旅日記 電車の旅

京都「戦国時代展」はまさかの戦国無双とのコラボ!!

更新日:

2月25日から4月16日まで!これは絶対いく!!!

先日仕事で京都を走ってると、こんなポスターを見つけて立ち止まりました。

戦国時代・・・展?なんだよ楽しそうなのがくるんですね、と。

真ん中にはこう書いてあります。

「どんな夢を見ることだって、できた」と。いやいや僕は毎日ドリーマーですよ!

早速家に帰って公式サイトをチェックしてみました。東京と京都の開催で開催で京都ではこんな感じ。

  • 会期 2月25日から4月16日まで、月曜日休館の春分の日はオープン。
  • 午前10時から午後6時まで、金曜日は夜の7時30分まで

場所は京都文化博物館。こないだエジプト展を見に行った場所ですね。これ、めっちゃ良かったので会社で宣伝しまくったらいっぱい行っててびっくりした。

戦国時代展のこれが楽しみ!

さて、戦国時代展の中身。

f:id:masaki709:20170219192433p:plainまさに群雄割拠の時代、それを時間軸で眺めながら地方大名がそれぞれ咲かせた文化や美術品などが集まってくるようですね。このぐらいの時代になると今でも保存されているものが多いし、所蔵していた人のことを知ってると言うだけでも垂涎もの。

  • 重要文化財 真如堂縁起(下巻)
  • 国宝 上杉家文書(関東幕注文)
  • 真田家伝来の法螺貝
  • 川中島合戦図屏風(岩国本、米沢本)
  • 粟田口吉光 五虎退(上杉家)
  • 上杉謙信 烏帽子形兜

これらが間近で見れるなんて嬉しい。もちろんですけどこれらをじっくり見たあとに購入するのは公式図録。資料がたっぷり詰まって2500円で買えるなんてほんと良心的。歩き疲れて入った喫茶店でコレをニヤニヤしながら眺めることの心地よさよ。

f:id:masaki709:20170219200004p:plain

そして同時に特別展示で「上杉家文書」の世界というものも行われるみたい。これも絶対見たい!鎌倉時代から江戸時代にかけて米沢上杉家に伝えられた文書2018通の総称とする米沢文書は歴史的資料としてもたまらぬ。

本文書の特色は、大部分の文書が保存のための軸装、巻子装など改装されておらず文書が作成されたままの状態で保存されており、書札礼を考察する際に重要な折り方、包み方などを含め、上杉家で受け取った時のままの形態で保存されている点であり、文書の本来の形態を知る上で学術的価値が高い。

上杉家文書 - Wikipedia

掛け軸にしてしまったり(軸装)、軸に巻いて巻物っぽく(巻子装)してしまって装飾してしまう古文書などが多い中、しっかり文書のまま保存されているというのが素晴らしい。

そもそも、和紙というのは洋紙に比べて繊維が長く、雁皮などを丁寧に漉いたことで作られるため保存もしやすい。洋紙は100年、和紙は1000年なんていいますからね。現存する和紙の最も古いものは701年の大宝律令を記したものだとか。

うーん、こういうことを書き出すとブログというのは延々に書けるものですね。

f:id:masaki709:20170219195834p:plain

 家に近くにも織田信長

そもそも、私の住んでいる滋賀県というのは戦国時代に京都への入り口として大いに戦いが繰り広げられた地域でもあります。実際ウチのすぐ近くで織田信長が最初に楽市楽座の命令を出したとか言われてます(1572年、金森に楽市楽座)、でも実際は1549年に六角定頼が観音寺城下に出した楽市楽座が本当は一番古いというのが定説・・・あ、これも滋賀県です。

ああ、この辺を信長が走り回ったのかな、明智光秀が坂本城にいたんだな、石田三成が本当は嫌われてないのに嫌われ役にされちゃったんだなといろいろと感慨深い。

なんと戦国無双とのコラボ!

この戦国時代展、ゲーム「戦国無双」を作っているコーエーテクモとコラボを行っていまして・・・

f:id:masaki709:20170219201820p:plain

グッズ販売でシールやノートを売ってたり!まあ実際キャラはめちゃくちゃなんですけどね(笑)

  • なぜか子供で両手にピストルを持った伊達政宗「馬鹿め!!」
  • 「お前さん」と言いながら軽いフットワークで敵を倒す秀吉の妻、ねねさん
  • なぜか「なんちゃって」とおちゃめで軍配を武器にする武田信玄
  • 蹴鞠を武器にするナヨナヨキャラ今川義元
  • 家康はなぜか槍の先が大砲になっている

とかゲームやってるとメチャクチャ具合が実に面白いんですけど、一番しびれるのが信長。声が渋くて「なで斬りぞ!」とか言うわけです。この動画でも言ってるわ(笑)

youtu.be

そして展示会場によくあるレンタルの音声ガイドにこのゲームの声優さんが採用されたとか!あの声とかこの声とかその声が説明をしてくれるなんてたまらん!!!

f:id:masaki709:20170219203155p:plain

これはたまらんなあ!「信長の茶碗ぞ!!!」とか言われたら本当にまずい。笑いが止まらなくなると思う。

上杉謙信:中田譲治さん
武田信玄:大友龍三郎さん
毛利元就:石川英郎さん
織田信長:小杉十郎太さん

この顔には彼らの声しか似合いませんからね、ぜひ聞いてみたいです。

最後に

もしかするとこのゲームなどの関係で、このイベントは若い子なども多くなるかもしれません。この時代は老若男女みんな好きだとは思うんですが。できれば学生さんは平日に、大人は土日に、という感じで分散してくれるといいんですが。

じゃないとゆっくり見れなかったりするんですよねー。

その他京都で楽しんだ展覧会などはこちら。

no image
京都の「黄金のファラオと大ピラミッド展」に行ってきました。エジプトとの距離がぐっと縮まる展示が満載!

これ、紙のパンフレットを見たときから絶対に行こうと決めてたんですよ。 TBS「TBSテレビ60周年特別企画国立カイロ博物館所蔵黄金のファラオと大ピラミッド展」|TBSテレビ 京都で始まったのが10月1 ...

続きを見る


大政奉還150周年特別プロジェクト、渉成園秋の特別公開と没後150年坂本龍馬展

目次京都駅から半径2キロの旅東本願寺に秋の渉成園特別公開特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」まとめ 京都駅から半径2キロの旅 さて、今日は文化の日。新しいカメラを持ってどこに行こう。昨日は自転車に乗っ ...

続きを見る


no image
京都の北野天満宮の梅は3月に入ってからが見どころ

目次花を見るよりつぼみのほうが多かった気がします寒さの影響かつぼみが多かった使用したカメラなど 花を見るよりつぼみのほうが多かった気がします 仕事を私用で休んだので今日は京都を散策。カメラを持って出か ...

続きを見る

feedly

feedly

投稿記事の下関連記事

-旅日記, 電車の旅

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.