あれこれやそれこれ

ぬばたま

時事・社会

運動会の組体操、10段ピラミッドで一番下の子が受ける負荷重量(動画あり)

更新日:

そこまでして「組体操」をする意義って?

 

前面10段のピラミッドで一人あたりの体重が50kgの場合、一番下のセンターにいる子には156kgもの負荷重量がかかるという計算になるそうです。

名古屋大学の内田准教授という方が適当な人だったら困るので一応調べてみました。

内田 良 : 名古屋大学大学院教育発達科学研究科・教育学部

著作に柔道事故とか児童虐待などの関連書があるので本腰を入れていらっしゃる方なのでしょう。で、Twitterを見たら「安全な組体操」の実現ということで運動もされていらっしゃる様子。

www.change.org

f:id:masaki709:20151018215408j:plain

10段ピラミッドの下中央は負荷が200kg!!!

立体の組み体操のピラミッド、一番きついところは負荷が200キロにもおよぶとか!

怪我をするからダメ、とか感動があるからいい!とかそういう問題ではないような気が・・・某中学では「僕は組み体操でピラミッドをやりたいです」と一筆取らせたところがありますから親御さん、本当に注意してくださいよ。学校は怪我より感動を取りますからね。上から落ちた骨折も怖いですが、潰れたときの下敷きになる危険というのも十分怖いです。

これは大阪府八尾の市立中学での動画ですが、骨折による重傷の生徒がでてしまっています。感動より安全を求めるべきなのですがまだ続くのでしょうか。

いまや組体操は自粛する動きもありますので、はっきりと「子供にやらせたくない!」と親御さんが叫んでもいいと思いますよ。

200kgって「軽乗用車1台のタイヤ一つあたりの重量」と一緒ですから。大事な子供にそんな重量を背負わせてまで得たい感動ってなんなのでしょうね。

-時事・社会

Copyright© ぬばたま , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.