ASUSのモニターVZ229Hは薄型軽量で目に優しい21.5インチ

ASUSのモニターVZ229Hは薄型軽量で目に優しい21.5インチのアイキャッチ画像

ASUSのモニターVZ229Hは目にも優しく、顔を動かさず全体を眺められる良サイズ21.5インチ!

さて、朝突然思い付きで発注したモニターが到着しました。買ったのはASUSのフレームレスモニター、VZ229Hです。これはAmazonのオリジナルモデルです。

ASUSの通常品VZ229HEとの違いは、VZ229Hにはステレオスピーカー(1.5W+1.5W)とオーディオ入力端子の3.5mmステレオミニジャックが有ること。VZ229HEにはそれらがありません。

ちなみにパソコンはNECのVersaProの中古にメモリ増設+SSD化したもの。Windows7Professional→Windows10Professionalです。

では開封から接続まで行ってみましょう。

ASUSのモニターVZ229Hの開封から接続まで

クロネコヤマトさんの「こんなでかいもの・・・」というやや困惑した顔に恐縮しつつ、Amazonさんから無事到着。一緒に頼んでおいたHDMIケーブルも到着。

発泡スチロールに挟まれたモニターを取り出してみます。土台は取り外してあったのでつまみのついたネジで固定します。マイナスドライバーなど必要ありません。

「ASUS」と書いているところは写真ではシルバーに見えますが、実際はやや黄色がかっていてゴールドっぽいです。

完成!椅子に座ってる時は上のモニター、床に座ってる時はノートパソコンの意味がおわかり頂けるかと思います。この写真ではスライドの奥に隠れているんですが、キーボードはHHKBのtypeSを使っています。

その「Amazonの箱はなんやねん」っていうツッコミを頂いた方へ

この箱は僕が寝転んだ時にちょうどいい高さになるように「スペーサー」の役割をするとともに、もう一つとても重要な役割を果たしているんです。それは・・・

ごちゃごちゃしたケーブルを片付けてくれる秘密の箱なんです。「Amazon」の上はカッターで切れ目が入れてあって、そこを開くとケーブルを無造作に突っ込んでおくようになっています。無理やりぐるぐる巻きにするよりもケーブルにも優しい。ケーブルは束ねたままで使うと断線しやすくなるそうです。ふんわりと丸めておくのをおすすめします。

VZ229Hの画面がおかしい、表示されなくて困った

Windows10は電源を普通に入れるだけで外付けモニターを認識してくれる、とどこかで見たので安心していた私。

しかし立ち上がったパソコンの新モニターを見たらびっくり。

画面が・・・嵐でもなく、映らないわけでなく、荒い上に白黒で字はまともに読み取ることができない。これはこまった。

これは一体どういうことなのか。ここから1時間悩むことになるとは思いませんでした。いろいろ試してわかったこと。

  • HDMIでつなぐとこうなる
  • D-Sub15ピン、VGAでつなぐときれいに映る
  • ケーブルが悪いのかとChromebookをHDMIでつなぐときれいに映る
  • 設定をいじってるうちにますますわからなくなる

「HDMI映らない」とか「VGAでは映るのにHDMIでは映らない」とか「HDMIうつんねえ」とか「HDMIケーブルがあかん?」とか「ASUS HDMI映らない」とか片っ端から調べていくも良さそうな答えが見つからない。

しょうがない、VGAで繋いでHDMIケーブルはタンスの肥やしにしようかな、と思いつつ、順番が来たのでお風呂にはいり、湯船でしばし考えることにします。

  1. ケーブルがダメなわけではない
  2. モニター自体がダメなわけではない
  3. それっぽい画面は出てくるので設定か何かが違うだけ
  4. VGAではきれいに映るので、モニターの設定の問題ではない
  5. ということはパソコンの設定か
  6. 設定→ディスプレイのカスタマイズはほぼいじり尽くしたので違う
  7. ということはデスクトップの設定の何かかな

もう少し設定をいじってみることにしました。

きれいにうつらない原因を見つけた!

そして画面で右クリックしてディスプレイの設定をいじってる間についに発見。

「グラフィックス・オプション」から「出力先」、その先を「デジタルテレビ」に変えたらスッキリ画面が立ち上がりました!解決!

大きい画面より自分にあった「程々のサイズ」のほうが大事!

今はこのASUSのモニターを使ってブログを書いていますが見やすくていいですね。ちゃんと肘置きのある椅子に座って肘から腕、肩から首への負担がすごく少ないです。

目の高さと同じあたりに画面の中央がくるので顔を上下左右に無駄に動かすこともない、それが何よりも良いです。あまり大きなモニターは顔を動かさないと全画面見渡せない、という話があるので、21インチから23インチ程度のモニターが良いのかもしれません。

モニターの切り替えはWindowsキー+Pでできます。HHKBでは◇のボタンがWindowsボタンのようですね。

f:id:masaki709:20170320231332p:plain

画面の右側にこんな窓がひょっこり顔をだすので切り替えるだけ、簡単。これでケーブル込み15,000円くらいだったらお得だったかなと思います。

モニターを3日ほど使ってからのレビューを追加しました

さて、購入して3日ほど使ってみた感想を追記しておきます。

ブルーライトのカットとフリッカーフリーが目に優しい

以前購入したモニター(中国製15inch)は明るさと色の濃さ程度しか調整する事ができなかったのですが、このディスプレイはブルーライト軽減機能がついています。モニター下のボタンで簡単に変えることが出来るので、見ているものに合わせて使い分けています。

ブログを書くのに画面を見続けている時は【レベル3】に、映画などを見る時は【レベル2】に。レベル1というのはほとんどなしと区別がつかないくらいだし、レベル4っていうのはかなり茶色がかった感じになります。これ、割りと頻繁に変えてるんですが、目の負担がかなり違います。目に優しくて良いです。

f:id:masaki709:20170322200125p:plain

[st-midasibox title=”VZ229Hのブルーライト軽減機能j” fontawesome=”fa-file-text-o faa-float animated” bordercolor=”#757575″ color=”” bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

レベル1 ブルーライト軽減による表示内容の変化を最小限に抑えます。Webブラウザの使用など多くの一般的な用途に最適です。
レベル2 表示内容の変化を抑えつつバランスの良い表示を行います。写真や動画を見る場合に最適です。
レベル3 本物の紙に近い表示を行います。電子書籍の表示や文書の作成に最適です。
レベル4 暗めの表示内容に最適です。

[/st-midasibox]

パソコンのモニターでよく言われる「ブルーライト」というのは、人が見える光(可視光)の中でも紫外線に近い波長であるため、目への負担が大きいと言われています。確かにモニターの青白い光を見続けていると目の奥が痛くなったりしますが、それがブルーライトのせいとのこと。

それを防ぐためにブルーライトを減らす(色温度を下げる)と青白い白だったのがだんだんと黄色っぽくなっていきます。私が今見ているレベル3にもなると、白色というよりもグレーに若干近いような気がします。画面から来るとげとげしさが全然ありません。

もう一つ、「フリッカーフリー」も目に優しい機能。実はLEDモニターのバックライトはものすごく早いスピードで点滅しているらしいんですが(気が付かないくらい)、実はそれが長時間見続けることで目の疲労を招くことがあるのだと。それをASUSの技術でチカチカを押さえることに成功したそうです。

この2つの機能を総称して「ASUS Eye Careテクノロジー」というそうです。

f:id:masaki709:20170322203036p:plain

以前眼科で緑内障と診断され、左目の一部に見えないポイントがあると言われたこともある私。眼圧が高くなることもあるし目の負担はなるべく抑えるようにしています。

タレックスのOAレンズのメガネを掛けたこともあったし(液晶画面をみると波目が写ったりしたのでやめました)目薬をさしたり。明るさをなるべく押さえたりはしていますが、こんな機能があるんだったらもっと早くモニター買っておくんだった。

目が疲れやすいという方や年齢的にブルーライトが辛い方にはぜひ!

1年間使ってみてからの追記

買ったのが2017年の3月。気づけば1年以上経過していました。

ネット依存症の私は毎日パソコンを使いますので、このモニターを毎日使っていたことになります。

一年間使ってみての感想は「このサイズで購入してよかった」です。椅子に座ってこのモニターを眺めると私には21.5インチがちょうどいいサイズなのです。

これ以上大きくなると視線を動かす距離が大きくなるし、かといってこれよりも小さくなるとせっかくの映画やゲームも残念なことに。

2年間使ってみてからの追記

2019年でまる2年間使ったことになります。依然調子はよくドットが欠けたりすることもなく快適に使っています。

私の不注意でコンセントの先が液晶画面に一度コツンとあたったことがあり右端に少し傷をつけてしまいましたがそれ以外はほぼ新品同様、クレームのつけようがない良い商品です。

たまに「もう2インチ大きくてもよかったのかな」と思うこともありますが、両側にあと2センチくらい大きくなると顔を動かして見ないといけない分、やはりこのサイズが良かったようです。

壊れるまで大事に使おうと思っています。