ガジェット レビュー

旅行、出張のホテルでWi-Fi「遅い、危ない、繋がらない」を解決する激安ルーターの購入レビュー

更新日:

不安だったホテルのWi-Fiを安全に使える!switchにも対応!

出張ではビジネスホテルを利用することが大半ですが、私の場合はまず「東横イン」があればなるべく利用することにしています。最安値を探せばキリがありませんが、会社に怒られない金額で清潔、ベッドも広くくつろげて駅近、そんなイメージです。知らないところに行って部屋に入って「うわぁ」っていうのはせっかく一晩を過ごす部屋なので避けたいのです。

しかし東横インやビジネスホテルでいつも困るのがWi-Fi。ホテルの設備紹介のところに「無料Wi-Fi」とか「各部屋有線LANあり」などとなっているものの、Wi-Fiが極端に遅かったり部屋の位置によっては繋がらない、とかパスワードが共通でセキュリティで不安だったりとネットの環境的にはあんまり良くないんですよね。そして残念なことに有線LANを繋ぐためのLANポートがないノートパソコンだったりするので。

モバイルルーターを持つほど頻繁でもないし、かといって自宅でWi-Fiを利用しているとその速度に慣れてしまってるし。何よりも安全に使いたい。

ホテルでパソコンを使ってインターネット接続を考えるとこんなふうにまとめられます。

  • 有線LANで繋げるパソコン(LANポートやLANアダプター等)が必要
  • 有線LANはWi-Fi接続に比べると安全だが不安は残る
  • ホテルのWi-Fiはあくまでも無料Wi-Fiと同じなので危険性は高い
  • Wi-Fiはなくても有線LANを各部屋に設置しているホテルは多い

そんな条件で「何か便利なものないかな」と探したらAmazonで1600円ほどで売ってる「ホテルルーター」とか「トラベルルーター」と呼ばれるものが目に止まりました。調べてみるとなかなかいいので購入してみました。さて、開封!

BUFFALO WMR-433W

我が家のルーターはここしばらくNECが続いてるんですが、BUFFALOのAirStationのシリーズも有名ですよね。累計出荷台数が4000万台突破ですってすごい。さてさて、外装も簡素化されたパッケージ。開けてしまえばポイですから全然問題なし。

取り出した中身。色は全部で8色あるんですけど、原色に近い目立つものをチョイス。なぜかというとホテルなどに忘れて帰りそうだから。サイズ、小さい。

なんで竹尺、45mm×45mm×15mmくらい。重さを測るのを忘れましたが、HPによると19グラムくらいだそうです。まぁ持ち運ぶのには全然困りません。これに電源用のUSBケーブルがついています(短いから注意)

四辺をチェックしてみます。側面を撮るためにレンズカバーに立てかけて撮影していますがお気になさらずに。

これはリンクと電源の状態をしらせるランプと5GHz/2.4GHzの切り替えスイッチ。IEEE802.11a/b/g/n/acに対応します。

それはなんだ、という方はこちらの記事でもお暇なときにどうぞ。

デスクトップPCをワイヤレス!おすすめ無線LANアダプタ&Wi-Fi豆知識 - あれこれやそれこれ

こういった機器は2.4GHzしか使えなかったりするものが多いのですが、これは11ac(5GHz)の高速通信も可能です。ほら、ボタンで切り替えができます。

無線LANに簡単接続できる「WPSボタン」もついてます。

WPSがわからない人へ。WPSはこんなものです。

f:id:masaki709:20170725231459p:plain

Wi-Fiワンタッチ接続方式の“WPS”に対応。無線LAN親機と無線LAN子機のボタンを押すだけで面倒な入力なくWi-Fiがスタートできます。ニンテンドーDS、PSP®などのゲーム機、プリンターや各種デジタル家電などのすでにWPSが搭載されている機器はもちろん、無線LAN標準搭載のパソコンをWPSでWi-Fiを簡単接続できます。

無線LAN親機(Wi-Fiルーター) WMR-433Wシリーズ : WMR-433Wシリーズ | BUFFALO バッファロー

そしてこれがLANケーブルのポート。ホテルの部屋から出てるLANケーブルをここに差すわけです。

四辺のうちもう1辺は何もなかったので省略。裏はパスワードなどが書いてるので割愛。さて、使用法。

実際に使ってみた

このルーター、二種類の使い方ができます。

  1. 部屋のLANケーブルに差すことでスマホやパソコンをWi-Fi接続してくれる
  2. ホテルのWi-Fiとスマホやパソコンの間に中継させることでセキュリティを確保

一つづつ試してみましょう。

自宅の加入者網終端装置(ウチはフレッツ光なので)にLANケーブルを繋ぎ、ケーブルの先にこのBUFFALO WMR-433Wを繋いでノートパソコン(ASUS Chromebook C200)をWi-Fiで接続してみます。

手前から伸びてきているのがLANケーブル、そしてWMR-433Wを付属していたUSBのケーブルを電源確保のためChromebookに繋いでいます。もちろんWindowsやMacBookでも同じ。パソコンに繋がなくても電源が確保できればいいので、モバイルバッテリーでもどこにでもある普通のACコンセントでもOKです。その場合は別途USBとACコンセントを繋ぐアダプタが必要です。こんなやつね。

接続はすごく簡単。WMR-433Wを繋いだ後にスマホやパソコンのWi-Fi接続をチェックすると「BAFFARO~」っていうルーターが見えるようになっているので、裏側に記載されているパスワードを打ち込むだけ、接続完了。

普通に無線LANとして使えます。これ、自宅の無線LANが急に故障したときとかにも良さそう。用途的には全然問題なし。ただ、それほど電波は飛ばないでしょうね。

もう一つ、ホテルのWi-Fiとの中継に使うもの。これはちょっと設定をいじる必要があります。

f:id:masaki709:20170726001206p:plain

この「ワイヤレスワンモード」を選択すると、使用するネットワークとパスワードを聞かれるので、その通り打ち込んでやると使えるようになります。

この絵がわかりやすいです。

f:id:masaki709:20170726001400p:plain

ホテルのWi-Fiというのは公衆無線LANとほぼ同じと言われています。これを館内全員で同じように使うので、アタックされてデータを抜かれたり乗っ取られたりする可能性があるということです。それを一旦WMR-433Wを中継させてインターネットに繋ぐことでそれら回避出来るようになります。直接繋ぐよりは絶対良いですね。ちなみにセキュリティに関してはこの4つを押さえています。

  • WPA2-PSK(AES)
  • WPA-PSK(AES)
  • WPA2 mixed PSK(AES)
  • WEP(128 bit / 64-bit)

持っていて損はないと思う一品

これ、今Amazonで1600円で売っているのですが、旅行や出張に行く人なら絶対オススメの一品です。これで有線LANからWi-Fi接続できるので、スマホとノートパソコン、タブレットなども同時に高速で接続することができます。旅行に行って子供からネット回線が使えない、という文句も出たりする世の中ですからね(笑)ちなみに、ニンテンドーswitchの動作保証もできているみたいですね。

実際に出張先で使ったレビューはまた来週にでも。

follow us in feedly

-ガジェット, レビュー

Copyright© あれこれやそれこれ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.