あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

リゾートバイトに行きたい人に「あれはけしからん」と言いたい

あんなけしからんものは絶対におすすめできない

夏休みや冬休みなどの大型連休が近づくと考えてしまうのがアルバイトの話。せっかく長期休みなんだから自宅や下宿先から飛び出して「リゾートバイト」にでも出かけようと考える人も多いと思うんです。

知らない土地で知らない人と出会い、いつもと違う気分で働いてみる。なんという新鮮でワクワクすることでしょう。しかしとんでもない!!!リゾートバイトというものの本当の姿をアナタは知らないのです。

ここで大学の4年間夏休みをべったりリゾート地でアルバイトした私が「リゾートバイト」の実態というものを明らかにすることで現実を教えてあげようと思います。

リゾートバイトの実態

朝早くて夜遅い。自由時間であるはずの昼間は眠くて遊ぶ気にならない、人間関係がちょっとややこしくてお局さんみたいなのがいると鬱陶しい。遊ぶ場所もなかったりするのでお金は貯まることが多いけど、リゾートバイトって結構時給や日給は安かったりするんですよ。リゾートバイトで満喫しようとしていることが、ちょっとした気の緩みからまったく味わえず帰っていく時の電車内の辛さったら・・・。

あれ、もっと書こうと思ったんですけど意外と辛くなかった(笑)逆にリゾートバイトでしか経験出来ないこともあるかもしれません。たとえば私がもらったこんなこととか。

星が綺麗

僕がバイトしてたのは登山客が多く訪れる山荘。有名すぎて書けない。いろんな乗り物を乗り継いでやっと到着するその山荘のまわりには街灯などまったくなく、外にでてしばらく歩くと星明かりだけが頼りになるくらい。月明かりなんてびっくりするほど眩しい。

空を眺めた時、肉眼で見える星の数ってどのくらいか知ってますか?

35億!

それは言い過ぎですが5000くらいは見えると言われています。

空を仰げば満天の星空、そして山から海の方を見渡すと小さな光が点々と。

「あの小さな灯りってなに?」
「あれ?ああ、あれはイカ釣り漁船の集魚灯ですよ」
「あんなに明るいんだ!メチャクチャキレイなんだね!」

空を見ても海を見ても美しい。

山荘の前に出て寝っ転がって星を見てると1時間ほどで10個以上の流れ星もみることができました。あの思い出は今も心のなかに。働いてるのにキレイな思い出が残るなんてけしからん。

メリハリのある生活

お客さんの朝食の準備は朝5時から(だったような)。登山客を相手にするのでチェックアウトも朝食も早い。8時までに朝食はほぼ終わっているしどんどんチェックアウトしていく。朝食の準備係のうち数名はお風呂の掃除を始め、お客さんが朝食を終わった時点でアルバイト全員の朝食が始まる。

朝食が終わると一斉に部屋の掃除。分担をうまく分けて廊下やトイレ掃除、玄関周りなどを綺麗にしていく。早く終われば早く休める。早く昼ごはんを食べ終われたら自分たちの自由時間がたくさん作れる。夜も一緒、早く片付けられたら早くお風呂に入れて早く寝ることが出来る。自分たちの時間を自分たちで作る。

好きな時間に起きたり好きな時間に寝る生活ももちろん楽しいけど、この制約された時間の中で手際よく仕事をするというのは大人になっても実はすごく大事なことでした。とくに山荘のアルバイトは先輩や後輩といっしょに行くのでグループを分けたり仕事を分担したり優先を決めたりと人をマネジメントする能力も勝手に身につきました。

いつもと違う環境で何かを学びながら働くことが出来る、それがリゾートバイトかもしれません。仕事しに行ったのに逆に学ぶことがたくさんあるなんてけしからん。

自由時間を有意義に過ごせる

私が行ってた山荘の周りは夏スキーのメッカ。昼ごはんを食べ終わってから晩御飯の準備が始まるまでの自由時間は滑りまくってました。標高も高いところだったので酸素も薄いし体力的にはかなりしんどかったんですが、逆に鍛えられたかも。

リゾートバイトって周りに遊ぶ場所などがなければお金も貯まるし、時間の制約があるから無駄にだらだら時間を過ごすようなこともありません、というか出来ません。

時間の管理までしっかりできるなんて結構けしからん。

紹介してもらえる人がいない、やったことがない

僕の場合は大学の先輩から紹介してもらったので安心して働くことが出来ました。が、クラブやサークルなどに入っていないなど「紹介してもらえるリゾートバイトがない」という場合はどこにどんなふうに申し込んだら良いかもわからなかったりします。

もちろん、自分でアルバイト雑誌などを片手に調べていくのも手かもしれませんが、今はリゾートバイトを紹介する派遣会社などもあるので、使ってみるのも手だと思います。 

たとえばこのディアゲットヒューマンさんは「お試し期間あり」などの条件での仕事を探すことも出来ますし、営業担当の人と就業時間などの条件を打ち合わせすることで「その人の働き方、目的など」に合わせた仕事を選ぶことが出来ます。

リゾートバイト先と自分という2つの関係に「リゾートバイト専門の派遣会社の営業担当」が加わることでトラブルの対応なども安心できますので。初めてやってみたい、という人も1分間で簡単登録できますよ。

 

そんなはずじゃなかった、には気をつけて

リゾートバイトは上記以外にも、年齢を超えた仲間ができたり、包丁を扱えるようになったり、布団のたたみ方や掃除の仕方、働きながら学ぶこともたくさん。嫌なら逃げたらいいんですが、悪い意味で「逃げ場所がない、だからとことんまで頑張れる」のもリゾートバイトの良いところ。もちろん、ブラックなリゾートバイトもあるかもしれませんので、リアル「けしからん」には引っかからないようにしてくださいね。