ぬばたま

あれこれやそれこれ

エンタメ 私的雑記

チャンスの神様には前髪しかない。名言のモデルになったギリシャ神の話

せっかく来たチャンスを逃さずに掴む、その意味に隠された神様とは

「チャンスの神様には前髪しかない」という言葉があります。悩む主人公のセリフに使われたり、ビジネスの格言として使われたり。でも意味が今ひとつわからない、ピンと来ない方のために説明してみることにします。どうぞお付き合いください!

あなたに向かってチャンスの神様が近づいてきます。その神様をグッと掴むとチャンスをゲットすることができるのですが、もうちょっと後でもいいのかな、もっと大きなチャンスがあるかも、いやチャンスに見えて実は失敗するのかも、などなど悩む瞬間は誰にでもあると思うのです。

そんな時にためらわずパッとチャンスの神様を掴もうとした人は前髪をむんずと掴む=チャンスをゲットすることが出来ます。

しかし、さんざん迷った挙句通り過ぎて去っていこうとするチャンスの神様に手を伸ばしてなんとか掴もうとした人は…なんとチャンスの神様には前髪しかない、つまり後ろに髪がないので神様を掴むことができず、手は空振り、チャンスの神様は遠ざかって行ってしまいました。せっかく自分にチャンスが巡ってきたのにものにすることができなくなってしまう、というお話です。

チャンスは気づいた時にゲットしましょう、ためらっていてはだめですよ、という格言です。思い立ったが吉日、迷っているならやるべきです。とりあえず「迷っている時間があるならすべてを振り払ってやってみる」のがいいと思います。やってみてからやめてもいいんです。やらないで後悔することは多々あっても、やってみたけど後悔することはあまり多くないのですから。

さて、そんなチャンスの神様の話なのですが、実はモデルがいたらしいのです。

チャンスの神様はギリシャ神話の「カイロス」がモデル

ギリシャ神話にでてくる神で「チャンス」という言葉を神格化した者、それがカイロスです。なんと全能の神ゼウスの末っ子なのだそうです。

カイロスの風貌の特徴として、頭髪が挙げられる。後代での彼の彫像は、前髪は長いが後頭部が禿げた美少年として表されており、「チャンスの神は前髪しかない」とは「好機はすぐに捉えなければ後から捉えることは出来ない」という意味だが、この諺はこの神に由来するものであると思われる。また、両足には翼が付いているとも言われている。オリュンピアにはカイロスの祭壇があった。カイロス - Wikipedia

この神様、前髪が長くて後頭部が禿げてる美少年だったそうで。前髪が長く後頭部が禿げてる? それは僕のイメージする男性像の中ではカッコ悪いほうに含まれるんですが。大五郎のような風貌だったのでしょうか。かっこ良く・・・はないな。

そういえば日韓ワールドカップの時にブラジル代表だったのロナウド選手は前髪だけのこした「大五郎カット」で大人気でした。あの大会で彼はロナウジーニョとリバウド3人のトリオで得点を量産し、ワールドカップで優勝しましたが、もしかしてあれも「チャンスの神様」をパッと掴んだ結果だったのかもしれません。

まあとりあえずモタモタしてないでさっさと目の前のチャンスはものにしましょう、という話でした。これ、Wikipediaに載ってるカイロスです。えええぇ。

f:id:masaki709:20160203223344j:plain

たしかに・・・前髪しかないですが、前髪が渦を巻くほど長いですね!前髪しかないけど羽根はえてるんですよね、さすが神様。後ろ髪はつかめないのですが羽根なら余裕で掴めますね。でもチャンスは渦巻き髪のうちに掴みましょう。

チャンスが「チャンスだ」とわかってる時はいいのですが、普段やってくるチャンスは「チャンスなのかピンチなのかスルー案件なのか」わかりにくかったりします。チャンスの神様なのかピンチの悪魔なのか、それともただのおっさん(失礼)にも見えてしまいます。

普段から感受性のアンテナをしっかり立てて「チャンス」を見つけたときにはぐっと掴めるようにしておきましょうね!!

-エンタメ, 私的雑記

Copyright© あれこれやそれこれ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.