あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

京都にリニアモーターカー誘致とかまたやってるんですけど、また??

いかにも京都的な発想というかなんというか

今日は京都でお仕事。雨の中車で走り回ってたんですが、ふと目の前を走るバスの後ろに妙なヒトコトを発見してしまいました。

「リニアを、京都へ」

あれ、リニアモーターカーって2027年に品川~名古屋間の開通を目指しているところで、その名古屋から西は大阪までつなぐことが決まっていたはず。

名古屋から奈良を通って大阪へ。奈良ですよ奈良。

以前こんな記事を読んだことがあって、京都が虎視眈々と狙っているという話は見かけてたんだけど、こんな風におおっぴらに狙ってくるとはさすが京都やな。

newswitch.jp

名古屋―大阪間は、国の1973年の基本計画や2011年の整備計画に「奈良市付近」を通ることが盛り込まれている。ただ京都府や京都市などは「京都を通る」よう求めている。

 松井一郎大阪府知事は6日の会見で「3府県が奈良ルートを認めているという意思をJR東海や国会議員をはじめ、内外にPRし、1日も早い大阪への開通」がこの大会の狙いとした。その上で、京都については「言い分は分かるが、話がまとまらなくなる。計画通り進めてもらいたい」とコメントした。

 京都府や京都市は「京都を通る」よう求めている。でも大阪府の松井知事は「話がまとまらなくなるので計画通りやってよ」と言ってる。

つまり・・・リニアを京都に通そうとちょっかいを出す京都府+京都市に対して「いやいや静かにしときいや」と牽制している松井知事、っと。やっかいやなー京都。

で、調べてみるとこんなホームページを発見、ストレートにちょっかい出しててスゴイ。

kyoto-linear.com

いやいやいやいやいやいや、すでに決まってることだから。こんなきれいなHPでしつこいくらい京都京都言われてもダメなもんはダメでしょう。

だって京都よ、あなたはすでに新幹線のときに京都に無理やり新幹線を通したんだから!

東海道新幹線は京都を通る計画ではなかった

これは結構有名な話なんですが、東海道新幹線は京都を通らず、鈴鹿山脈から奈良を抜けて大阪に入るルートだったそうなんですよ。

これについてはこの「リニアを、京都へ」でも認めていらっしゃるんですけどね。

Q4.東海道新幹線も,最初は京都を通らない計画だったの?


A4.そうです。東海道新幹線も着工当時は,京都駅に停車する計画ではありませんでした。当時の京都市民や経済界など,京都全体が大きく動き,京都駅に停車することになり,その後,「ひかり」も停まることになりました。
昭和39年10月1日に東海道新幹線が開業してから,50年以上が経過しています。東海道新幹線は,今では,あたり前のように京都駅に停まり,年間に約2,600万人の方が乗り降りされ,生活や観光面で定着していますが,京都に新幹線が停まっていなかったら,京都はどのような姿になっていたでしょうか。現在の京都の発展があるのは,先人の方々が,京都に新幹線が必要であると訴え続け,それを実現されたからです。リニア中央新幹線についても,京都,近畿,日本の将来を見据え,今こそ,取り組む必要があると考えています。

リニアについて | リニアを、京都へ。 

 京都に新幹線が停まっていなかったら,京都はどのような姿になっていたでしょうか。とか言われても「知らんやん、京都は京都ですやろ?おおきに」としか言えん。

新幹線が京都に停まろうが停まらなかろうが行く人は行くだろうし、いかん人はいかん。そういうことを引き合いに出してまでリニアを京都に通そうというのは…

なんかお酒を飲ませていかがわしいところに女の子を連れ込もうとするオッサンみたいやな(コラコラ)

で、さらにリニアが奈良を通ってしまうだけで危機感を覚えている方たちは、このHPの中でその恐ろしさをこのようにアピール。

リニア中央新幹線が京都を通らないとなれば,「リニアは通らず,のぞみも減る」ことになり,京都の産業や観光,市民の皆様の生活への影響は大きいと考えています。
また,京都駅は,既存の鉄道ネットワーク(東海道本線,山陰本線,湖西線,近鉄,京都市営地下鉄等)と結節していますので,このままでは,京都だけではなく,京都駅を利用されている,西日本に住む多くの方々にも大きな影響が出てしまいます。

 なんでリニアモーターカーが京都を通らないだけで滋賀県の湖西線とか京都の地下鉄に影響が出るのよ(笑)ちょっと話広げすぎ。風が吹けば桶屋が儲かるの逆バージョンかな?

京都の問題は新幹線でもリニアモーターカーでもない

例えば日曜日。今から秋の行楽シーズンに入るので京都にはわんさか観光客が押しかける(失礼)と思うのですが、まず京都駅前のバスターミナルで大混雑。

たしかに、京都の市バスなどは本数も多くきめ細やかなルートに対応してますよ。でも、いかんせん観光客のパイが大きすぎて、40人くらい乗れる程度のバスでは輸送手段のメインにはなりえないのです。

「このバスは満車のためこの停留所を通過させていただきます~」と目の前でバスが無視するように通り過ぎる光景を味わったことがある人も多いと思うのです、特に有名な寺院の横にあるようなバス停。もちろん生活の移動手段なんて到底無理。

詳しい人は京阪電車や東西線、地下鉄などで南北へのルートを確保しつつ、東西の移動だけをバスに頼ったりなどをしてますが、ガイドブックにあるような観光ルートをまったりと味わいながら京都を散策するにはあまりに忙しすぎる。

僕がおすすめするのはレンタサイクル。クロスバイクなどをレンタルしてくれる店もありますし、バス停などでの待ち時間もない。京都市内だけなら高低差もほとんどないので、坂道などでフーフーする必要もない。ちょいと走ってちょいと降りてゆったり観光できるうえに、運動するから美味しいものもいっぱい食べられる。

女心と秋の空じゃないけど、天気さえ良ければホント自転車はおすすめですよ。

とりあえず京都にリニアモーターカーはいらない

京都はね、さっときてさっと帰るような所じゃないんですよ。リニアモーターカーなんかで乗り降りせず、ぜひゆっくり来てゆっくり帰ってほしいのです。奈良には奈良のおだやかないいところがあるし、今回は奈良をゆったり味わう機会をつくればよろし。

これでホンマに京都にリニアモーターカー引っ張ってきたら「京都っておそろしなぁ」ってまた言われるで?