あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

映画「昼顔」の裕一郎「今度こそ、ちゃんとする」のずるさ

見てない映画を適当に語るけどネタバレあり

※これから「昼顔」見る人はそっ閉じ推奨。

うん、上戸彩と斎藤工の「昼顔」面白そうですね。映画館にじっと座っている事ができない私は映画館でじっくり艶かしく見ることは出来ませんし、ドラマの方を再放送で見てしまったので続編といえばだいたい結末には予想が付きました。

衝撃的な結末なんて言われたらああなるかこうなるか、のどっちかじゃない。ということで答え合わせついでにネタバレ記事を見てみるとああ納得。

読みやすく分かりやすい。映画のレビューって難しいんだねぇ(やったことない)

【映画・ネタバレ有】劇場版「昼顔(2017)」を観てきた感想とレビューを書いていきます!-衝撃の結末に誰もが驚く事間違い無し- - 近畿地方から送るゆる~いブログ

そうですか、そうですよね。でもこれは予告編のうちに伏線ありましたよね。

上戸彩演じる紗和と斎藤工演じる裕一郎。ドラマのほうでは不倫発覚から紗和は家族や仕事など全てを失い、裕一郎は対照的に元サヤ。そこから3年後が映画の世界。

不倫を引き裂かれた二人だけど立場は対照的。全てを失った紗和と丸く収まったはずの裕一郎。

そして映画ではどうやらその二人が再会するようですね。再会してまた裕一郎は不倫の関係に。紗和、裕一郎、裕一郎の奥さん乃里子が話し合ったあとで紗和に向かって言った裕一郎のセリフがこれ。

「今度こそ、ちゃんとするから。信じてほしい」

↑予告編の4分過ぎくらいにこのセリフが出てきます。この予告編をテレビで初めて見た時にこのセリフでギョッとしたのは私。

ずるいセリフ「今度こそ、ちゃんとする」

ドラマの時はw不倫でバレたから元サヤに戻ったのが、今度は「信じてほしい」だもの。「ちゃんとする」の「ちゃんとする」は何をちゃんとするんだろう(笑)

ドラマでは対照的に終えた二人。映画もやはり対照的に進むのかなと想像したわけです。全てを失いたどり着いたところで生活を始めた紗和は裕一郎と出会ったことですこしづつ幸せに向かう。ということは裕一郎の身になにかがね。

そこで引っかかるのがあのセリフ。強調して出してきたあたり、このセリフの匂いに誘われたあたしはカブトムシ。このセリフを逆に考えれば

「今度もちゃんとならない、信じられない結末」ということで。

引き裂かれた終わったドラマと同じように映画も終わったのでは結末、薄いもの。でもそこまでやる必要はなかったのかな、とも思いつつ紗和に違う意味での幸せを見つけてあげるのにはこの結末が一番良かったのかな、とも思いつつ。

でもその結末になったのは裕一郎が「ちゃんとしなかったから」というのは私の想像しすぎでしょうか(はい、想像しすぎです)

しかしこのセリフ、ずるいと思う。平穏な生活に戻れた男が全てを失った女性に言うセリフとしてはやっぱりなしでしょ。リアルな世界だったらひっぱたかれてそうな気が。でもまぁそこは斎藤工が言うんだから受け入れるか。私?竹野内豊ですがなにか(年齢が)