あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

Googleはブロガー、アフィリエイターのためにあるんじゃない。情報を鵜呑みにして右往左往する必要もない

飛び交う情報に右往左往されすぎてる気がする

f:id:masaki709:20170322223846j:plain

タイトルまんまです。

例えば僕が使ってるSNSはこのくらいです。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest
  • (はてなブログ)

はてなブログも互助会と揶揄される「横のつながり」のようなものがありますから、いわばSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)ですね。これらの中で流れてくる情報が山のようにあるんですが、その情報について取捨選択を日々タイムリーにやってると思うんですよ。

  • 今必要な情報
  • 今不要な情報
  • 今後必要になるかもしれない情報
  • 今後も不要であろう情報
  • 不要なんだけど興味がある
  • 必要なんだけど今は興味を持ちたくない

こんな風にいろんな情報を「浴びて」毎日を過ごしていると思います。その取捨選択は大事だけど、アンテナ広げすぎて足元すくわれてる人がいるような気がしています。

たとえば最近よく見かけるこんなワード

はてなブログの泡沫ブロガーとして日々生活をしている中で、チラッと興味がある情報が「フレッドアップデート」なるもの。フレッドアップデートというのはGoogleの検索順位を決定すがついちゃったの変化に「フレッド」という名前がついちゃったという話。非公式なものです。

 

Googleは検索した人に「ああ、一番上にこのサイトを載せてくれて良かった。調べたいことがズバリ分かった」と思ってもらえるよう、大量のサイトの中から順位をつけるべくアルゴリズムを作り上げてきたわけですよね。

最初は手動で、そして最近人工知能による自動化が行われたとか。

それらのアルゴリズムにマッチするように「検索されたいサイトを作る側」も試行錯誤してきたわけですよね。長文にしたり特定のワードを大量に放り込んだり、タイトルを○文字以内に収めたり、見出しは何個がいいとか内部リンクがどうのこうのって。

で、Googleがそれに対抗するべくアルゴリズムを変更(アップデート)が繰り返されてきたわけです。要するにいたちごっこでしょ。

で、今回のフレッドアップデートでブログは終わったとかいうの。いやいや、終わりたい人は終わったらいいじゃない。「ブログ、アフィリエイトはもうダメ」っていう記事書いてPV稼ぎたいだけなのかなと思ったりするのは私だけでしょうか。

いや、それよりもそれを読んで必死でシェアしてる人のほうが心配かもしれない。

それを鵜呑みにしてブログが終わると信じる人ならブログをさっさと辞めてしまったらいいと思うし、世の中の移り変わりの中でも自分は立ち位置を間違えず少しづつでも前進しようと思う人はそれなりに姿かたちを変えてでも生きていくだろうし。

うち、ブロガーですけど順位なんてさっぱり落ちてない。むしろ上がってる。なんでだろう。だから気にならないのかもしれないけど。

Googleってなんのためにあるんだろう

その【フレッドアップデートはこういうものです】という説明っぽいサイトをいくつか見たんだけど、信憑性ってあるのかな。誰かが言ったことを勝手にそれっぽくして広めてるだけではないのかな?

それらをまとめると「低品質のサイトが落ちた」「広告ばかりのサイトが落ちた」ですって。だからユーザー目線でもっと記事を書きましょう、だって。

当たり前じゃないの。

そもそもGoogleってなんのためにあるのよ、誰のためにあるのよ。広告貼り付けた人を儲けさせる為にあるんじゃないんだから。

そうやって今回のアップデートのことで情報探し回ってその対策に必死になってる人は一生そんなことし続けないといけなくなるんじゃないのかなぁ。無いとは思うけど今度はまたルールが変わって「低品質で広告ばかりのサイトが検索上位」ってなる可能性だってなきにしもあらずじゃない(いや絶対ないと思うけど)

もちろん、専業アフィリエイターの方のように「それでご飯食べてる人」は死活問題だもの、いろいろご苦労様です。大変ですががんばってください!

でもうちのような兼業ブロガーって、もっともっと基本的な部分で頑張ったほうがいいと思うんですよ。こういう流れてくる情報を必死で集めてどうのこうのしてるより、少しでも「わかりやすい、有意義なコンテンツ」を作るほうがいろんな意味で絶対に近道なんだと思う。

要約するとタイトルのとおりです。それぞれがそれぞれの目線で書きたいとおりに文章を書いたらいいと思うんです。答えなんてきっとないと思うので。1000文字も書かないけど僕よりガンガン行ってるブロガーもいるし、1万字くらい書いてるブロガーもいます。どれが答えなんじゃなくて「それらを見たユーザーが満足するか」がGoogleの判断基準でしょだって。

と、書いている間に他の記事書けたなあ。もったいない。