あれこれやそれこれ

ぬばたま

エンタメ 私的雑記

もし司馬遼太郎がドラクエを小説風に書いたら

更新日:

司馬遼太郎が描くドラクエの世界とは(創作)

スライム、があらわれた。

勇者が出発する地域に多く生息し、旅立ちに必要な経験とわずかなお金をおとしてくれるモンスターである。毒があるわけではないが、少々の傷をあたえられることがあるので勇者の初心者は気をつけなくてはならない。

そんなスライムが、でたのである。

「面摺れがあるな」
スライムは言い終わるなり抜き打ちでのしかかって来た。
勇者はとっさに鞘でその体を受けとめる。一撃をしのいだ勇者はゆっくりと鞘を払い刀身を立てる。地肌は恐ろしいばかりに青く、スライムの色を受けて光っている。
(こいつは斬れる)
いや、勇者の経験とこの刀なら一閃するだけで倒せるといっていい。

余談ではあるが、スライムというのは古来より壁や天井に張り付いていて、人間や動物が近くを通った時にいきなり飛びかかり強烈な酸性の体液で獲物を溶かすモンスターである。本来、初心者の勇者にかわすのは難しかったと思われるのだがドラクエに関してのみ弱いモンスターとされているのは心にとどめたい。

さて、このスライム。
一撃をかわされ完全に身体がつんのめった形になった。勇者が軽く一振りした刀であっさり両断されてしまい、絶命。

「ゼリーが、ゼリーが」

とふたことまで叫んだのが資料に残っている。勇者ははにかんだように笑った。

「まだ子供だったのだ」

さて、そろそろラダトームを出てロトの洞窟に向かわなくてはならない。城を出て5歩歩いては敵と戦い、疲れたら宿屋に帰る生活もそろそろ終わらなくてはならない。今後はスライム以上の強敵もでてくるであろう。

ドラキーというモンスターがいる。公式ガイドブックにも「うかつに遠出すると殺されかかる例」として登場するほどの序盤では強敵である。針葉樹の森に出るドラキーと広葉樹の森に出るドラキーでは尻尾の形状が異なることは覚えておくべきかもしれぬ。

ともあれ、勇者は経験値2を得た。そして絶命したスライムの体液の中から金貨を1枚取り出すと懐にしまいこんだ。土にゼラチンのかおりがむせるように匂っていたという。

文体模写(パスティーシュ)の世界

この文章は「司馬遼太郎」らしい文体でドラクエを小説風に書いたものですが、こういうものを文体模写パスティーシュといいます。

これに収録されているさるかに合戦を司馬遼太郎文体で書かれているのがなかなかおもしろかったです(以前とあるブログで拝見いたしました)。

 

-エンタメ, 私的雑記

Copyright© ぬばたま , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.