page contents

バッグ ファッション

TIMBAK2クラシックメッセンジャーを手洗いしてみた

更新日:

メッセンジャーバッグだってたまには洗ってほしい

ロードバイクに乗って通勤している私が愛用しているのはメッセンジャーバッグ。ホコリなどで汚れるのはもちろん、雨の日などでもいろんな汚れがついていきます。今回はこれを綺麗に洗ってやりましょう!ということで頑張ってみます。

ちなみに愛用しているメッセンジャーバッグはTIMBUK2のクラシックメッセンジャーMサイズ。着替えと水筒、お弁当を入れるとちょうどいいのです!

ゴシゴシ洗うのはウタマロ石鹸!

用意するものは水道水、メッセンジャーバッグ、たわし、そしてマストアイテム。それは固形石鹸『ウタマロ』です!

お金を出したらもっといい洗剤はあるとは思いますが、コストパフォーマンスが最高で汚れの落ち方がすばらしい。靴下の黒ずみとかもめっちゃ綺麗になりますので、家庭にひとつあるとかなり重宝します。油汚れもよく落ちますしね。

で、洗い方。水で濡らしたメッセンジャーバッグをウタマロをつけたたわしでゴシゴシこするだけ。底面やベルトをこすったら茶色い泡に(笑)1年ほど洗ってなかったから汚れがハンパないです!

洗い終わったらたくさんの水でウタマロを洗い流します。石鹸の残りがついてると色落ちなどの原因になるかもしれないのでご注意。洗浄力が強いので!

そして干します!

僕はいつも洗濯竿にこのようにS字フックで吊って乾かしています。吊ったらまずはタオルドライ。おおまかに水気を取ってやるだけで乾燥時間がかなり変わってきます。

f:id:masaki709:20150606153752j:plain

かばんの中が風通しよくなるよう吊るのがコツ。曲げたハンガーとかで空間を作ってやったりするといいかもしれません。

f:id:masaki709:20150606154212j:plain

いい天気に向かって日光浴するメッセンジャーバッグの図。
黒すぎてなにが何やらよぅわかりませんね(^_-)あとは乾くのを待ちます!
パットが入っているところなど部分的に乾きにくいところはドライヤーを当てたりします。半乾きが続くとにおいの原因になったりするので。

ポケットの内側などがやや乾きにくかったので、タオルで綺麗に拭き取りました。

メッセンジャーバッグはやはり便利!

片道約20分の自転車通勤。リュックを使ったり、エナメルバッグを荷台にくくりつけたり色々試したんですが。結局一番便利なのはメッセンジャーバッグでした。

  • クルッと回せばかばんが開けられること
  • マチが広いので荷物がたくさんいれられること
  • リュックのように背中を覆わないので背中が暑くならない(特に夏)
  • 雑に扱っても生地がしっかりしてるのでラク
    (これはTIMBAK2のかばんだけかもしれません)
  • でもちょっと重い(頑丈さと反比例)

防水もしっかりしてるので横殴りの雨でなければそのまま走れます。大雨の時は雨合羽の上からポンチョをかぶってかばんもフォローするんですけどね。

自転車通勤を今からしようと思っている方がいたら是非おすすめです!今はORTLIEBのベロシティも使ってますがリュックタイプのこちらもなかなかいいですよ!

オルトリーブのヴェロシティは鉄壁の防水リュック!(ORTLIEB VELOCITY 24L)

-バッグ, ファッション

Copyright© あれこれやそれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.