ぬばたま

あれこれやそれこれ

エンタメ 私的雑記

コーヒーとココアを混ぜたのがカフェモカだそうです

更新日:

カフェモカとコーヒーの違いがわからなかった私

さて先日、仕事が忙しかったこともあり、入浴したら浴槽でウトウトして溺れかける始末。

風呂上がりにはコーヒーを入れて眠気を覚まそうとしてつい間違って「ココア」をコップに一杯おもいっきり入れてしまいまして。

瓶に戻そうかと思ったら・・・マグカップが湿っていたので戻したらココアがすべて湿気ってしまう。かといって捨てるのも惜しいし、ココア+コーヒーでもまぁ美味しいのではないかと思ってコーヒーをスプーンに2杯(通常通り)追加。なんとなくホットで飲むことに。

・・・・おいしいやん、これ!ココアのホンワリ感とコーヒーの苦い感が合わさってなかなかこれはうまい。

この組み合わせはもしかして世界のコーヒー愛好家に革命を起こすかもしれないと僕は考えたわけです。でも、もしかしたら絶対音感みたいな「絶対舌感」の人がどこかにいてこのコーヒー+ココアの組み合わせをどこかで紹介してしまってるかもしれない。

カタカタカタカタ・・・・(検索する音)

「それ、カフェモカ」(Google神の声)
「またはモカジャバ」(Google神の声その2)

そ、そ、そうか・・・。全世界に発信する前で良かった。「なあ、コーヒーとココアを足して飲んだらめっちゃおいしい。これをサキコーヒーと呼ぼう」とかブログに書いたら間違いなく恥ずかしいことになっていたところでした。

知ったかぶりはいけません。あとで恥ずかしいことになりますね。

カフェモカというのはエスプレッソにチョコレートシロップ、スキムミルクを混ぜた飲料をいうことが多いようですが、チョコレートとミルクを使わずににココアを使うこともあるとのこと。

コーヒー+ココア=カフェモカでもいいわけです。チョコの甘味とコーヒーの苦味が混ざって美味しい飲み物ですよね。疲れたときには身体と心にしみますね!

知ったかぶりはあとで恥ずかしいことになる

そういえばそんな話が徒然草にあります。

徒然草第52段

仁和寺にある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩よりまうでけり。極樂寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。さて、かたへの人にあひて、「年比(としごろ)思ひつること、果たし侍(はべ)りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」と言ひける。

すこしのことにも、先達はあらまほしき事なり。

仁和寺に住んでたお坊さんは年取るまで石清水八幡宮にお参りした事がないことをみっともないなあと思ったので、1人で歩いて参拝しようと思い出かけました。

で、極楽寺とか高良神社(石清水八幡宮の山の麓にあるそうです)にお参りして、「なるほどな!」と思ってお寺に戻ってきました。そしてお寺のお坊さん仲間に「念願だった岩清水八幡宮に行ってきましたよ!聞いてた以上にすごくって威厳すら感じちゃいました!」といいました。

続けて「でも・・・お参りに来た人がズラズラと(石清水八幡宮のある)山へ登っていくのはなぜだったんだろう。登ろうかなとも思ったけど岩清水八幡宮にお参りすることが目的だったので山まで登らないで帰ってきちゃいましたよ(つまりこのお坊さん、石清水八幡宮にはお参りしてないんです)と言いました。どんな小さなことにも先達(指導者、師匠)は欲しいものですね。というお話です。

この話と同じ様に「こないだコーヒーとココアを足して飲んだらすごく美味しかったから君も試してみるといいよ、美味しいとおもったらぜひ拡散してくれたまえ」などと誰かに話しをしてしまったらあとで恥ずかしい思いをしてるところでした。調べておいてよかったです。

最初からセットになっているカフェモカはこちら

分量を考えたりせず、先にカフェモカの用意ができているセットがあります。

ココアと言えばバンホーテン。大人の苦味がちょっとあるので子供さんには向いていませんが、お湯を入れるだけでおいしいカフェモカができるのでオススメです。

ネスカフェのカフェモカはお値段重視。1杯分で10円少しで美味しいカフェモカが飲めます。ちょっと疲れた時などに甘めの温かい飲み物はいかがですか?

-エンタメ, 私的雑記

Copyright© あれこれやそれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.