読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれやそれこれ

雑記系ブログのさらなる高みを目指すブログ

「一杯のかけそば」はいい話だったのに「一杯のうどん」はあまりにお粗末な案件だった

☆雑感☆-思うがまま ☆雑感☆

うどんの汁が原因で逮捕されちゃった話

f:id:masaki709:20161212225233p:plain

パソコンを立ち上げたら目についちゃった事件。
「一杯のうどんで暴行事件」むむー。

news.biglobe.ne.jp

簡単に言うと

  1. 犯人は女性同伴でうどん屋さんに入る
  2. 一杯のうどんを注文する
  3. 一杯のうどんを二人で食べる
  4. 食べてたら汁が足りなくなる
  5. 「汁足して!」と犯人
  6. 「別料金だ」と店員さん
  7. カッとした犯人は口論となり店員を暴行
  8. 駆けつけた署員に逮捕

店員さんよ、汁くらいあげてもよかったんじゃないか。
犯人よ、別料金払ったらよかったんじゃないか。

でもどっちかというとダサいのは犯人。女性同伴でうどん屋さんに行ったら気前よく「うどん二杯」頼もうよ。一杯は天ぷらうどん、もう一杯は山菜うどんでいいから。

で、お腹いっぱいになった女性が言うわけですよ。
「もーお腹いっぱいで食べられなーい♡」って。
「よし、じゃあ僕が全部食べてあげるよ」
「えっ、ほんと?ありがとうたくさん食べる男性ってかっこいい!」
「そうかい、じゃあ今夜は君のことも美味しく召し上がろうか」
「上手に調理してね、ぽっ♡」

ほら、店員さんも男性も女性もWin-Win-Winじゃないですか(バカ)

一杯のかけそばってどんな話だったっけ

この事件を見て「一杯のかけそば」の話を思い出した人も多いわけで。あの話が創作だったとはいえいっぱいのかけそばを家族で分け合った感動のストーリーだっただけに、今回の事件があまりにもお粗末に感じられてしまうわけです。

もしかして「一杯のかけそば」の話を知らないとかいう世代がいたりするんだろうなぁ。あっ、こんなところに一杯のかけそばについて書いた記事が!

www.nubatamanon.com

 そうですよ、この記事は僕がブログを始めて2週間目の記事。はてなブックマークが2で止まってるのがいかにも不人気ブロガーだった感があります(笑)

一杯のかけそばを味わった貧しかった家族はやがて医師と銀行員の息子とその母に。しかしこのうどんの汁をケチられた犯人はどっちにしてもどこかでほころびが見えたんでしょうかね(笑)

ところでうどん屋さんの店員さん、うどんの汁っていくら追加料金だったんだろう。というかきっと一杯のうどんを二人で食べられたのが嫌だったんでしょうね。

丸亀製麺だったらうどんの汁がタダだったんじゃないか

知ってますか、丸亀製麺。半分セルフのようなうどん屋さんです。メニューを店員さんに告げるとうどんを用意してくれて、トッピングなどは自分でするんですよ。そして最後にレジがあって支払いをします。かけうどんのときなどはその支払のあたりにサーバーに入ったうどん汁があるのでそれを自分でかけたりするやつ。天かすやネギなども自由にトッピングできるようになってるのでお好みで使えます。

丸亀製麺なら一杯のうどんで汁追加できるんじゃね?

あかん、違う興味が湧いてきてしまった。

【秘技】丸亀製麺の「厳選・裏ワザメニュー」9種類を紹介(ガジェット通信 深水英一郎) | ガジェット通信

さすが、ちゃんと丸亀製麺でいろいろやってる人がいる。

ふかみん「えっ、じゃあの……ごはんと卵だけ頼んで、無料のネギかけて卵ごはんとか。ごはんとうどん出汁もらって、ごはんにかけてお茶漬けみたいにしたりとか。うどん出汁に野菜天ぷらだけつけちゃうとか。これはさすがにおこられますよね。ね?」

丸亀製麺の人「大丈夫です。好きに組み合わせて楽しんでもらっていいんですよ。出汁サーバーがない店舗もありますが、その場合は、カウンターで言っていただければ、うどん出汁を提供します」

ふかみん「公式OKキターー!」

 この記事ではご飯に汁や天かすなどを載せて天丼を作る、という話が展開してますが、うどん出汁は提供すると書いておられますね。これならもちろんうどんを食べていて汁がなくなったら汁の追加、というのもOKじゃないでしょうかね(自己責任で)

でも無料っぽいからって「吉野家で真っ赤になるまで紅しょうが盛っちゃう」とか「丸亀製麺で天かすだらけにしちゃう」とか「廻る寿司でガリ山盛り食べちゃう」とか「ラーメン屋で麺よりネギのほうが多くなるまで入れちゃう」とかはちょっと見てて切なくなるから程々にしようね。

ああ、吉野家に行きたくなってきた。