとかを買うと結構しますからありがたいです。

 

開いてみました。360度回転するためにヒンジがやや大きめです。おおよそイメージを確認してみたければA4サイズのものが近くにあれば置いてみてくださいね。

 

キーの間隔はしっかり空いていて、窮屈で打ちにくい、とは思いません。わりと押しごたえもしっかりあるのでモバイルノートとしての性能は十分、タッチパッドの大きさはおおよそ85ミリ×45ミリ。よっぽどややこしい操作さえしなければ普通に使いこなせます。個人的にはかなボタンあるほうが好き。でもまぁ自宅でつかうときはHHKBをつかうんですけどね。

そろそろ「HHKBってなに」といいたい方がおられるかもしれませんので、HHKBとはPFUというメーカーが作っているキーボード。これの有線のサイレントモデルを使っています。

PFUのHHKB(Happy Hacking Keyboard)Professional JP Type-Sを買う道のり

目次キーボードを買っただけの話なんですけど…新しいキーボードの条件東プレ=RealforceシリーズPFU=HHKBということで到着の儀 キーボードを買っただけの話なんですけど… 僕がブログを書くとき ...

続きを見る

PFU Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S 白のレビュー(タイプ音の比較あり)

目次さすがHHKB、ストレスを感じず入力に集中できる「聴覚」「視覚」「触覚」「嗅覚、味覚」最後に 嬉しいツイート発見 さすがHHKB、ストレスを感じず入力に集中できる つい昨日こんな記事を書いた翌日に ...

続きを見る

ノートパソコンの形状でHHKBをつかう場合、ノートパソコンのキーボードの上にHHKBを置く(これを尊師スタイルといいます)か、ノートパソコンを少し離して手元にHHKBを置くようなことになります。最近ノートパソコンの上に渡すブリッジのような商品も出たらしいんですけど、そういうものを買うとモバイルの意味がどんどん薄れる・・・。

そこでやりたかったのがこういう形。画面が360度回転することを利用して、キーボードを裏側まで回し、テントのようにchromebookを立ててやります。(撮影でわかりやすくするため、キーボードのコードなどは抜いてあります)

 

そうそう、タブレットとしてつかうときがあるので画面をタッチします。先にフイルムを購入して貼っておきました。非光沢のほうがタブレットにはいいでしょうね。

斜めから見るとこんな感じ。chromebookが回転して三角形に立ち上がってるのがわかると思います(これをテントスタイルと呼んだりします)これなら喫茶店の狭いテーブルなどでも快適に作業ができそうですね。

 

もう一つ、さらに回転させてやってキーボード部分を土台にしてやるようなスタイルも可能です。これを「スタンドスタイル」などと呼ぶこともありますね。安定感はこっちのほうが良さそうですし、キーボードがテーブルに思い切り着地しないよう若干凹み気味に作られています。芸が細かくていいですね!

 

HHKBはUSB2.0で接続するのですが、やっぱり集中して使いたくなるとマウスも使いたくなります。USBのハブを一つ入れてキーボードとマウスを使えるようにすると、とっても快適。

これ、後ろ側がスマホを斜めに立てかけられるようになっているので、そこにiPhoneを立てかけて使っています。

そうそう、公式ページにありました。360度回転することでこんな風に使い勝手がよくなるんですよ。

 

ファーストインプレッション

さて、到着して3日ほどたちましたので感想を述べておきましょう。

  • キーボードは慣れが必要
  • 見た目よりは重く感じる
  • 動作をキビキビしたければ使用アプリは絞るほうがいい
  • 充電用ケーブルがびっくりするほど太かった
  • 画面はきれい、音もきれい
  • メイン機としてではなく、サブ機として持ち歩いたり動画を見たりするような機能としては十分
  • ストレージは16Gしかないので、早々にマイクロSD(ポートあり)でデータ保存場所を確保したほうがいい

キーボードのキー自体はしっかり独立していますが、chromebook自体がやはりちいさいので「タイプしやすい」とはいいにくいです。ストレスなく入力したければ後付のキーボードなどを使ったほうがきっと楽です。自宅に一台キーボードを置いておくだけで操作はきっと良くなります。あと、邪道と言われるかもしれませんがやっぱりマウスをつかうほうが何かと楽です。

動画やアプリなどを同時にいくつか立ち上げるともっさりします。限定して動かしたほうがやっぱりいいでしょうね。ただ画像編集アプリを使いながらブログを書く程度では全然問題ありません。

基本的に画像はGoogleフォトのものをつかうのであまり問題ありませんが、本体のストレージ16GBはなるべく使わないように、SDカード(マイクロ)は入れておいたほうがいいです。とっさの保存などのときやバックアップはそっちの放り込むようにします。僕が使ってるのはSAMSUNGのこれ。問題なく動いてくれます。

画像をいくつか入れましたが問題なしです。テニスの動画とかも入れたら練習などにも使いやすいですねきっと。動画だけなら問題なくサクサクと動いてくれます。

充電ケーブルの太さはちょっとびっくりしました。ゴワゴワ。これはもう使用せず、Type‐Cのケーブルを使用します。そっちのほうが細いですし。

ちょうどAmazonでタイムセールをしていたので700円ほどで買えました。今持っているのは50cmほどしかないので長いのが欲しかったんですよ。

もうしばらく使用してみて気付いたことがありましたらまた追記していきますね。

feedly

feedly

投稿記事の下関連記事

-ガジェット, レビュー

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.