未分類

Apple Watchのスポーツバンドは消しゴムを使うとキレイになる!

更新日:

いろいろ試してこれにたどり着きました!

 使いはじめて約5ヶ月のApplewatchです。ところが!私が買ったのはApplewatch2のスポーツバンドのホワイト。鮮やかに白いのはすごくキレイなんですけど、使ってるうちにどんどん黒ずんできます。仕事で鉛筆を使うことも多いし機械をちょっと修理したりすることもあるのでほこりまみれになったりすることも。

汚れてどす黒くなってしまったApplewatchのスポーツバンドをどうにか白くしよう、きれいにしたいといろいろやってみました。Applewatchのスポーツバンドの材質はフルオロエラストマーと呼ばれるもの。いわゆるフッ素ゴムの一種です。耐薬品性に強く200度を超える環境でも大丈夫でしょう。特許庁の資料をつけておきます。

テフロンフッ素樹脂のもつ、優れた耐薬品性、従来のフッ素ゴムを上回る耐熱性を有し、さらにゴムの持つ弾力性を兼ね備えたゴム材料である。その耐薬品性は、従来のフッ素ゴムでは使用が難しかったエーテル類、アミン類、ケトン類、酸化剤、有機溶剤、燃料、酸、アルカリなど、ほとんどの薬品に対して安定性を示し、耐熱性(JISK6301などの圧縮永久ひずみ試験の結果に基づく)においては、300℃近くの高温においてもゴムとしての物性を比較的保つことができる。

2-9-3 パーフロロエラストマー | 経済産業省 特許庁

この場合のゴムの特性はフランジおよびガスケット用ということなので、金属同士のパイプ同士をつなぐ時、そのままでは接合部から漏れ出てしまうことがあるため「パッキン」と呼ばれる漏れ止めのゴムを入れたりするような用途のものですね。

Applewatchのベルトに使うものなので特性を「耐摩耗性」や「耐薬品性」「引き裂き強度」などに特化してベルト専用にあつらえているのかもしれません。特に汗の弱酸性などの薬品などには特に強くしてあるかもしれません。

有機溶剤にも強い、ということなのでもしかしたら灯油や速乾性の強いMEK(メチルエチルケトン)などでサッと拭いてもいいかもしれませんがさすがにちょっと嫌ですね(笑)匂いが残ってしまうかもしれませんし。

いろいろやってみました

さて、脱線しましたが私のApplewatchのベルトのお手入れでやってみた方法はこんなのです。

  • 水洗い ×
  • 石鹸で洗う ×
  • ウタマロせっけん ×
  • 激落ちくん(水) △
  • 研磨スポンジ 思いとどまる

特に油分の強い汚れは水洗いではぜんぜんダメでした。Applewatch2は防水になっているので時計ごと水洗いしても大丈夫なんですが、水だけでは全然汚れは落ちません。次に牛乳石鹸で洗ってみましたが若干手についた泡が黒ずんだもののベルト自体の汚れが落ちた!という感覚はありませんでした。

若干効果があった感じがするのは激落ちくんの水。汚れを落とし「除菌、消臭」も出来てしまうPH高めのアルカリ電解水なのですがベルトの材質なら無問題。

 こすってるうちに汚れがヌルヌルと浮き出てくる感じがあります。こすった後にタオルで拭いてやるとタオルに汚れが、きれいになった感があります。

レック 水の激落ちくん 本体 320ml

レック 水の激落ちくん 本体 320ml

 

 でも、メチャクチャきれいになった、新品に戻った!というのには程遠いんですよ。

ベルト表面をなでていたら気づいた

そしてこのベルトをナデナデしていてふと思ったこと。

このベルト表面ってツルツルではなくて細かい凸凹がついているんだな。ということはその凸凹に汚れが入り込んでいるから汚れが落ちにくいんだ。ということはアレ、使えるかもしれない。だって原理は鉛筆を消すのと同じだもの。

そう、消しゴム。

鉛筆で書いた字が消えるという原理はシードさんのHPに詳しいです。

消しゴムを紙面に適度な力で「こすりつけて」ください。この時まず黒いつぶが消しゴム表面に付き、次にこすることで、この表面がけずれ、消しカスとして除かれ真新しい面が現れて、ここにふたたび黒いつぶが吸いつきます。そのくり返しと、紙面をこすることで、紙のせんいにからまった黒いつぶも除かれ、文字や絵が良く消えるのです。

消しゴムはなぜ消える?

Applewatchのベルトの表面も紙と似たものだと考えてみます。するとベルト表面を消しゴムでこすってやることでベルト表面に入り込んだ汚れが消しゴムのカスと一緒に取り除かれるんじゃないかということです。

あ、でも砂消しはダメよ!研磨砂が入っているのでベルト表面が削られてしまいます!

 やっぱり消しゴムといえばMONOですかねぇ。

トンボ鉛筆 モノ消しゴム PE?01

トンボ鉛筆 モノ消しゴム PE?01

 

 はい、少し前に実験した写真がありますのでどうぞ!

Applewatchのスポーツベルトの汚れには消しゴム!

文字盤の上側、半分を見てもらうとわかると思うのですが、これが「鉛筆の黒ずみや機械油などがちょっとついてしまった」の汚れです。(すみません、不衛生な汚れとかではないんです笑)

半分より上は消しゴムでババっとこすってみた部分。かなりきれいに見えませんか?こすっている時は黒い消しゴムかすがどんどん出てきて汚れが剥がれていきます。では、結構こすってきれいになった文字盤の下側を見てみましょう。

ババン。ベルト穴の周りは今ひとつこすりきれていませんが、もう少し丁寧にこすってやるとほぼ汚れが落ちます。激落ちくんや石鹸などよりは遥かにきれいになってくれるので、ぜひお試しください!

しかし!油性マジックなど「表面から染み込んでしまう」ような汚れについては落ちない可能性が高いです。染み込んだものを追いかけていくような力はありませんので。それは紙に書いたマジックを消しゴムで消すことが出来ないのと同じことですね。

梅雨の汗や雨汚れなどの時に是非!

この消しゴムできれいにする方法を知ってからは「なんとなく汚れたな」と感じたら机の上でサッとこするようにしています。きれいにしても消しゴムのカスしかでませんし、普通にゴミ箱にまとめてポイッとするだけなのでとても楽。水洗いしたりすすいだりタオルで拭き取ったりする手間もかかりませんので!

この記事が役に立ったらシェア! ←すいません書いてみたかっただけですw

Applewatchが欲しくなったって?

じゃあこちらからどうぞ!iPhoneを使ってるなら絶対オススメです~

 僕が使ってるのは38mmのほう。見た目にスッキリ。

 男性なら42mmを買う人のほうが多いかな。画面はやっぱり大きいし見やすそう。

Apple Watch Sport 42mm{MJ3N2J/A}アップルウォッチ

Apple Watch Sport 42mm{MJ3N2J/A}アップルウォッチ

 

 お値段があと2万円ほど安くなれば・・・ねぇ。

-未分類

Copyright© あれこれやそれこれ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.