リアルライフ 雑記・ライフハック

いらなくなった教科書を買い取ってくれるサービス【大学、短大、専門学校】

更新日:

書き込み、マーカーあり、破損でも買い取り可能だとか

 僕が学生の頃、卒業するときには大量の教科書が手元に残りました。僕は国文学科の国語学専攻だったので

  • 国語に関する教科書
  • 文法に関する教科書
  • 文化論とか歴史とか古典、漢文などの教科書
  • いつか読むかもしれない一般教養の教科書

こんなのが大量に。中には「教授が書いて義理で買わされたような教科書」とか「講義で一度も読まなかったのになんで買わされたんだ」というような新品の教科書なども。

後輩は後輩でそれぞれ買わされていましたし、ブックオフなどに持ち込んでも「すいませんそれはちょっと・・・」と値段がつかないものばかり。使っていた教科書には多少なりともマーカーを引いていたり、暇な時は落書きをしていたり、中には友達と筆談してしょうもない絵がかかれていたり。

卒業するときにはなんとなく「卒業しても読み直すときがくるかもしれない」などと部屋の片隅に積み上げておいたものの、ネクタイをササッと結べるようになった5月6月くらいには教科書の存在すらも忘れ去っているわけで・・・

ちょっと掃除した時に「あれ、なんでこんなところに教科書が積み上がってて」などと結局ちり紙交換の車に持って帰ってもらってティッシュ2個くらいと交換するはめに。まぁ社会人になったら大学の頃のテキストなんて読む時間も感傷にひたる時間もなく、あるものは社畜に、あるものはハイパーメディアクリエイターに(使ってみたかっただけ)、あるものは家業を継ぎ、あるものは会社で修行して独立するような「それぞれの人生」を歩むわけで、大学の教科書なんてまったく要らなくなるわけです。

今は不要になった教科書を引き取ってくれる会社がある

そういった「いらなくなった教科書」を買い取り、リユースするための会社というものがあって、下取り量に応じて送料無料で対応してくれるのだとか。「テキストポン」というこの会社は普通なら「えーそれは嫌」というような教科書も買い取ってくれます。

例えば

  • 熱心に勉強したから赤ペン、蛍光ペン引きまくりの教科書
  • 雨に濡れちゃって汚損してしまったテキスト
  • マニアックで誰も欲しがらないような専門学校の教科書
  • 一般教養の教科書など「誰も欲しがらないようなもの」

たとえば大学の4年間で買わされる教科書って数十冊にもなりますし、2年間しか通っていないはずの短大であっても、ただ「4年で学ぶものを2年でギュウギュウに詰め込む」ことがあるのでテキストの量は膨大だったりします。

また、大学院などに進めばテキストの中身はますますマニアックになり、出版数量が少ないので「高価な教科書なのに誰も買い取ってくれず評価0円」になったものが卒業時には大量に手元に残ったり。それらをまとめて送れば買い取ってくれるサービスです。

まとめて送るだけであとはおまかせ

「5冊以上の買い取りで送料を無料」にしてくれる「テキスト ポン」さんですが、残念ながら買取不可になる教科書もあったりしますので、できればまとめて10冊以上送ると5冊以上が買い取りOKで送料無料になったりします。なるべくまとめてたくさんおくるのがコツです。

また、こちらの会社では買い取り専門スタッフが一冊づつ中身をチェックして値段をつけていくため、ブックオフのような「マーカーが一本引かれてるから買取不可」ではなく、その教科書本来の評価から減点分を差し引いていくような感じになりそうです。

送るときのダンボールなどは教科書の持ち主が用意する必要がありますが、今はスーパーなどでもダンボールを無料でもらうこともできますし、それがなければ100円均一などでも売っています。その分の手間なども買取価格にきちんと反映されるため、他社の買取金額よりも高めの設定がだせるのだとか。

もういらない教科書を見つけたら

この手のサービスがよく使われるのは、まず卒業シーズン。そして社会人になって一段落する5月6月ごろです。もし部屋に残されているのならまとめて送ってみるのはいかがでしょうか。

そして間もなく梅雨が始まるのでダンボールの持ち込みなども面倒くさくなりますし、納屋や物置などに入れて放置してしまうと湿気でカビが生え評価がますます下がることに。教科書もCDやゲームの買い取り同様、新しいものほうが評価がよくなりますので。

ということで、テキスト ポンをオススメします。

 

 

follow us in feedly

-リアルライフ, 雑記・ライフハック

Copyright© あれこれやそれこれ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.