スポーツ 自転車

10万円ちょっとで買えるSHIMANO105搭載ロードバイク。ブレーキもホイールもシマノで良心的!

更新日:

LINEで送る
Pocket

10万円ちょっとでアルミロードバイク、コンポが105なら間違いなくおすすめ。

楽天でおすすめしている商品は「どの商品が売れたか」は私にはわからないようになっていますが、たまに値段を見て「ああ、これが売れたのか」と思うものがあります。

そして見つけたのがある自転車ショップで10万円を少し超える値段の自転車。これを見たときに「クロスバイクにしては高い。ロードバイクならコンポ次第で安いかな」とちょっと興味が湧いてしまったわけで。

そのショップを見に行って値段を見て行くと・・・ああ、これだ。

GARNEAUというブランド(ルイガノのレースカテゴリー)ぱっと見てわかるのは

  • コンポが105

このくらい。でもこの「コンポが105」っていうのは街乗りでは十分すぎる、レースに出ても良いくらいのコンポです(私のロードも105)ロードバイクのコンポーネントでシマノはとても有名ですが、バリバリのレースから街乗りまで用途によってグレードが分かれています。

  • DURA-ACE(デュラエース)11速
  • ULTEGRA(アルテグラ)11速
  • 105(イチマルゴ)11速
  • TIAGRA(ティアグラ)10速
  • SORA(ソラ)9速
  • CLARIS(クラリス)8速

ロードバイクに使われるのはこのあたり。●速と書いてあるのは後ろのギヤの変速段数です。ギヤ数が多いほど自分の走っているスピード、状況に最適なギヤを選ぶことができますが、お値段も正直に下から順に高くなります。

1つの大きな壁はTIAGRAと105にあります。DURA-ACEから105までは11速ということでコンポーネントに互換性があるんですよね。でもTIAGRAに関しては10速ということで互換性がありません。総入れ替えということになってしまいます。

そこで、「我慢してTIAGRA」にするか「お金をためて105」という悩みは初めてロードバイクを買う人なら一度は悩む部分です。とかいう僕も散々迷いましたので。 でも、このガノーのバイクを見たときに「おお、105載せてて10万円ちょっとか、これは安いな」と思いました。じゃあもう少しスペックを見てみようかと。

ちなみに私の購入したのはGIANTのロードバイク。ちなみに15万円ほどしました。

ロードバイクGIANT CONTEND SL1を注文しました!

CTR COMPのスペックを見てみた

せっかくなので楽天のページではなくガノーのHPを見に行って調べてみた。

 

SIZE 380mm, 420mm, 460mm, 500mm, 540mm (C-T)
MAIN COMPONENTS SHIMANO 105 (22 SPEED)
FRAME MATERIAL 6069 ALUMINUM DB
FRONT FORK UD CARBON
HEAD SET FSA NO.42B/CUP 1-1/8"/1.5" ALLOY INTERNAL
SIZE(C-T)/適正身長(cm) 380mm(145~160), 420mm(150~165), 460mm(160~175), 500mm(170~185), 540mm(175~190)
HANDLE BAR ALLOY DROP (380/380mm,420mm, 400/460mm,500mm, 420/540mm)
STEM ALLOY A-HEAD ANGEL 7 DEGREE (70/380mm, 80/420mm, 90/460mm, 100/500mm, 110/540mm)
CRANK SET SHIMANO 105 50X34T (165/380mm,420mm, 170/460mm, 500mm, 175/540mm)
B/B(B/B WIDTH/AXLE) SHIMANO 105 (68mm)
PEDAL NIL
F DERAILLEUR SHIMANO 105
R DERAILLEUR SHIMANO 105
SHIFTER SHIMANO 105
BRAKE SHIMANO 105
BRAKE LEVER SHIMANO 105
FREE WHEEL SHIMANO CS-5800 11-28T 11SPD
CHAIN KMC
SADDLE LG RACING
SEAT POST ALLOY 27.2mm (300/380mm,420mm, 350/460mm,500mm, 540mm)
HUB SHIMANO WH-RS010
SPOKE SHIMANO WH-RS010
RIMS SHIMANO WH-RS010
TIRE KENDA K1092 700X25C

よくコンポは105だけどブレーキだけTEKTRO、で値段を下げる作戦を使うバイクもあるけど、これは本当にフル105。ホイールもしっかりシマノを使っている良心的。

定価が148,000円の税別、というのも十分わかる。だって僕のロードバイクよりスペック的に上だもの。

注意事項

値段は安いですが通販でロードバイクを買うというのは慎重さが必要になります。買ったあとの自分の体へのセッティング、メンテナンスなども十分検討しましょう。ロードバイクを初めて買うけど調整なんて適当でいいだろう、という人は買わないほうが良いです。

自分でメンテナンスができる人か、自転車ショップに知り合いなどがいる人、アサヒなどの量販店できちんと持ち込んでメンテナンスにお金を払える人ならいい買い物なのではないでしょうか。無理やり買う必要もないですし、ただ「ロードバイクほしいなぁ」と思ってる人にとっての最初の一台としてはなかなか良いんじゃないかなと思った次第です。

ロードバイクは購入後にあれこれパーツを買う必要があります。自転車本体以外にも出費がかさむのでご注意を。ネット通販で割安で買うのがオススメです。実際に私が買って使っているのはこちら。

ロードバイクのために買ったおすすめパーツを一覧で紹介します

LINEで送る
Pocket

投稿記事の下関連記事

-スポーツ, 自転車

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.