ぬばたま

あれこれやそれこれ

Wi-Fi インターネット

デスクトップパソコンも無線LAN化!Wi-Fi接続する方法を解説

無線LAN子機を買うだけでデスクトップパソコンがWi-Fi接続できる!

我が家にはインターネットを使用するものがいろいろあります。妻のノートパソコンに子供たちのタブレットやスマートフォン、私のiPadやiPhoneなど。それらはすべて無線LANルーターとWi-Fiで接続され、家の中でいつでもどこでも自由にインターネットを使う事ができます。ただ私のデスクトップPCを除いて。

私が一番よく使うデスクトップパソコンは無線LAN機能がついていないため、LANケーブルを使ってパソコンとルーターを繋ぐ(有線LAN接続)必要があります。部屋の隅をケーブルがつたっていてホコリがたまるし見た目もすごく悪い。これをずっとなんとかしたいと思っていました。

この記事は私が「デスクトップパソコンもある部品を買えば簡単に無線LAN化できる」ことを知り、その部品(無線LANアダプター子機)を購入、実際に使用してみたレビュー記事になります。実際に選ぶ前に考えたこと、Wi-Fiのマメ知識などを書きながら最後におすすめの無線LANアダプタを紹介しています。

おすすめ機器をすぐに見たい、という方は【目次】から各見出しにジャンプできますので、おすすめ無線LANアダプタトップ5まで読み飛ばして下さい。

※Wi-FiではなくBluetoothがいい!というかたはこちらの記事を是非ご覧ください。

デスクトップパソコンにBluetooth機器を簡単接続する方法

続きを見る

無線LAN子機は使用する環境で買い分ける

家電量販店の売り場に行くといろんなタイプのものが売ってたので、どれがいいのか迷ってしまいました。見た目だけでもこんな違いがあります。

たくさんの種類に迷う

  • USBメモリーのように小さいもの
  • USBメモリーの先にアンテナがついているもの
  • 高速通信「11ac」が使えるもの、使えないもの
  • 速度の速いもの、それほどでないもの
  • USB2.0だけのもの、USB3.0にも対応しているもの
  • 値段は2000円くらいから6000円くらいまで

何がどう違うのかもわかりません。とりあえず自宅の状況を考えてみます。

自宅の状態をチェック

  • 3LDKのマンション住まい、リビングにパソコンも無線LANができるルーターもある
  • デスクトップパソコンは古いので買い換える可能性がある
  • 親機ルーター「NEC PA-WF1200HP2」は11ac(5GHz)対応(当時)

それを考えながら並んでいる商品を眺めると、少しづつ商品が絞られていきます。

  • リビングにルーターもパソコンも置いてあるので、壁や障害物が少ないからアンテナのような立派なものでなくてもよさそう
  • デスクトップパソコンはいずれ買い換える可能性があるし、現状のパソコンに合わせるよりも買い替えた後のものでも使えるような仕様のものを選んだほうが良さそう。とくに現行のものはUSB2.0だけど、次ならUSB3.0になることを考慮しておこう。
  • せっかく自宅のルーターが11ac(5GHz)に対応しているなら高速通信らしいのでそれは使いたい。

Wi-Fiの規格、11acや5GHzとはなにか

ところで11acとか5GHzとかよくわからない、そもそもWi-Fiってなんだ?という人のために説明を。

Wi-Fiってなに?

パソコンやテレビ、スマホやゲームなどネットワーク接続する通信機器を無線でLAN(ローカルエリアネットワーク)接続する技術を「Wi-Fi」といいます。

最初は参入メーカーが独自の仕様でWi-Fi機器を作ってしまい、メーカーが違うと接続ができなかったり、干渉して動かなくなることが起きました。そこで規格を統一することになり、1999年にアメリカでWireless Ethernet Compatibility Alliance (WECA)という団体が作られ、共通規格での機器製造が始まりました。

そして活動するうちWi-Fiというものの知名度が上がってきたことからWECAは2002年10月にWi-Fi Allianceに改名し、翌年から国際標準規格のIEEE 802.11規格の認定を行うようになった、という歴史があります。

先ほどの11acというのはそのIEEE 802.11規格の中の一つです。新規格が出るとともに通信速度が高速化していくのがわかります。

通信速度はどんどんアップしている

  1. IEEE 802.11a(1999年)5GHz帯を使用し、最大リンク速度54Mbps
  2. IEEE 802.11b(1999年)2.4GHz帯を使用し、最大リンク速度11Mbps
  3. IEEE 802.11g(2003年)2.4GHz帯を使用し、最大リンク速度54Mbps
  4. IEEE 802.11n(2009年)2.4GHz帯および5GHz帯を使用し、最大リンク速度600Mbps
  5. IEEE 802.11ac(2014年)5GHz帯を使用し、最大リンク速度6.9Gbps

そして2019年にプログラムが開始されるという新規格が「Wi-Fi6」というもの。これについては別記事がありますのでお時間があるときにどうぞ。

現在一般家庭に普及している最高速の規格が11acというわけです。ここで出てくる5GHzと2.4GHzというのは電波の帯域なのですが、これらの違いも簡単にまとめてみます。

 

2.4GHz帯域の特徴

<長所>
・壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きやすい。
・各Wi-Fi端末が対応している。

<短所>
・色々な製品で使用されている無線帯域なので、混雑や不安定 になりやすい。
(アパート、マンション等だと他の部屋からの電波の影響を受ける事もある)

5GHz帯域の特徴

<短所>
・2.4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなる。
・旧世代の無線ルーターの場合、5GHzに対応していない場合がある。

<長所>
・基本的にルーター以外で使用されない帯域なので、非常に繋がりやすく安定している
・2.4GHzと比較してより、高速な通信 が可能。

この辺りを考慮して機器を選ぶのが良さそうです。

無線LANアダプタをいざ購入!

これらをいろいろ考えて商品を手に取ります。まず左手に第一候補を握り、右に第二候補を握ります。2つの商品を見比べながら買おうと判断したものを左手に持ち替えて次の製品を見比べていく方式をとっていきます。Amazonなどのネット通販ではできない光景ですね。

  • アンテナタイプは大きくて不要
  • USBメモリーのような小さなものがいい
  • 11acを採用しているものに絞る
  • 簡単に接続できそうなもの、アフターフォローが良さそうなものにしよう

で、最後まで残ったのが購入した WDC-867SU3SBKだったというわけです。


購入し、 自宅で接続するまでの順番はこんな感じでした。

  1. CDもしくはオンラインでドライバをPCにインストールする
  2. 無線LAN子機(アダプター)を本体をPCに接続する
  3. 勝手にセットアップが始まる
  4. セットアップが完了するとタスクトレイに電波マークがでる
  5. SSIDとパスワードを入れる
  6. 接続完了

非常に簡単でした、が!説明書にかかれていることと若干違ったのはPCがWindows10だったからかもしれません。しかし問題なく使うことができました。

Wi-Fiの速度を計測してみると予想より速い!

以前ルーターを買った時に計測した有線LAN速度のデータが残ってたので、これと無線LANの速度比較になります。

こちらが前回の有線LANで接続した時の速度

f:id:masaki709:20160911233713j:plain

そしてこちらが今計測した無線LANのもの。

f:id:masaki709:20160911234029p:plain

有線LANと同じ速度は出ませんが、思ったよりも高速です。これならYouTubeなどの動画を見てもまったく問題がありません。

おすすめ無線LANアダプタトップ5

部屋の間取りや持っている無線LANルーターの能力などによって買い分けるといいと思いますが、デスクトップパソコンならアンテナタイプの物を買っておくほうが受送信も強く安心。

ノートパソコンに使うなら小さなタイプのほうが目立たないし良いです。値段もそれほど大差ないんですよね。

ぜひ検討してみてください!商品横のボタンはそれぞれAmazon、楽天、ヤフーの各ショッピングサイトに直接飛ぶことができるようになっています。ぜひお使い下さい。

1位 Carantee WiFi 無線LAN子機

◆Amazonで「品質がよく即発送できるおすすめ商品」のAmazon's Choice」に選ばれている商品(2019年6月現在)
◆Amazonのレビューが200件オーバーで平均スターが4.7の高評価(レビューのサクラが多いと日本語があやふやなのですぐわかります)
◆11ac+USB3.0の高速通信で最高1200Mbps通信、可動式ハイパワーアンテナ、つないだパソコンが無線LANの親機にもなる1台2役
◆電波法令で定めている技術基準に適合している技適マーク取得(技適認証番号:R204-72047)18ヶ月の保証付き
◆Windows/Mac/Linuxにも対応

2位 バッファロー WI-U2-433DHP


◆準拠規格:11ac/n/a/g/b 最大433Mbps
◆大型アンテナで3軸方向に折り曲げ可能

サキ
ダントツの人気なのはこれ。メーカーの安心感とコスパの良さが人気の理由です

 

3位 TP-LINK TL-WN725N


◆準拠規格:11n/g/b 最大150Mbps

サキ
ノートパソコンでも目立たないサイズなのに高出力アンテナを内蔵しています

※この機器は11acに対応していません。11acに対応していてお求めやすい価格なのはこちら。

 

4位 エレコム WDC-433DU2HBK


◆準拠規格:11ac/n/g/b/a 最大433Mbps
◆1000円台半ばで11acが拾える低価格
サキ
新開発アンテナ搭載で従来比145%も飛び性能がアップしています

 

5位  バッファロー WI-U2-433DMS


◆準拠規格:11ac/n/a/g/b
サキ
11ac準拠で接続も安定、さらに価格も安くておすすめ

 

4位 エレコム WDC-867SU3SBK


◆準拠規格 11ac(のみ)最大867Mbps
サキ
小型でノートパソコンにも使いやすく、障害に強くなっています

ネット環境を確認、ルーターの買い替えも大事です

親機の速度が低い場合はどんなに高額高性能のアダプタを使っても通信速度はあがりません。11acが使えるアダプタを購入しても無線LANルーターが11acが使えなければ高速通信はできません。

現在私が使用しているルーターはTP-Linkという中国のブランド、 無線LAN ルーター Archer C2300というもの。TP-Linkは中国深圳でブロードバンドの接続機器を作るメーカー。Amazonに積極的に商品展開をしていて品質も良好。Amazonを見ていると怪しげな中国製品が多い中、今や無線LAN機器の世界シェアは2018年で8年連続1位をKeepしている無線LANの巨人。

TP-Linkの無線LANルーター Archer C2300を購入して設置したらネットの速度が上がった

続きを見る

正直なところ「どうせ」という気持ちがなかったわけではありませんが、購入して約1年経ちますがまったく問題が出ません。安定してインターネットを使うことが出来ています。

インターネットの速度が出ないという方は無線LANルーター本体の購入から見直すのも良いかもしれません。

不安な方は無線LANルーターと子機はメーカーを揃えたほうがいい

こういった無線LAN機器を設置するときによく聞くのが「パソコンなどとの相性」です。OSやメーカーによって速度が出なかったり接続が切れたり。そうなった場合に無線LANルーターの設定を見直してみたり購入した子機を確認したりするのですが、無線LANルーターと子機のメーカーが違う場合原因を特定するのが難しくなったりします。

夏になると無線LANルーターが熱暴走を起こしてスピードが低下したり切断と接続を繰り返してしまうこともあります。

無線LANルーターが途切れる原因は暑さによる熱暴走かも。冷却したら解決したので熱対策グッズを購入した

続きを見る

たとえば、同じメーカーのものであればサポートに連絡をして「ルーターは貴社の○○、子機を△△なのですが、こういう症状です」と質問すると先方も答えやすいのですが、どちらかが他メーカーだと原因を見つけるのが困難になります。できることなら無線LANルーターと子機は同じメーカーのものを購入するのがおすすめです。

2019年現在売れ行き好調の無線LAN子機と親機をセットにしてご紹介している記事を書いてみました順次更新していきます。

【2019年】無線LAN子機のオススメを5つに厳選、ご紹介します

続きを見る

ホテルの利用が多い人はホテルルーターをオススメ

出張などでホテルに宿泊すると「無料Wi-Fi完備!」などとうたっていたものの実は壁が厚いのかまともに使えなくて仕事に使えなかった、なんてことはありませんか?2000円ほどでホテルの有線ケーブルを無線LANに変えてしまう「ホテルルーター」というものもあります。

出張が多い方、ホテルのWi-Fiのセキュリティが気になる方はこちらの記事をどうぞ!

ホテルルーターBUFFALO  WMR-433Wは遅くて危険なWi-Fiを快適安全にする

続きを見る

-Wi-Fi, インターネット
-

Copyright© あれこれやそれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.