ビジネス・社会 リアルライフ 社会経験 経験 雑記・ライフハック

年賀状は家で作るよりプリントパックのほうが絶対に安い

更新日:

会社の年賀状は今年もプリントパックにしました。

そろそろ年賀状のことを考える時期になりました。

毎年11月も終わりが近づくと社長とこんな会話が繰り広げられます。

社長「サキさん、年賀状どうする?出すの面倒くさいよなあ」
サキ「いやいや作るの私でしょ、社長はなんにもめんどくさくないじゃないですかw」
社長「そらそやな、じゃあ今年も頼むわ」
サキ「じゃあ今年もやっときます」

といいながら、やるのは私ではなくプリントパックさんなんですけどね。

プリントパックで作るのはこれで3年目

京都は印刷会社の激戦区。大きな印刷メーカーがひしめき合って切磋琢磨しています。特に京都で印刷3強と言われてるのがこの3社。

  • グラフィック
  • ウェーブ
  • プリントパック(諸説あります)

どこもインターネットの力を最大限活かして売上をガンガン伸ばしてきた印刷会社です。その中でも一番発注が掛けやすかったのがプリントパックだっただけなのですが、今年で3年目。

会社で登録してしまえばログインするだけでほとんどの入力は終わってしまいますので、翌年以降の発注はメチャクチャ楽になります。

びっくりするのは値段

会社の年賀状は基本的なルールとして

  • 来るところは必ず出す
  • 来なかった年賀状のところには出さない
  • 喪中ハガキが来たら必ず社内回覧させる

というのを徹底し、普通の住所録と別にExcelで管理しています。これを作っておくとワードにデータを取り込ませて宛名の印刷が簡単にできますから。

こんな感じでリストを作っていきます。来年分はこの右側にどんどん付け足していく感じです。

こんな感じで宛名の方は社内で数時間あればできるのですが、裏側(印刷側)はデザイン丸ごとプリントパックさんにお任せ。びっくりするのは値段です。

このページから簡単に値段が確認できるのでぜひやってみてください。

価格を調べる(希望の内容を選ぶだけでカンタンに価格が分かります)

ためしにこんな条件で値段を出してみました。

デザイン:プリントパックが用意したデザイン
紙の種類:普通紙(上質紙180kg)←十分分厚いハガキ程度です
宛名印刷面:自分で考えた文言で印刷する
ハガキの受取方法:宅急便で自宅に送ってもらう
デザインタイプ:和風年賀状(プリントパックがデザインしたものです)
宛名印刷:自分で印刷します

で、値段ですが【注文後の納期】によって値段が大きく変わります。急ぐと高くなりますし、ゆっくり待てるなら安くなります。これは印刷するときにプリントパックが少しのムダも出ないように印刷するためであり、納期が短くなると工程上の無駄が出やすくなるため金額が高くなるんです(ここが低価格でできる大きなポイントです)

例えば100部印刷する場合、7営業日(1週間)待てるのなら100枚で1230円です!
いやいや急ぐんだ!翌日にでもほしい、という場合は2,440円になります。

ね、メチャクチャ安くないですか?

自宅で印刷するためにプリンターを買ったりインクジェットのインクを購入したりしてもそんな値段は軽く超えます。ましてや年賀状だけのためにプリンターを買っても翌年にはインクがつまってたりして結局また買い換える羽目になったりするんですよね。それだったら印刷ごと任せてしまったほうが早くて安心。

もちろんモザイクを入れましたが、こんな感じの和風でおしゃれな年賀状がそんな値段で作れてしまうんです。さらに送料は国内なら基本的に無料です。

支払い方法は?

プリントパックの支払いは

  • 銀行振込
  • 代金引換
  • ペイジー決済
  • クレジットカード
  • 来店支払い

が選べます。京都、大阪、東京にはお店があるので訪問して支払うこともできます。私の場合本社が京都なので、仕事のついでにプリントパックの本社に行って支払いをしています。

挨拶程度の年賀状ならこれで十分

デザインが少なかったりすると「うわーA社さんとデザインがかぶってバレバレ!」などということもあるかもしれませんが、プリントパックの場合は専属デザイナーさんが多いのか種類がメチャクチャ豊富です。一度見に行ってもらうと種類の多さにびっくりすると思いますよ。

年賀状特集ページ

もちろん、手書きしたいという人や自分でデザインを考えたいという人はそれぞれの方法でやればいいと思うのですが、会社用でさっと作りたいときなどにはこの手のサービスがすごく便利だと思います。本当に急ぐのなら宛名印刷までデータを送ればやってくれたりもしますので。

ギリギリになってから慌てないよう、今のうちにチェックしておくとお得かと思います!!

プリントパック以外にもいろいろな印刷会社がこの時期頑張ってますね。一部ご紹介しておきます。

ディズニーとコラボして印刷できるのはいんさつどっとねっとさん。

受注数がナンバーワンなのはおたより本舗さん


今年なんだか一気に名前が登場したしまうまさん。安い!

follow us in feedly

-ビジネス・社会, リアルライフ, 社会経験, 経験, 雑記・ライフハック
-

Copyright© あれこれやそれこれ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.