ハンモック リアルライフ

ハンモックブロガー、寝袋開封の儀【ハンモック+寝袋最強】

更新日:

 ハンモックとの一体感がたまらない!寝袋最強!

買ったのはコールマンのパフォーマーシリーズ。いわゆる「封筒型」で二方向がファスナーになっているもの。寝袋にはパンのコロネのような「マミー型」と、私が買ったような「封筒型」の二種類があります。

封筒型は周りがファスナーになっていることで出入りがしやすいのと、ファスナーを開けることで寝袋内の温度を調整しやすいんです。足元だけファスナーを開けて温度を下げるといった調整ができます(ダブルファスナーの場合)

※今回私が買ったのはパフォーマーのC10ですが、2017年に最新版がでているので、そちらをご紹介します。以下の写真などは昨年モデルなのでご了承下さい。

お待ちかね開封!

くれぐれも買う時は「住んでる地域の最低温度」や「一戸建てか、マンションか」など生活環境によって【使用可能温度】をチェックして購入してくださいね。使用可能温度というのは「登山服を着た状態で寝袋に潜り込んだときに寒さを感じず寝ることができる温度」なので、パジャマで寝る場合にはあと1~2ランク耐寒仕様のものを買う必要があります。

f:id:masaki709:20151103112943j:plain

普段Amazonが大好きな私は、Amazonのオリジナル箱で到着するとつい落書きなどをしてしまうんですが、寝袋はコールマンの製品の箱そのままでした。

f:id:masaki709:20151014204412j:plain

ただの落書きなんっすけどね。すみませんおとなげないことで。さて、寝袋を広げてみます。

f:id:masaki709:20151103113037j:plain

触ってみると予想していたよりも分厚いです。もっとペラペラのものが来るのかと思っていました。ふっくらしていて熱が逃げない感じがします。

安物の寝袋のレビューによく書いてあるのですが「チャックが噛みこんで破れた」というトラブルを避けたかったので、ここは寝袋にとって大事なチェックポイントですね。

f:id:masaki709:20151103113518j:plain

噛みこみを防ぐチャック。この赤い部品が大きいことで噛み込みが防げそうです。そして中に潜り込んでみましたが、ナイロンっぽい冷たさが最初はあるものの、軽いうえに熱が逃げなさそう。これはいい!

チャックは2つついてて、足のところだけを開けることができます。僕は末端冷え性ならぬ「末端熱い症」なので真冬でも足を出したい時があるのでこれは便利です。

f:id:masaki709:20151103113733j:plain

ダブルファスナーのこちら側は普通のファスナーがついていました。さて、寝るのが楽しみです。ちなみにハンモックに載せるとこんな感じになりました。手前に見えている茶色いのは枕代わりに使っているクッションです。

f:id:masaki709:20151103130053j:plain

ついでにちょっと寝転んでみました。最高ですねこれは!

寝袋の使い方としては、ファスナーはカラダの左または右になると思うのですが、ハンモックで使用するときはファスナーを真上にすると寝る時も締めやすいと思います。

実際に寝てみました

さて、一晩寝てからの感想ですが、かなり快適に眠ることが出来ました。まず寝袋にくるまっていることで非常に温かいこと。そして暑いと感じた時は足元のファスナーをちょっと開くことで外の空気を簡単に取り入れることができること。長さ的にもちょうど良いですしファスナーで開閉できるので降りるときも入るときもすごく楽です。

これがマミー型の寝袋だとちょっと苦戦するかもしれません。

さて、私がこの時につかっていたハンモックが「ゆらふわモック」です。

耐荷重330キロをきちんと謳ってるのはここくらい。パイプの作りもしっかりしていて、なおかつバラす必要がなく簡単にたたむことができます。安物はパイプを繋ぐ仕組みなので作るのが大変ですよ。でもハンモック自体はバランスが悪いので買い直しました。

包み込むくらい大きくて軽い、水洗いできてパラシュート生地なので強い!でも長さがちょっと長いので、団子結びをして短くしてから固定してます。一人用でもいいかも。

そうそう、腰痛の方にもハンモックは最適だそうです。

follow us in feedly

-ハンモック, リアルライフ

Copyright© あれこれやそれこれ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.