読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

ユニクロアプリで無料商品モニター募集開始、今回は・・

抽選でモニター商品がもらえますよ

僕も最近まで知らなかったんですけどね。

ユニクロのアプリをインストールするとたまにヒョコリと出てくるんですよ「無料商品モニター募集」のご案内。全プレじゃないのでご注意。

今回は「ステテコ」でした。メンズはステテコでウイメンズはリラコっていうのですね。確かに女性で「ステテコ」履いてるのはちょっとイタダケナイような気がする。

ああ、決戦のときだけね。いわゆる「本気パンツ」ってやつです。いや「リラコ」もちょっとどうかと思うんですけど(笑)

そうそう、前回はこれでした。

ウルトラストレッチ アンクルパンツ。2900円なのにモニターで無料。ストレッチ生地って普通どっちかの方向しか伸びないのに、これはどの方向にも伸びるのよ不思議。これを履いて自転車でボタリングなんてしたらさぞや心地よかろうと(まだ走れてません)

ナイスミドル世代のパンツ事情

中年じゃないの、中年じゃ。ふさわしい呼び方をいろいろと考えたんですけど、やっぱりこれしかないんじゃないのかなと思って。「ナイスミドル」?えっ

そりゃさぁ、渡辺謙にはなれないだろうし中村雅俊も無理だとはちょっと思うけど、うーん、西島秀俊もちょっと諦めてるけど竹野内豊とは同い年なのよね(日本語すごくおかしい)

竹野内豊の「素敵な選TAXI」再放送で見てたけど面白かったなあ。時間をちょっと戻して人生を変えようとするの。僕のところにも来てくれたらどうしても1回だけ戻りたいシーンがあるんだけどな、奈良の若草山に。

 いやそれはいいとして。

良く言えばナイスミドル、悪く言えば中年世代にもなると自分というものに対して「気にする」人と「気にしない」人の差がものすごく出てくるわけです。

  • 結婚もしたし、もう適当でいいやとどんどん心もカラダも緩む人
  • いやいや一生現役だとカラダや心を引き締めている人
  • ダメだと思ってるんだけど惰性でダラダラしている人
  • 運動してるんだけど、運動した後のご飯が美味しい人

大学を出た時はだいたい60kg。お酒を飲む機会とかもあったし車に乗る機会も増えたりして体重が増えてきた頃に結婚、結婚した気疲れで(笑)痩せた日々もあったけど、すこしづつ少しづつ体重は増えていったんですよね。

MAXは40歳過ぎたときの78kg。これはあかんと思いましたね。だって履いているズボンが履けなくなってくるし、カラダを捻ると脇の下あたりに妙な異物感がある。階段をのぼると太ももはパンパンになり、立ったり座ったりする度に「よっこらしょ」と本当に自然と口から出てしまう。

そんなはずなかったのに。

それにあわせてパンツも大きくだらしなくなるんですよね。大学を出たころってスーツの下にあんまりブカブカのパンツを履きたくなかったのでBVDとかCALVIN KLEINとかを愛用してました。

 この手のパンツの良いところは腰回りの太いゴム。ピッタリくる安心感。ここが細いゴムのパンツって妙に腰回りが痒くなったりパンツの線がついたり(ええやんか)

それがね、カラダが太くなるとこういうパンツを履くのが辛い。「ゆったりしたパンツのほうが楽だから」とか言ってゆるゆるのトランクスを愛用するようになる。

いや、なるじゃなくて「なった」か。

夏のパンツは透けにご注意

これから夏にかけてスーツの生地が薄くなるとトランクスの柄が透けてる若者とか出てきますからね、男子にそんなサービスはいりませぬ、透けない生地を選ぶか、柄がない真っ黒とかのパンツを選ぶかがいいですよやっぱり。そういう気遣いが人間を大人にさせてくれますからね(おおげさ)

そうそう、そして80kg手前の時はやっぱりトランクスばっかり履いてましたけど、原付きバイクの通勤をやめて自転車に変えたらあっという間に体重が戻ってカラダにぴったりくるパンツを履くようになりました。(78kg→56kg)

今は62kg。ウエスト76cmのズボンを買うとちょうどいいくらい。たぶん自分的にはこのあたりの体重がベストなのです。身長が高くないからこれがちょうどいいくらい。

今は毎日パンツを2枚履き替えます。寝る時はトランクス、朝起きたらパジャマと一緒にパンツも脱いでしまってボクサーブリーフ。夜はちょっと開放的に、昼間はシャキッと引き締めてるほうが僕にはあってるんだろうなぁきっと。

いやまてよ、私はなぜこんなことを書いているのだろうか・・・。

 

そうだ、ユニクロのアプリをチェックしてみてね、というお話でした。

 

UNIQLOアプリ
UNIQLOアプリ
無料
posted with アプリーチ