あれこれやそれこれ

ぬばたま

自転車 趣味

ロードバイクを買う前、買った時、買ったあと総まとめ!

更新日:

ロードバイクに乗りたい!を叶える前から叶えた後までのこと

※過去記事です。すでにロードバイクを購入しています。

ブログで得た収益は家族のためにもいろいろと使ってきました。

長男には電子辞書、妻にはWindowsノートパソコン、自分にはChromebook。次男はいま中学2年生なので高校入学時に部活にあわせたものか勉強に使う何かを買ってやろうと思っています。さり気なく聞いても欲しいものがなさそうなので。

といいながら、交通違反の罰金に消えた収益もありましたが・・・毎月少しづつ貯めて買おうと思っていたのがロードバイク。今は4万円ほどのクロスバイクなんですが、変速もうまくできなくなり、サドルは破れてきたし…部品の修理をするのももったいない、そろそろ引退させてやりたい。この自転車めちゃくちゃ乗ってるんですよ。

クロスバイクとの思い出を少しだけ語る

会社の通勤を原付きにした途端体重がどんどん増えて60キロが78キロ。階段の登り降りにもフーフー言うとは情けない。ということで原付きの調子が悪くなった時に3000円で下取りに出してしまい、毎月2000円の約20ヶ月払いという家族ローン(涙)でクロスバイクを買ったのです。

なぜ約20ヶ月だったかというと、タイヤやチューブなど交換部品を買うお金も捻出できないほどお小遣い苦しかったから。

年間休日90日ほどの会社に往復14キロ走り続けました。買ったのが2012年の3月ごろなので・・・ざっくり1万6000キロくらい。日本からブラジルまで自転車で走ったような感じです。通勤以外にも京都に行ったり琵琶湖一周したり。

f:id:masaki709:20160604173437j:plain

長浜城。

f:id:masaki709:20160604173506j:plain

白鬚神社。

f:id:masaki709:20160604173526j:plain

瀬田の唐橋。琵琶湖をざっと一周すると200キロなんです。朝6時に出掛けて12時間半。途中で膝が痛くなったのでちょっと時間かかりすぎましたけどね。4年以上毎日のように走った自転車。ノーブランドだったけど当たりだったのか、パンクこそあったものの大きな故障なく今まで乗り続けています。

ロードバイク貯金を始めた

クロスバイクに乗りながら、すれ違うロードバイクに乗ってる人に挨拶しながら「ああロードバイクほしぃなぁ」と思っていました。確かに安いロードバイク(のようなもの)なら2万円くらいのものもあるんですよ。

変速ができてドロップハンドルで一見「ロードバイク」に見えるもの。でもやっぱり軽くて変速がさくっとできてカッコいい、どこまでも走っていけるような本物のロードバイクに乗りたい!

雑誌を読んだりレビューを見たりしてメーカーや部品を考えると10万円以上は軽くかかるんですよ。まずは10万円貯めてそこからどこのロードバイクを買おうか考えようって思っていました。

クロスバイクの家族ローンが終わった頃から数百円とか数千円とか貯めつつ、最近ではブログの収益を「家族にも配分しながらバイク貯金」にしてきまして、やっと10万円を超えるところまで来たのです。

さて、何を買おう・・・

貯金している最中では考えもぼんやりなんですよね。「あのメーカーの色がカッコいい」とか「やっぱりSORAよりTiagra以上にしたほうがいいのかな」とか。本体の素材もカーボンもあればクロモリもあればアルミもあるし、メーカーだって何十社もある。

それがだんだん貯金が貯まるにしたがって現実っぽくなるというか具体的になるというか。自分の生活から出てくる条件とかも考えると少しづつ狭まってきます。

  • マンション住まいで盗難は防ぎたいので部屋に持ち込んでベランダに保管
    (部屋数が少ないので室内には置けないんです)
  • 自転車通勤は継続するので雨の日は雨合羽を着用してでも走る。
    (今使っているメッセンジャーバッグは完全防水なので、そのまま使うかオルトリーブのヴェロシティを買ってリュックっぽくいくかも悩み中。
  •  雨に濡れるのでクロモリは避けたほうが良さそう。カーボンもベランダで倒れたりする可能性とか屋外保管とかいろいろ考えるとやっぱり避けておいたほうが無難かな
  • コンポーネントは買った後のメンテも含めて考えるとシマノ一択。もちろん105以上が良いと思いつつ、泥水かぶりながら走ることもあるので数年できっと交換必須。やっぱTiagraでもいいか・・・SORAでもいいのかな。
  • レースに出るつもりはないけど、通勤以外に200キロくらいの遠出はしてみたい。琵琶湖一周とか輪行でもっと遠くとか。写真を撮ったり休憩したりしつつ1日掛けてゆっくり走りたい
  • メンテナンスを考えると今回は通販はダメ。自分で通えるお店で買っていろいろ相談しながら乗りたい。メンテナンス自体は自分で少しづつ覚えたい

検討したロードバイクのメーカーや車種について

以前からカッコいいよなぁと思いつつ、調べてみたら僕と同い年のCannondaleはアメリカのメーカーで高品質高性能のアルミバイク製造メーカーとして有名。

CAAD8 TIAGRAが14万5000円。SORAだと2万円ほど安く買える。

f:id:masaki709:20160604201815j:plain

そう思っていると近所にGIANTストアがオープン。GIANTも有名な台湾の自転車メーカー。

他社メーカーと同じ値段を出すとワングレード上のコンポーネントがつくくらいのコストパフォーマンスがとっても魅力。それにショップが近いとなると・・・買うとすればDEFYかTCRかなあ。まずはDEFY。

f:id:masaki709:20160604203520j:plain

DEFY1で14万5000円。コンポーネントがフル105なんですよね。もう1グレード下のDEFY2で12万5000円。フルTIAGRA。SORAなら10万円のエントリーモデル。街乗りから遠出、ヒルクライムまでできるシリーズということで。

ロード乗ったら速く走りたいという衝動が起きてしまうものなのかな、と考えるとTCRも視野に入ってしまう。

f:id:masaki709:20160604204206j:plain

TCR0で105,TCR1でTIAGRA。値段はDEFYとほとんど変わらない。

10万円台のロードバイクって入門用のシリーズとしてラインナップ多いんですよね。他にもいろんなメーカーが出しています。コンポはシマノ製が多いし性能差なんて僕くらいの自転車乗りならきっとあんまり変わらないと思ったりして。そこから数ヶ月、本当にいろいろ楽しく悩みながら過ごすことになります。

そもそも自転車って何が楽しいんだろう

それこそ幼稚園の頃から自転車にはずっと乗り続けてきました。社会人になるまでは通学の移動手段としてとしか考えていませんでしたが、大人になって通勤として自転車に乗ってみると、変わっていく景色とか夕暮れの時間を楽しみながら走るとかという「自転車だからこそわかる楽しみ」みたいなものが得られるようになったんですよね。

そこからクロスバイクというスポーツ車を買い、ちょっとづつ遠くに出かけることで「いつもと違うところに自分の力で出かけられる楽しみ」が増えてきたんです。自転車って自分の足で漕ぐのにびっくりするほど遠くに出かけられるんです!もちろんギヤ比とかタイヤサイズによってひと漕ぎで進む距離っていうのは変わるんですけど、使い勝手の良いギヤを使っておよそ5m進むとすれば、100km進むためには2万回漕いだら絶対にゴールに辿りつけてしまうんです。

ひと漕ぎごとに間違いなくゴールにたどり着ける魅力ってありますよね。普段の通勤ならそのゴールが会社か自宅かになっちゃうんですけど(笑)

そしてついにGIANTでロードバイクを購入

そしてついに買いました。10万円どころか気づいたら15万円を超えてますが(笑)いいんです、自分へのご褒美!!

購入したのは新モデルのCONTENDSL1 ブレーキ以外shimanoの105を載せたエンデュランス系のロードバイク。ハンドルがやや高くロングライドにも最適な1台でした。

注文から到着、初回のメンテナンスにかけての話は別途記事にあげてあります。

ロードバイクGIANT CONTEND SL1を注文しました!

ロードバイクGIANT CONTEND SL1の初乗りレビュー

【無料】GIANTストアでロードバイクの初回メンテナンス

そしてメンテナンスで安全を確認した私はついに憧れの「ロードバイクで琵琶湖一周」を果たしたのでした。

自転車で琵琶湖を一周(ビワイチ)してきたので道路の注意点などもまとめてみます

ロードバイクとの生活について

ロードバイク通勤(往復15kmくらい)を毎日やっています

ロードバイクを乗るときに不安なのは盗難。会社の駐輪場はメイン道路に面しているので、無人のときにさっと盗まれたりしたらわからないのです。

購入したとき、うちの社長に「ロードバイク買うんですけど会社の中に置いていいですか?」って聞いたら二つ返事でOKだったので!

「どこでも良いけど倒れんとこにおいときや」いやもちろんです(笑)それでも鍵は掛けますよもちろん。絶対に盗まれたくないので。

京都まで散歩(往復100km位)もいきました!

自宅から京都に向かい、京都を散策して帰ってくると大体100kmなんです。朝出掛けて山を超えて京都に入るとだいたいお昼前。お弁当屋さんでお弁当を買って鴨川に腰掛けて昼ごはんと昼寝。

これも別の記事にしてあります。

京都ぶらり観光は自転車が絶対オススメ!

続きを見る

レースに出るつもりもありませんし、のんびり遠くまで走って美味しいものを食べたりきれいな景色を写真に収めたりするのが楽しいのです。

ビワイチ(琵琶湖一周、200km位)もやりました!

私が住んでいるのは滋賀県、琵琶湖ってこんな形をしてるんですが

f:id:masaki709:20160620232443p:plain

赤く塗ってるところに琵琶湖大橋っていう長い橋がかかってます。この橋より北を「北湖」南を「南湖」と呼んでます。

  • 北湖のみ ざっくり150キロ
  • 南湖のみ ざっくり50キロ
  • 北湖+南湖 だいたい200キロ

時速20キロで走ると10時間、30キロで走ると7時間くらい、それに食事や休憩などの時間を足すとちょうど1日で回れる感じなんですよね。以前チャレンジしたときは琵琶湖大橋の近くからスタートして東側を北上して北湖の西側を回って西側の南湖へ、グルっと回って東側の南湖を通って帰ってきたんですが、GPSで測るとほぼ200キロでした。

クロスバイクでチャレンジしてもいいんですけど、やっぱりハンドルの握り方のバリエーションが少ない分手首の負担がきついのと、やっぱり最後の50キロは膝が痛くなりまして^^もう一度リベンジしてみたいと思ってるんです。

真夏にやるとしんどいので(なんせ40代)秋頃にはやってみたいなぁと思っていました。

※追伸 これ、やってきました。

自転車で琵琶湖を一周(ビワイチ)してきたので道路の注意点などもまとめてみます

ロードバイクで琵琶湖一周「ビワイチ」に行ってきた体験レポ!

その他ロングライドの思い出

他にもいろいろ出かけてみました。

梅花藻ただよう醒ヶ井へロードバイクに乗って出かけた話

続きを見る

【自転車】2018年永源寺の紅葉を見に行ってきた

続きを見る

まだまだこれからも乗り続けますよ!

ロードバイクはパーツやメンテナンスにお金がかかる

クロスバイクに載っているときに購入したもので流用できるものもあるのですが、結局はほとんどのものが買い直しになりました。

ヘルメットは2年程度で買い替えを推奨されているし、ライトはスピードに合わせるともっと明るいものが欲しくなったりして。

購入したパーツはレビューなどを書きながらこちらにまとめていきました。

クロスバイク、ロードバイクのために買った自転車用パーツを一覧で紹介します

続きを見る

しばらく使ってみて「あんまりだったな」というものは消してしまったりもしますが。それはそれで載せておけばよかったです。

最近ではパニアバッグ(サイドバッグ)を購入したのですが、これは遠方へいくときにはかなり良いものでした。

【快適】サイドバッグを自転車に取り付けてみた

続きを見る

またこれからもご紹介してみようと思います。

まだまだ続く自転車との付き合い

ロードバイクで車道を縦横無尽に走りまわる人がいます。信号無視をする人や無理な追い越しで車や他の自転車、歩行者にまで迷惑をかける人がいます。車にぶつかってもケガをするのは生身の人間、自己都合でケガをするのは本人の勝手ですがやっぱりいろんな人に迷惑を掛けてしまう行為です。歩道は走らない、歩道がない場所で歩行者を見かけたらいつでも止まれるような徐行運転で。ヘルメットはしっかりかぶり手袋は暑いけど指先まで保護するタイプを。

信号を守るのはもちろんのこと、人に迷惑をかけないような運転を心がけて「ああ、ロードバイク乗りにもマナー良い人がいるんだな」と思ってもらえるように走りたいと思っています。

-自転車, 趣味

Copyright© ぬばたま , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.