平成最後のサイバーマンデーセール開催中

AppleWatch ガジェット

アップルウォッチのバンドの汚れをきれいにする方法

更新日:

黒ずみ汚れを綺麗にする方法を試してみました

使いはじめて約5ヶ月のApplewatchです。ところが!私が買ったのはApplewatch2のスポーツバンドのホワイト。鮮やかに白いのはすごくキレイなんですけど、使ってるうちにどんどん黒ずんできます。仕事で鉛筆を使うことも多いし機械をちょっと修理したりすることもあるのでほこりまみれになったりすることも。

汚れてどす黒くなってしまったApplewatchのスポーツバンドをどうにか白くしよう、きれいにしたいといろいろやってみました。Applewatchのスポーツバンドの材質はフルオロエラストマーと呼ばれるもの。いわゆるフッ素ゴムの一種です。耐薬品性に強く200度を超える環境でも大丈夫でしょう。

とはいいつつおそるおそる色々やってみたのでした。

ダメージの少ない順にチャレンジした

さて、脱線しましたが私のApplewatchのベルトのお手入れでやってみた方法はこんなのです。

  • 水洗い ×
  • 石鹸で洗う ×
  • ウタマロせっけん ×
  • 激落ちくん(水) △
  • 研磨スポンジ 思いとどまる

特に油分の強い汚れは水洗いではぜんぜんダメでした。Applewatchは防水になっているので時計ごと水洗いしても大丈夫なんですが、水だけでは全然汚れは落ちません。次に牛乳石鹸で洗ってみましたが若干手についた泡が黒ずんだもののベルト自体の汚れが落ちた!という感覚はありませんでした。

若干効果があった感じがするのは激落ちくんの水。汚れを落とし「除菌、消臭」も出来てしまうPH高めのアルカリ電解水なのですがベルトの材質なら無問題。

こすってるうちに汚れがヌルヌルと浮き出てくる感じがあります。こすった後にタオルで拭いてやるとタオルに汚れがついたということは汚れが落ちたのでしょう。

しかし完璧にではなく、黒かったものがなんとなく灰色になったような感じです。


でも、メチャクチャきれいになった、新品に戻った!というのには程遠いんですよ。

研磨スポンジは表面を研磨してしまうことになるのでこのときはチャレンジしませんでしたが、あまりにも汚くなったので挑戦してみたらまさかの結果が!最後に追記しておきます

ベルト表面をなでていたら気づいた

そしてこのベルトをナデナデしていてふと思ったこと。

このベルト表面ってツルツルではなくて細かい凸凹がついているんだな。ということはその凸凹に汚れが入り込んでいるから汚れが落ちにくいんだ。ということは鉛筆を消すのと同じなのではないか、ということは・・・

そう、消しゴム。消しゴムが良さそうだということに気づきました。

鉛筆で書いた字が消えるという原理はシードさんのHPに詳しいです。

消しゴムを紙面に適度な力で「こすりつけて」ください。この時まず黒いつぶが消しゴム表面に付き、次にこすることで、この表面がけずれ、消しカスとして除かれ真新しい面が現れて、ここにふたたび黒いつぶが吸いつきます。そのくり返しと、紙面をこすることで、紙のせんいにからまった黒いつぶも除かれ、文字や絵が良く消えるのです。

消しゴムはなぜ消える?

Applewatchのベルトの表面も紙と似たものだと考えてみます。するとベルト表面を消しゴムでこすってやることでベルト表面に入り込んだ汚れが消しゴムのカスと一緒に取り除かれるんじゃないかということです。

あ、でも砂消しはダメです!研磨砂が入っているのでベルト表面が削られてしまいます!

少し前に実験した写真がありますのでどうぞ!

Applewatchのスポーツベルトの汚れには消しゴムが良い!

文字盤の上側、半分を見てもらうとわかると思うのですが、これが「鉛筆の黒ずみや機械油などがちょっとついてしまった」の汚れです。(すみません、不衛生な汚れとかではないんです笑)

半分より上は消しゴムでババっとこすってみた部分。かなりきれいに見えませんか?こすっている時は黒い消しゴムかすがどんどん出てきて汚れが剥がれていきます。では、結構こすってきれいになった文字盤の下側を見てみましょう。

ベルト穴の周りは今ひとつこすりきれていませんが、もう少し丁寧にこすってやるとほぼ汚れが落ちます。激落ちくんや石鹸などよりは遥かにきれいになってくれるので、ぜひお試しください!

しかし!油性マジックなど「表面から染み込んでしまう」ような汚れについては落ちない可能性が高いです。染み込んだものを追いかけていくような力はありませんので。それは紙に書いたマジックを消しゴムで消すことが出来ないのと同じことですね。

梅雨の汗や雨汚れなどの時に是非!

この消しゴムできれいにする方法を知ってからは「なんとなく汚れたな」と感じたら机の上でサッとこするようにしています。きれいにしても消しゴムのカスしかでませんし、普通にゴミ箱にまとめてポイッとするだけなのでとても楽。水洗いしたりすすいだりタオルで拭き取ったりする手間もかかりませんので!

※2018年追記

ミラネーゼループの相当品を購入してみました。これ、夏場にはすごく良さそう!冬は冷たいかもしれませんが(笑)値段も驚きの1000円台なので恐る恐るでしたが買ってみて正解でした。

Apple Watchのベルト交換はミラネーゼループ相当品、値段は1/10オススメできる商品でした

追記 研磨スポンジを試してみました!

AppleWatchを購入して1年半、ベルトをサードパーティー製のものに替えたりしながらもスポーツバンドは使い続けていました。穴にしっかり止めることで安定感がやはりありますし、ロードバイクで遠出するときなどはやはり「万が一」があっては怖いので。

汚れも頻繁に消しゴムで擦って取っていたものの、だんだん汚れが落ちなくなってきました。ダメ元でアレ、使ってみるか。研磨スポンジ。

使ってみた結果がこちらです!

最初の汚れはもう見せられないくらい汚いので載せませんが、まさかこんなにきれいになると思いませんでした。

本来の使い方は「研磨スポンジ+水」だと思うのですが、水をつけながらこすってもあまり汚れは取れませんでした。いちばん頑固だったのはベルトとベルトがこすれる部分の黒汚れ。

これは研磨スポンジと水では取れず、さっと思いついた「石鹸水+研磨スポンジ」でかなり落とすことが出来ました。固形石鹸を水に濡らし、ぬるっとしたものを研磨スポンジに吸わせてバンドにこすり合わせます。

油汚れなどの頑固なものも結構落とすことが出来ましたので是非試してみてください。

※研磨スポンジはあくまでも「研磨」しているのでやりすぎには注意が必要です。

-AppleWatch, ガジェット

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.